過食症・拒食症の摂食障害の克服は対人関係療法で!!

対人関係療法で過食症や拒食症の摂食障害で悩まれている方をサポート。 摂食障害を克服していくための具体的な情報を掲載。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★摂食障害になりやすいタイプ???★

2016-12-31 14:55:00 | 摂食障害克服のために
あなたを摂食障害にしている性格タイプの一種でもあるのですが、

何か自分がやったことに対する結果を判断する時の方法で、

人のタイプが2つに分けられるというものがあります。


例えば、

   自分が、今日は特別な料理を作ろうとしたとします。

   いつもとは違い、色々とレシピを調べて、材料も色々と

   こだわったものを買い集めて腕によりをかけて作ります。

さて、

   そこで、その料理がうまくいったかどうか???

   あなたなら、どうやってわかりますか???


    ”誰かにおいしいって言ってもらえたら???”

    ”誰かに凄いね!ってい言われたら???”


    ”自分がおいしいと思えたら???”

    ”自分が凄い、充実と思えたら???”


料理をして、どのような結果が得られたらあなたは満足できますか???


ここで、タイプがわかれます。


何らかの結果を判断するための基準が外にあるのか内にあるのか???


   前の2つが外基準、

   後の2つが内基準ですね。


単純に多くの女性は外基準で、オヤジと揶揄されるような人は外基準だったりします。


つまり、いつも外の評価で判断している人と自分の感覚だけで評価する人の違いです。


内基準の人は、人はおかまいなしに自分の感覚で物事を判断していきます。

ワンマン経営者に多いタイプで、周りを気にせず猛進できるので、

ある意味強い頼もしい人でもあります。


ここで夫婦問題や家族の問題に発展することがよくあります。

父親が、極端な内基準の場合ですね。

自己中で人の気持ちを察するということがない!!

全ての判断は内基準・・・・摂食障害の家族によくあるケースです。


それに対して、外基準の人は、

常に自分の判断より外の人たちの判断に重きを置いています。

外基準の人は、周りの目や人の評価が気になってしまい、

それが全てになってしまうと、自分を見失い周りに振り回されて、

気分のアップダウンが激しくなって、へとへとになってしまうと

いうことになってしまいます。


さて、摂食障害を抱える人はどちらが多いのでしょうか????


もうおわかりかと思いますが、外基準の人です。


ただ、これは程度問題でもあります。

内だけ、外だけ、という人はそう多くはありません。

シチュエーションによって違ったり、両方がミックスしていたりするものです。


大切なのは自分の判断基準がどこにあるのかな????

ということに気づいて、上手にバランスをとっていくことです。


内と外のバランスにご注意を!!






摂食障害克服のための無料メールレッスンスタート!!
摂食障害克服の基本的な知識は、
まず無料メールレッスンにご登録ください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  

摂食障害克服の基本について学ぶ基本レッスン。
全18回に渡りお届けします。

ご登録は今すぐこちらからどうぞ!!
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  
無料小冊子の摂食障害克服ハンドブックも
同時にダウンロードできます。

まずは、摂食障害の基本知識を身につけて、
正しい努力をして摂食障害を克服して
いきましょう。


スマホでも大丈夫になりました!!過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/


摂食障害克服カウンセリングのSINBI
http://www.sinbiz.jp/
催眠療法はホリスティックセラピーハウス
http://www.sinbi-s.com








『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★イライラと批判的になってし... | トップ | ★ダイエットに失敗!!成功!!★ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。