東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

田布施町 国木~千坊山~竹尾ウォーキング(1/2)

2017年04月19日 | 歴史探訪他ウォーキング



 今月のウォーキングは、田布施町国木から大峰峠まで登り、光市と田布施町の境界線である千坊山の尾根道を歩き、田布施町竹尾に下るルートです。一日前は雨でしたので、道が荒れていないか心配でした。しかし、思っていたより道がしっかりしていました。そのため、靴が濡れるようなことはありませんでした。好天に恵まれていたため、春にしては初夏のような暑さでした。そろそろ半袖で歩いていいかな、と思うような季節でした。

   国木のお地蔵様     石垣にあるお地蔵様    咲き乱れるレンゲ
  

 国木小学校跡をスタートする前にちょっとした手違いがありました。国木小学校跡を知らない方は、田布施交流館に集合することにしました。ところが、あるお祭りのため車がいつもより多くとても混雑していました。そのため、一人の方を乗せ忘れてしまいました。国木小学校跡に二人を連れて行った後、もう一度戻ってその方を載せてまた国木小学校跡に戻りました。

           大峰峠に向かって棚田横の道を楽しく歩く


 国木小学校跡を10分位遅れてスタートしました。今回は、スポーツ大会や自治会などの行事が重なったため、いつもより少ない8人の参加でした。そのため、列が伸びることがなく、みんなでワイワイ談笑しながらの楽しいウォーキングとなりました。

   大峰峠に到着       やすらぎの広場     コバルト台地に到着
  

 下見は二人でしたので、時々に話題に詰まると歩くペースか遅くなることがありました。しかし、本番ウォーキングではずっと楽しく笑いながら歩きましたので、あっと言う間に次の目的地に着きました。疲れを感じたのは家に帰ってからでした。

     九州や四国は見えなかったものの絶景が広がるコバルト台地   


 大峰峠に着くと立ったまま休憩しました。そして、やすらぎの広場前でトイレ休憩をしました。その後、やすらぎの広場に寄った後、お昼休憩するコバルト台地に向かいました。九州や四国は見えませんでしたが、来月ウォーキングする予定の牛島が目の前に良く見えました。コバルト台地に着いた頃、一台の車がやってきました。なんとY君ではありませんか。会議が予定より早く終わったため、車で追いかけてきたとのこと。ここで楽しく昼食休憩をしました。

            今回歩いた国木~千坊山~竹尾コース

『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田布施町 今年も少年少女発明... | トップ | 田布施町 国木~千坊山~竹... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史探訪他ウォーキング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。