東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

上関町 四代,蒲井,室津などの史跡を散策(5/5)

2016年11月12日 | 歴史探訪他ウォーキング

 上関の長島から室津に戻りました。途中、上関大橋を渡ってすぐの吉田松陰石碑を見ました。続いて、小方謙九郎の墓地を訪れました。次に高橋利兵衛の墓地を訪れようとしましたが、場所が全く分かりませんでした。地図上では展望台傍にあるはずなのですが、墓はおろか石柱さえありません。地図が間違っているのでしょうか。

             稲荷神社より先に着いてしまった西方寺


 高橋利兵衛の墓地を諦めて、室津稲荷神社に行くことにしました。常満寺近くから路地に入り室津稲荷神社に向かいました。ところが、行けども神社らしきものがありません。着いた場所は西方寺でした。稲荷神社よりも先に西方寺に着いてしまいました。そのまま、西方寺を訪問しました。西方寺の西側には民家が密集しており、その向こう側に海が見えました。

  西方寺から西を見て     分かれ道のお地蔵様    稲荷神社の長い石段
  

 西法寺から稲荷神社に行こうとして、再び道を誤ってしまいました。分かれ道のお地蔵様をどんどん進むと、なんと上関大橋に向かう県道に出てしまいました。結局元来た道を引き返すことにしました。すると、稲荷神社の石階段を見つけることができました。西方寺に着く前、この石階段を見落としていたことに気が付きました。やれやれ!

          あちこち道を間違えたすえ、稲荷神社を参拝


 稲荷神社に到着した頃、四代や蒲井などを訪れた疲れがたまっていました。そのため、次回じっくりこの稲荷神社を見ることにして、バイクを置いた道の駅に戻りました。その途中、お地蔵様を見たり、常満寺を見ました。

  横から見た稲荷神社    日当たりが良いお地蔵様   上から見た常満寺
  

 疲れた体でバイクに乗り、皇座山に登ってみることにしました。頂上近くにバイクを置いて展望台に行ってみました。以前寝転がることができた、展望台下はびっしりと草が生えていました。展望台自体も傷んでいました。

  展望台から白雲稲荷大明神を見て      がけ崩れで通行不能
 

 続いて、尾根道を通って尾国方面に行って我家に帰ろうとしました。ところが、途中、がけ崩れで通ることができませんでした。やむなく元来た道を引き返し、室津に戻りました。疲れがピークに達したため鳩子の湯に浸って体を癒すことしました。お湯に入ろうとすると、なんとNちゃんがいました。ほぼ毎日のように鳩子の湯に来ているそうです。しばし、お湯に浸ると我家に向かってバイクを飛ばしました。

           バイクで散策した上関の史跡とルート

『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田布施町 麻里府小学校跡地に... | トップ | ブラジルに住む従弟の娘(K.J.... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史探訪他ウォーキング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。