日本肝臓病患者団体協議会(試行版)

 日本肝臓病患者団体協議会(日肝協・JHC)の活動などを紹介するブログ(試行版)です。sinが情報提供を担当します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「肝炎連絡会」発足

2006-12-05 05:50:20 | 活動報告
 11月21日午前、B型・C型肝炎ウイルス感染者・患者の療養を支援し、偏見差別を無くすなどの総合対策を国に求める「ウイルス肝炎総合対策の推進を求める全国連絡会(肝炎連絡会)」の設立集会が国会議員会館内で開催しました。
 日本のウイルス肝炎のほとんどは、国の厚生行政の不備によって作られたといわれており、日本肝臓病患者団体協議会や日本難病・疾病団体協議会らが国の政策転換を求めるために設立したものです。
 集会では、菊地さんの主催者挨拶のあと、集会に駆けつけてくださった各党議員の方々から激励のご挨拶をいただきました。
 B型肝炎訴訟・薬害肝炎訴訟のそれぞれの弁護団から、最高裁判決、大阪・福岡地裁判決の意義と今度の運動の方向と展望について説明され、B型肝炎訴訟原告の木村伸一さん、薬害肝炎訴訟のお二人の原告さんから、被害者の訴えをいただきました。
 「肝炎連絡会」では、今後の活動として、国会請願100万人署名に取り組むことを確認、国会での論戦の柱に「肝炎対策」を盛り込んでいただくように、各党肝炎対策プロジェクトチームに働きかけていくことを確認しました。

 肝炎連絡会の事務所は、日肝協内に置きます。
 〒161-0033 東京都新宿区下落合3-14-26-1001
 電話 03-5982-3201(Fax兼用)
<事務所への地図>
日本肝臓病患者団体協議会

 ☆呼びかけ文☆
          2006年(平成18年)10月  日
関係各団体 御中
        日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)
                代表幹事 中島小波
        B型肝炎訴訟を支える会
                 代  表 菊地昌實


「ウィルス肝炎総合対策の推進を求める全国連絡会」
(略称:肝炎連絡会)設立について

 現在、日本にはB型C型を合わせ、300万人を超えるウィルス肝炎患者・感染者がいて、毎年,肝硬変、肝がんで亡くなる人が3万5千人以上も出ています。これは、他の先進国には例を見ない事態です。
 最高裁はこの6月、B型肝炎ウィルスの蔓延の原因が注射針・筒を取り替えずに連続して行った集団予防接種にあることを明確に認め、国の責任を明らかにしました。C型ウィルスについてもほぼ同じ事情であることは、容易に推測されます。つまり、日本の肝炎患者の大部分が国の厚生行政の不備によってもたらされたこと、肝炎が医原病であることが、明らかになったのです。
 また、その後、フィブリノゲン等の薬害によるC型ウィルス肝炎感染についても、大阪地裁、ついで福岡地裁が国の責任を認めました。この判決の流れは、他の地裁で行われている裁判に続くでしょう。
 B型肝炎訴訟原告・弁護団・同訴訟を支える会、日肝協等は、国がウィルス性肝炎患者・感染者に謝罪し、速やかに患者救済のための総合対策を立てることを求めて、厚生労働大臣宛に要望書を提出し、また厚生労働省担当部局との交渉を数回にわたって続けています。しかし、残念ながら、いまだに具体的進展はありません。国は最高裁判決を重く受け止めると言いながら、国の責任を原告5人のみに限定しようとする姿勢です。
 私たち、B型肝炎訴訟原告・弁護団・同訴訟を支える会・薬害C型肝炎訴訟原告団・弁護団・日肝協などは、国に肝炎患者へ医療費助成など総合的な肝炎対策を行わせるためには、広く国民の理解を求め、全国の肝炎患者の満腔の怒りと切実な訴えを大きな声にして、国を動かす以外に道はないと考え、別添申し合わせ(別紙1)の事項の通り、「ウィルス肝炎総合対策の推進を求める全国連絡会」を別紙2(11/21プログラム)のとおり設立することにしました。できる限り多くの団体のご参加を切にお願いする次第です。
 まず当面の大きな運動として100万人国会請願署名運動に全力を挙げて取り組みます。あわせて署名運動にもご協力をお願いいたします。
                以上


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« B型肝炎勝訴は終りではなく... | トップ | 「肝炎連絡会」設立集会 ア... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
C型肺炎になりました (大畑敬子)
2007-12-25 19:21:54
私は先月C型肺炎と診断されました。
色々と調べましたが判りません。
しかし田辺製薬に電話しやら1986年1988年輸血で感染した人が多いと言はれました。
私は帝王切開で出産
時間が立ち過ぎもう調べることわできませんが
大阪弁護団を支援したいです。
どこに登録したら良いですか。
大阪弁護団の方がたは、本当にすごいですね。
感動します。人の為にあれだけ戦える

わたしは、母子家庭ではたらいても経済的に余裕はないです。そのため治療ができません
これからの不安とどうしてこんな病気になったのか
どうか助けてください

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL