SIMフリーデビュー!

SIMフリーで電話番号を買えないで乗り換える方法

SIMフリーデビュー!電話番号を買えないで乗り換える方法

2016-10-27 16:44:36 | 日記

SIMフリーの仕組みを知ろう

スマートフォンはドコモやau、ソフトバンク(以下 大手キャリア)などのショップで買い求めるもの、と思っていました。

また、利用するには大手キャリアで契約しなければいけない、と思っていました。

しかし、この状況は変わってきています。以前は大手キャリアで購入したスマートフォンは、その大手キャリアでしか利用できませんでした。

しかし政府の指導により他のキャリアでも利用できるようになったのです。

つまり、ドコモやDMMmobileで購入したスマートフォンを、au、ソフトバンクで利用できるのです。

このように、キャリアに関係なく利用できるスマートフォンのことを、SIMフリー、と呼びます。

そして大手キャリア以外で通信サービスを提供する会社が登場しました。

これは、MVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれ、大手キャリから通信機器を借り受けサービスを格安で提供している会社です。

大手キャリアがライバル会社に機器を貸し出すなんて不思議な感じがしますが、これも政府指導で行われているようです。

利用する側としては、単純に携帯電話会社が増えたことになりますので、ドコモやau、ソフトバンクと同列で楽天電話にするか、選択できることになりました。

これらSIMフリーとMVNOにより携帯電話の利用が劇的に安くなったのです

 

 

SIMフリーにしたくなる、大手キャリアのメリット・デメリット

格安SIMの登場で大手キャリアから購入するメリットが無くなったか、といえばそうではありません。

大手キャリアにもメリットがあります。それは安心感です。

スマートフォンが故障してしまうとは本当に大変なことです。

まるで世界から孤島に流されてしまったような感じです。

従って、早急な修理・・・いやまずは代替機を用意する必要があります。

この点、大手キャリアは、全国に販売店があり店頭に持ち込むだけで、修理、代替機の貸し出しを行ってくれます。

さらに様々な手続・サポートも行ってくれますので安心して利用することができます。

ただこの安心感があったとしても、もっと格安で利用したいと考える人がいると思います。

なんせ、2年縛りや実質0円などわかりづらい料金体系のせいか、知らぬ間に高い金額を支払っていることがあります。

ここから節約を考えても、電話や通信を減らすしか思い当たりませんので苦しいところです。

こういった高い利用料金に悩まされている人は多いと思います。

また、大手キャリアで取り扱っているスマートフォンの機種が他国から比較すると少ないため、事情を知る人には満足できないと思います。

このようなことからSIMフリー・MVNOを選択する人が徐々に増えています。

 

 

電話番号は変わってしまう?SIMフリーのメリット・デメリット

SIMフリー・MVNOのメリットとしては、購入・運用料金を劇的に下げることができることです。

もう一つのメリットは、多くのなから自分にあったスマートフォン、MVNOを選択できることです。

しかし購入する前に必ず理解しておかなければいけない次のようなデメリットもあります。

 

【サポート】大手キャリと同等のサポートは期待できません。

例えば、入手したスマートフォンの初期設定は自分で行う必要があります。

また、スマートフォンが故障した時は、メーカーへ郵送し修理が終わるのを待つことになります。

もちろんその間は自分で代替機を用意しなければいけません。

【キャリアメール】大手キャリアが用意しているメールサービス(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jpなどのメールアドレスです)が基本的に利用できません。

これらのサービスから他のgmailのようなサービスに移行する必要があります。

【品質】多くのSIMフリー、MVNO会社の中には、大手キャリアから比較すると品質が不十分な会社があります。

例えば時間帯により通信速度が異様に遅い、スマートフォンが頻繁にフリーズする、などです。

 

このようなデメリットがありますが、既に多くの人がSIMフリー・MVNOを利用していますので大きな助けになってくれると思います。

また、これらのデメリットよりも購入費用、月々の支払が抑えらえることが魅力的と感じる人がいると思います。

 

 

SIMフリーで格安スマホゲットまでの流れ

SIMフリー、MVNOを利用するには、まずSIMフリーのスマートフォンを入手する必要があります。

最初の購入ならば、MVNO会社で通信とスマートフォンをセットで契約することをお勧めします。

なぜならSIMフリースマートフォンとMVNOの組合せで動作しない場合があるからです。

ひとつのMVNO会社で回線とスマートフォンを契約すれば、このような事態は避けられます。

また、今まで使っていたスマートフォンを継続して利用したい場合は、そのスマートフォンをSIMフリー化する必要があります。

機種によりできない場合がありますし、端末自体に特殊な操作が必要なため、ショップへ出向き確認・手続きを行う必要があります。

次にMVNO会社を決定し契約します。

多くの会社で様々なプランが用意されていますので、自分に合った内容と、品質面に問題がないかネットの口コミなどで確認し決定た方がよいと思います。

次に契約ですが、ほとんどのMVNO会社はネット上からの契約申し込みになります。

この時点で、電話番号を変えないMNP(携帯電話番号ポータビリティ)の手続きをすることになります。

このMNPによる切替期間にスマートフォンが使えないことがありますので、MVNO各社のMNP方法を良く確認する必要があります。

格安スマホ・SIMフリーに乗り換えるならこちらに詳しく載ってます! ↓↓↓ 

DMMmobile

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加