東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

田布施町の陶土を使って土器・埴輪作り(その5)

2017年05月16日 | イベント,行事

 困難な陶土作りを経て、ようやく土器などの土製品を作ることができるようになりました。私は陶芸については全くの素人なので、かつて陶芸教室を開いていたYさんを招いて土器作りを教えていただきました。中央公民館入口には「土器試作会」と表示されました。中央公民館の和室で開催です。

          右端に座るYさんを招いて、土器などの土製品を試作


 土器作りを始める前に、私から今回の土器作りの目的などについてお話ししました。一番の目的は、羊の毛や綿を紡ぐためのスピンドルの紡錘車を土で作ることです。古代の田布施に住んでいた人が使っていたスピンドルの再現です。遺跡でしか見ることができない紡錘車を作ります。

    粘土のこね方をYさんに学ぶ      コロを使って粘土を平らに伸ばす      
 

 最初、Yさんから粘土のこね方を教えていただきました。じっくりこねて、粘土に残る空気を完全に追い出すとのこと。そのわずかな空気を無くさないと、焼くときに土器が破裂するそうです。実際に粘土をこねるとけっこう力がいります。プロの世界では男性の仕事だそうです。こねた後、粘土の伸ばし方などを教わりました。そして、こねた粘土の保存方法なども教わりました。ありがとうございました。

    Yさんの土器作り動作を見学      遺物として出土した紡錘車の写真       
 

 Yさんから教えていただいた後、粘土を受け取り各自じっくりこねて紡錘車を作りました。しかし、紡錘車だけを作るのでは退屈です。大中小の紡錘車を試作した後、いろいろな土製品を作って楽しみました。私は、小さな器,ミニなイノシシ,ミニな人を作ってみました。みなさんは、クッキーの押し型を使って文鎮を作ったり、実際に使えそうな湯呑やおちょこなどを作っていました。

           陶土で紡錘車を試作、中心の穴に紡ぎ棒を通す


 2時間ほど土製品作りを楽しみました。今後2週間かけてじっくり陰干しします。そして焼こうと思います。心配なのは素人がつくった陶土なので、陰干ししている間にひわってひび割れしないかです。焼くところまでいけるでしょうか。

          私を含め、みなさんが試作した土製品

『クラフト』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田布施町 麻里府 住吉神社祭... | トップ | 洋綿・和綿に続いて緑綿の種まき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。