老いの途中で・・・

人生という“旅”は自分でゴールを設定できない旅。
“老い”を身近に感じつつ、近況や色々な思いを記します。

6月中旬の大泉緑地の花たち

2017年06月17日 20時16分28秒 | 旅行/色々な風景
 今日所属しているボランティア団体が運営する講座があり、講師役として堺市にある大阪府営大泉緑地まで出かけました。

 「ユニバーサルデザインの花壇」という演題の講演終了後に、この講座の一環として受講生を園内にある「ふれあいの庭」という花壇に案内しました。

 この花壇は日本最初のユニバーサルデザインの花壇として有名ですが、今日も梅雨時期には珍しい晴れ渡った日で、この時期は他で余り見かけない花も綺麗に咲いていましたので、案内役終了後に改めてカメラを持って撮影に引き返しました。(まさ)


この時期の代表的な花、アガパンサス(ユリ科)

同上アップ写真

アカンサスモリス

ユリと花壇の飾りの対比が面白かったです

イタリアン・パセリの花

同上アップ写真

スモークツリーも見頃です

同上。名前の由来が良く分かる花です

まだ開き切っていない花です

コブシが特徴のある実を付けています。もう少しすると赤い色になりますが、この実が子供のコブシの形に似ているので「コブシ」という名がついたとも言われています。

公園の園路には、明日の父の日に因んで、ゴリラがネクタイ姿と捩じりハチマキ姿で目立っていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「共謀罪」強行成立と、国会... | トップ | ジャカランダの季節です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む