過食症・拒食症の摂食障害の克服は対人関係療法で!!

対人関係療法で過食症や拒食症の摂食障害で悩まれている方をサポート。 摂食障害を克服していくための具体的な情報を掲載。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★過食嘔吐は本質を掴んで治していく!!★

2016-12-24 21:25:28 | 摂食障害克服のために
過食嘔吐を止めるにはどうすればいいのか???


そこで、いちばん手っ取り早い方法が、


”食べない”


という方法ですよね。


食べなければ吐くものがない・・・・あまりにも単純なことすが・・・・


ただ、そこまで極端にしなくても、

吐いてしまう基本的な理由は、


”太りたくない!”


ということなので、

とりあえず、食べる量を抑制すれば、太る心配がないので、

過食嘔吐を止めることができます。


ただ、、これは、長続きするものではありません。


結局、どこかで、大きな過食衝動が来てしまい過食嘔吐へ移行していき、

過食と拒食を繰り返す悪循環へと陥っていってしまうことがよくあります。



それでは、これはどうしていけばいいのか????

ということですが、まず順番としては、過食衝動に注目していくといいかと思います。


”太りたくない” 

”痩せへのこだわり”


というものもみていく必要はありますが、まずは過食衝動のところです。

過食衝動は、身体の生理的な欲求の部分とメンタルの部分がありますので、

まずは、メンタルのところです。


身体的な欲求とは切り離して、メンタルバランスの崩れによる過食衝動をしっかり

と押さえて、整えていきます。 まずはそこのところです。


それは、過去のトラウマであったり満たされないな気持であったり、コンプレックス

や心の傷であったり様々です。 カウンセリングで焦点を絞っていきます。



まずは、そうやって過食衝動を静めていくということが最初に大切なところです。


そのあとで、やっていくのが、

”太る恐怖”

への取り組みです。


”一体何が恐いのか?”

”不安はどこにあるのか?”

”太るとどうなってしまうのを怖れているのか?”


その根っこを掴んでしっかりとケアしていくことが大切です。

それらも多くは過去の問題が絡んでいるものです。


この本質をしっかり掘り下げて掴んでいくことがとても大切なポイントになる

ところです。  ここに摂食障害克服の鍵が隠されています。



現在と過去の関係性を見ながらしっかりとケアしていくことが大切です。

そのようにして、心のバランスが整ってきて初めて食のコントロール

をある程度していっても大丈夫になっていきます。



それらができてから、

身体を整え、習慣を変えていくということができるようになっていきます。

まずはメンタルをしっかりと整えてから食をコントロールしていくという順番が

とても大切なところです。




摂食障害克服のための無料メールレッスンスタート!!
摂食障害克服の基本的な知識は、
まず無料メールレッスンにご登録ください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  

摂食障害克服の基本について学ぶ基本レッスン。
全18回に渡りお届けします。

ご登録は今すぐこちらからどうぞ!!
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  
無料小冊子の摂食障害克服ハンドブックも
同時にダウンロードできます。

まずは、摂食障害の基本知識を身につけて、
正しい努力をして摂食障害を克服して
いきましょう。


スマホでも大丈夫になりました!!過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/


摂食障害克服カウンセリングのSINBI
http://www.sinbiz.jp/
催眠療法はホリスティックセラピーハウス
http://www.sinbi-s.com







『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★過食・拒食に感謝!!★ | トップ | ★甘やかしの摂食障害!!★ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

摂食障害克服のために」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。