老いの途中で・・・

人生という“旅”は自分でゴールを設定できない旅。
“老い”を身近に感じつつ、近況や色々な思いを記します。

春分の日の淀川河川敷に春を求めて

2017年03月20日 20時19分55秒 | 旅行/色々な風景
 今日は春分の日、お彼岸の中日です。
夕方から天気が崩れそうとの予報を見て、お昼前からツレアイと淀川河川敷に散輪に。
風が少し冷たいものの絶好の好天気とあって、河川敷には多くの人が散策・スポーツ・自然観察・バーベキューなどに訪れていました。

 私たちの目的は、木々が芽吹き始めた鮮やかな新緑や、咲き始めた春の野草の観察、そしてそろそろ終りに近づいたツクシ採取でした。

 木々の芽吹きは、まだヤナギが目立つ程度でしたが、その他は首尾よく目的達成。
早春の淀川河川敷を楽しんできました。
遠くに行かずとも、その日の天気と相談しながら、自宅からの自転車で簡単に行けて、お金も掛らない本当にありがたい淀川河川敷です。

 これからの季節は、日毎に様子が変わって行くことでしょう。(まさ)


新緑が鮮やかな川沿いのヤナギ

同上

ヤナギの新芽とスズメ

流れの倒木の上では、カメが一休み

川岸のヒタキの仲間

クサフジがそろそろ咲き始めました

同上アップ写真。 名前の通りフジの花に似た花です

堤防ではツクシが最盛期を迎え、私の秘密のスポットでは足の踏み場にも困るような状態でした。

ヒメオドリコソウも所々で群生

同上アップ写真

ハナニラ

イモカタバミ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6年経過してやっと…  ~「... | トップ | 昨日の淀川河川敷散輪のオマケ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む