東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

椎茸(しいたけ)用の原木を切断

2013年03月06日 | 樹木,果樹



 去年の12月椎茸(しいたけ)用の原木を伐採しました。その後3ヶ月を経て少しは乾燥したので、今回その伐採した原木を90cm間隔で切断しました。後日、この90cm間隔で切断した原木に椎茸の種菌を接種します。今年中に菌が原木中に蔓延して、早ければ来年から椎茸が収穫できると思います。一昨年までは父親と一緒に伐採や切断をしましたが、さびしいことですが今年からは私一人が伐採や切断をします。

               倒れた原木をチェーンソーで90cm間隔で切断


 切断する上で一番困ったことは、他の木に寄りかかった原木です。寄りかかった原木の根元から90cmを切ると、積み木落としのように上の木がどすんと地面に落ちます。このような作業はとても危険ですので、いったん原木を地面に倒すことにしました。そのため手巻きウインチを使いました。原木を切断するよりも、倒すことに時間がかかってしまいました。

    積み木落としのように                 倒立した幹を
 幹下を切断すると上の幹が落下し倒立      ウインチで引っ張り倒す
 

 山で伐採した原木を倒して90cm間隔で切断し終わると、次に小麦畑に行きました。そして、小麦横で伐採した原木2本も山と同じように90間隔で切断しました。この2本から切り出した原木を椎茸用として持って帰りました。

    90cm間隔でチョークで印を付ける      印の通りにチェーンソーで切断
 

 山での原木切断に苦労したためか、小麦畑横での切断作業は簡単に済んでしまいました。幹の直径も10cmでしたので、楽に切断することができました。唯一大変だったのは、切断した幹を一輪車で持って帰ることでした。10本もの幹を積んで運ぶので、一輪車を運ぶ腕や肩が疲れました。

                  切断した原木の幹を一輪車に積み込む


 一輪車にはチェーンソーやガソリンも一緒に積むので、すべて合わせて50kg以上の重さになったと思います。人を一人載せて運ぶ重さです。途中で休み休み運びました。
 今回、5本の原木を切断して全部で40本位の椎茸接種用原木ができたでしょうか。原木全てを作業小屋に運び終わると、椎茸菌を接種する準備を始めました。その準備の一つとして、種駒を打った原木の伏せ場を作りました。日が当たらず、湿気が強い場所です。何段にも原木を積むので、その重さに耐えるように木のハンマーで地面をたたいて地面を固めました。

     休み休み一輪車で原木を運搬          原木を伏せる場所を作る
 

 これまで父親が同様な伏せ場を作っていましたが、そこは午前中に日が当たります。そのため、一部の原木が乾いて椎茸菌が死んでいました。今回、1日中日陰で,湿っていて,かつ風通しが良い場所を新たに伏せ場としました。ただ、その場所は地面が斜面になっているため、低い側にレンガを積むなどして、水平になるようにしました。今後は椎茸菌を原木に接種して伏せる作業を始めます。

              緩やかな斜面を整地して作った、椎茸原木の伏せ場

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルチベータを使って小麦畑... | トップ | 2月の気温,タマネギの除草,... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。