終の棲家でのんびり暮らす田舎暮らし

リタイアして山の中に終の棲家を建てて、夫婦二人で自然すぎる環境での田舎暮らしは、どこまで続けられるかを綴る。

ゼノアチエンソー部品欠陥では

2016年12月24日 | 薪ストーブ色々

やる気満々なのにチェンソーが使えない

12月20日の事、空は快晴で気持ちが良く暖かい朝を迎えた。
よし! 今日は、庭木を一本伐採して片付けてしまおうと意気込んでいた。

斜面の一本が『 キクイムシかカミキリムシ 』 に食い尽くされて大風の日、
赤い矢印で折れて、脇にあるナンテンを傷めることなく、通路に沿って落ちてくれた。

チェンソーに燃料を入れると下から漏れている、これではチエンソーが使えない。



チェンソーのフューエル燃料パイプの欠陥では?

私の愛機は、購入して4年のゼノア16インチ「G3711EZ」という機種だ。
使ったら燃料、チェーン油を抜き、清掃して保管しているものが、こうも早く燃料漏れを起こすなんて納得できないまま、仕方なく農機具屋さんに入院させた。

農機具屋の社長は、まだ、そんなに使ってないよね!

実質使用時間にしたら通算二ヶ月位のものかな

請求書と共に退院して来たチェンソー
気になる燃料漏れの原因は『 フューエル燃料パイプグロメットからの漏れ 』
このグロメットの漏れ、燃料フィルターとキャブを繋ぐ一本のパイプだが、燃料タンクの接続口に付いているゴム製の部品がタンクとの振動摩擦傷で穴が開くようだ。

この燃料漏れした部品は、私だけの問題ではないようだ。ネット上にはゼノアのGZ37タイプの燃料漏れ記事が多く掲載され、グロメットの耐久性が指摘されている。

以前、同型機種で20年使ったものは、一度も燃料漏れを起こさなかったのに。

プロではない私の使用頻度から考えて、とても納得がいかない

今回の入院費

明細名称 金  額
フューエルパイプ 2,931
点検分解技術料 2,160
部品交換技術料 4,320
請求金額 9,411

本体価格10万に対して、使用期間から考えて修繕費が掛かり過ぎでは?

農機具屋の社長いわく、昔の製品はアルミダイキャストの部品を使っていたが、軽量化で弱くなったんだよ。

たしかに、昔の機種はエンジン周りがアルミダイキャストで構成されていて堅牢だった。
今は、部品のほとんどがプラスチックに変わった。軽いがすぐに折れたり壊れそうだ。

ということは、これからも色々と壊れるということか
チェンソーの部品アッセンブリーはネットで買うことができる。修理の方法も「YouTube」などネット上に溢れていて、素人でもできそうだ。

これからは自分で修理しながら使っていくしか、方法がないような気がする。

関連記事

チェンソーわたしの流儀
チェンソーを常に快適に維持するための流儀とは、農機具のエンジン故障の大半が、劣化した燃料とキャブの詰まり
2015年03月28日 | 薪ストーブ色々 gooid: sinbolsugi


チェンソーの刃研ぎ用治具とは
わたしは思考錯誤の結果、自分のチェンソーに合った研ぎ台『 治具 』 を自作し、小まめに4ミリの丸棒ヤスリで
2017年01月27日 | 薪ストーブ色々 gooid: sinbolsugi


ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薪棚2号改修やっとできた | トップ | 薪置き場でイノシシが捕まった »
最近の画像もっと見る

薪ストーブ色々」カテゴリの最新記事