老いの途中で・・・

人生という“旅”は自分でゴールを設定できない旅。
“老い”を身近に感じつつ、近況や色々な思いを記します。

アジの干物作りに挑戦

2016年10月14日 20時27分46秒 | 食べ物
(10月12日に書き込みが抜けましたので、その分のカバーではないですが、今日は2件目の書き込みです)

 昨日、旧藤田邸跡の散策の後で立ち寄った「天満市場」は、近くの料理屋やレストランなどを対象とした、言わば業者向けの市場で、価格は安く、ちょっとした名物市場ですが、販売単位がスーパーなどに比べると非常に多い目で、個人客は苦労することもあります。

 例えば、イワシやアジなどの小魚は、小分けせずにトロ箱のまま激安価格で販売されることが多く、一人では買い切れず、同じような悩みを持つ見知らぬ別の客と合同で買って分け合うということもチョイチョイあります。
昨日は、上手い具合に少し小振りの新鮮なアジが12~3匹のパックで販売されていたので、2パック購入しました。

 1パック分は昨夜、南蛮漬けにして、二人で美味しくいただきましたが、残りの1パックは今朝、干物に加工することにしました。
というのは、先日火曜日のテニスの帰りに立ち寄ったお馴染みのお店で、ビールのアテに手作りだというアジの干物をだしてもらったのですが、これが滅法美味しからです。

 慣れない手つきで、アジを開き、市販の干物用のネット籠の中に入れて、ベランダで乾燥にかかりました。何分にも初めての干物作り挑戦で、アジを開くのにも大苦戦しましたが、塩分調整などぶっつけ本番で出来栄えが心配です。(まさ)

籠に入れて、ベランダで干しています

こんな形で2段に並べました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤田美術館・太閤園・藤田邸... | トップ | ボブ・ディランにノーベル文... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む