過食症・拒食症の摂食障害の克服は対人関係療法で!!

対人関係療法で過食症や拒食症の摂食障害で悩まれている方をサポート。 摂食障害を克服していくための具体的な情報を掲載。

自己否定と痩せへのこだわり!?

2016-10-19 21:57:14 | 摂食障害克服のために
頭では、

”もういいや”

と思っているのに、どうしても抜けない

”痩せへのこだわり”

先日、触れたのは、食べ物が身体に入ることへの不快感ということでしたが、
痩せへのこだわりで、その痩せの自己判断基準としてはいくつかあります。

いちばん多いのが、もちろん

”体重”



次に多いのが、

”見た目”

あとは、

”身体のサイズ”



”着られる洋服のサイズ”

といったところでしょうか。


見た目で圧倒的に多いのが、

 ”脚”

 ですね。


脚が細くなったかどうかがダイエット成功の判断基準になっていたりします。

このような体形が気になりだすのは、多くは中学生ぐらい。

思春期で急に身体が変わりだして気になりだしてしまいます。

次に多いのが高校を卒業する前後のあたりで、
特に多いのが、部活をやめたら急に太りだしたというもの。


そのあとだと、どこかでダイエットの限界を感じることがあるようです。

”ダイエットしても前のように体重が落ちない”

これは、中年期には明らかに現れてくるものです。


私なども、結構以前は気にしていて、食事と運動はかなり気を使っていましたが、
中年期に入って、前と同じ様にダイエットしても体重が落ちないという事実に
少しへこむということがよくありました。


そのように、何か体形の変化に気がついて、気になって、
ダイエットを始めるわけです。


ここで、普通のダイエットで終わればいいのですが、

納得いくまで、とことんやりぬいてしまう・・・・・・


”体調が悪くなっても”
”精神的に不安定になっても”
”食べもので頭がいっぱいになっても”
”嘔吐をしてまでも”

それで成功してしまうわけです。

先日も触れましたが、この成功体験が忘れられません。

まずは、私の価値は、 

”痩せていることにある”

”痩せていなければ私ではない”

という思いが強くなるわけです。

痩せのこだわりが抜けない理由の一つはここにあります。


そして、もうひとつ、痩せへのこだわりが抜けない理由は、

”自己否定”

です。


自分の存在価値をかなり否定的に捉えています。

”痩せている自分以外に、自分の存在価値が認められない!!”

のです。

どうしてそのようになってしまったのか???

というと、

多くは、

 ”ずっと否定されてきた”

 ”褒めてもらったことがない”

 ”自分の存在を認めてもらえていない”


そこには、出生時の問題が絡んでくことが良くあります。

”本当は、男の子が望まれていた”

”予定外の子どもだった”

”出産を祝福されていなかった”


そして、幼児期の様々な問題も影響していくものです。

”私は愛されていない”

”生まれてくるべきではなかった”

”私に存在する価値はない”


そのような思いが、痩せへの強い拘りと関わってっている

場合がよくあります。



摂食障害克服のための無料メールレッスンスタート!!
摂食障害克服の基本的な知識は、
まず無料メールレッスンにご登録ください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  

摂食障害克服の基本について学ぶ基本レッスン。
全18回に渡りお届けします。

ご登録は今すぐこちらからどうぞ!!
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  
無料小冊子の摂食障害克服ハンドブックも
同時にダウンロードできます。

まずは、摂食障害の基本知識を身につけて、
正しい努力をして摂食障害を克服して
いきましょう。


スマホでも大丈夫になりました!!過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/


摂食障害克服カウンセリングのSINBI
http://www.sinbiz.jp/
催眠療法はホリスティックセラピーハウス
http://www.sinbi-s.com



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食べるのが止まらない!! ... | トップ | ★愛情たっぷり!! でも、摂... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。