東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

陸稲(もち)の直播失敗か、急遽苗作り

2012年06月11日 | 稲:春作業,苗作り

 先日、陸稲(もち)を一か所だけ種をまいた畑がありました。この畑、しばらくぶりに出かけてみると、雑草ばかりで陸稲がどこに芽生えているのか全くわかりません。もともと乾燥している畑だったため、乾燥に弱い陸稲が芽生えずに雑草だけが芽生えたのではないかと思います。いまさら種はまけないので、苗箱を使って苗を育てた後にその苗を植え付けようと思いまする

             急遽、陸稲(もち)の苗を作るため苗箱を用意


 苗箱による苗作りは、以前よくやっていました。その時は水田用の苗作りでした。今回は陸稲用です。水田での田植えは何度となくしましたが、畑に植え付けるのは初めてのことです。うまくいくかどうかは分かりませんが、陸稲がちゃんと芽生えない以上、代えの手段として試みようと思います。

       陸稲を手で苗箱にまく           陸稲を均等にまいた箱苗
 

 苗箱に陸稲をまくと、その上に薄く土を被せました。そして、その上からジョロを使って水をまきました。芽生えるまで毎日のように水をまこうと思います。おそらく2週間以内に芽生えると思うので、来月上旬に育った陸稲の苗を畑に植え付けるつもりです。

                   陸稲をまいた苗箱に薄く土を被覆

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の下刈り斜面を、再度下刈り | トップ | 赤間神宮 春帆楼、甥の結婚... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。