東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

織機の織前布の交換方法を学ぶ

2017年04月22日 | 染め,糸つむぎ,織り



 柳井縞会長のIさんが来られたついでに、むかで付き織前布の交換方法を学ばさせていただきました。織前布とは、織った布を引っ張る布です。布が織られるとだんだん長くなります。その長くなった布を均一の張力で引っ張る布です。一反の布が織られると、織前布のむかでから外します。次の布を織る前に、織前布のむかでで数百本もの経糸を引っ張ります。

 前に使った織前布を外す  織前布を押さえる棒を外す   はずれた織前布
  

 むかで付きの織前布を取り付ける時は、むかでが付かない側を織機に取り付けます。丸いくるくる回る棒に長い窪みがあります。その窪みに棒を差し込んで織前布を挟みます。そして、織前布をくるくる巻き込みます。

            織前布を棒で挟んで巻き付ける


 織前布をくるくると巻き込んでいくのですが、よれないように注意深く巻きます。そして、むかで部分まで巻き込むと、今度は経糸をむかで部分に取り付けます。経糸を取り付ける時は、むかで部分の芯棒をいったん抜いておきます。経糸をむかでに挟み込むと、芯棒を通して経糸を固定します。この時、経糸が芯棒の上に出ないようにします。これらの作業は何度か経験しないと忘れてしまいそうです。

 織前布をくるくる巻く    織前布の張力を固定    張り終わった織前布
  

 Iさんに何度も来ていただくのは申し訳ないので、最低限の作業を覚えておきたいものです。そのため、おさ通しとそうこう通しを購入しました。すぐに必要となるわけではありませんが、経糸ぐらいは自分で張れるようになりたいと思っています。

         郷土館の体験用織機は、糸製の珍しい「そうこう」


 ところで、Iさんによると郷土館展示の織機の「糸そうこう」は見たことがないそうです。それだけ古い織機とのことのようです。特に、経糸が通るそうこう部の金具を見たことがないとのこと。明治時代そのままの織機ではないでしようか。そのため、この織機の部品が壊れてもその部品は購入できないそうです。それだけ貴重な織機なので、展示専用にした方が傷みが少ないのではないかとのことです。とは言え、新しい織機を買う予算はありません。しばらくはこの超古い織機を体験用にしようと思います。そして、織機の掘り出し物がないか探そうと思います。

古い「糸そうこう」の金具とそうこう通し       「おさ」とおさ通し
 

『クラフト』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絹さやエンドウ豆の支柱を立てる | トップ | 田布施地方史研究会 第51回総会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。