老いの途中で・・・

人生という“旅”は自分でゴールを設定できない旅。
“老い”を身近に感じつつ、近況や色々な思いを記します。

急遽 京都へ!  その③  ~西本願寺/龍谷大学のライトアップ~

2017年05月16日 21時04分55秒 | 旅行/色々な風景
 その後、今日のもう一つの主目的である西本願寺ライトアップ見物に向かいました。
7時からの開始ですが、入場整理券が5:30から配布という事でしたので、まだ少し早いかなあと思いながら、その様子でも見ようと七条通をブラブラと西へ西本願寺に向かいました。

 私たちが着いたのは4時半過ぎでしたが、既に20名程の人が並んでおられ、係りの人に聞くと「今日は土曜日で多くの人が来られそそう」とのことでしたので、そのまま行列に加わりました。

 1時間程度待って、25番と26番という若い番号の整理券を頂きましたが、その時には既に500人以上の行列が出来ていたのではないでしょうか。

 じっと立ち通しで脚が少し疲れたので、取りあえず近くのパブで食事をし、6時半に入場門の前に集合すると、整理番号順に100人ごとのグループに分けられて入門待ち。この時には既に1,000人を超えていました。

 やっと入門し、ライトアップされた幻想的な唐門・書院・飛雲閣などを見ることができましたが、庭園の竹あかり(花灯明)も素晴らしいもので、西本願寺を堪能できました。入場料無料のイベントでしたが、本当に価値がありました。

 その後、隣接する龍谷大学の大宮キャンパスもライトアップされているということなので、少し引き返して見学しましたが、明治時代に建てられた素晴らしい学舎が非常に印象的でした。

 突然に思い立って出掛けた、京都の七条歩きもやっと終わり、京阪七条駅経由で、21時過ぎの帰宅となりました。(まさ)


西本願寺第玄関門(右手のテントが受付場所で、既に数名が並んでいます。また左手前が龍谷大学大宮キャンパスです)

いよいよ入門。書院が厳かに見えます

唐門の内側

書院内部 対面所

南能舞台

虎渓の庭

飛雲閣 池に映って非常に幻想的な珍しい風景です

飛雲閣の二階には、極彩色の絵があるようです

鐘楼

池に映える胡蝶亭

花灯明

同上。竹に無数の小さな穴が開けられています

御影堂

北小路通を少し戻って龍谷大学へ

龍谷大学のライトアップ

同上


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 急遽、京都へ  その②  ~... | トップ | 18歳と81歳の違い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む