とりあえずちゃんと家事をやる

ちゃんと家事をやることとシンプルライフを目指します。

ズボンポケット修繕しました。

2017-01-25 20:45:09 | 裁縫
一昨日の夜と昨日
溜まっていた洗濯物を
やっと全部たたみました。

そして
見つけました。

夫のズボンの内側に
穴が開いているのを。


しかも2ヶ所。

でも

あれ!?
前回繕ったところが
また開いちゃったのかな!?

と思って
前回の記事の写真を見直してみたら
穴の位置が違っていたので
もう1本のズボンでした。

同じように開いてしまうのね・・・

しかも2ヶ所・・・

ケータイを入れているからだそうです。

縫いました。


見えない場所なので
穴が塞がれば充分です。

ついでにコロコロ。


もし次破れてて
気持ちに余裕があったら
あて布をして縫ってみようかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ズボンポケット修繕+コロコロしました。

2016-12-06 22:16:23 | 裁縫
※修繕
なんていう出来ではないことを
最初に申し上げておきます。

※ちょっと汚画像?あります。

今日は
家じゅうの床履きました
洗濯物もたたみました

「ズボンのポケットに穴開いてる」
と夫が言ったのはいつだったでしょう。

今日洗濯物をたたんでいて
思い出して
確認したら
確かに開いてました。


しかも2つも。

こういう場合
あて布?をして縫うのかもしれませんが
まあ見えるところじゃないし
そのまま縫います。


縫えました。


予想通り
寄りました。

ついでに赤丸のところもちょっと穴開きそうだったので縫いました。

ついでに言うと
このポケットは下の方もだいぶ前に穴が開いて縫っています。

もう1本のズボンも同じように縫っています。
2本あわせて3回くらい縫っています。

ケータイを入れているから開くんだそうです。

ていうか
このズボン自体もう買い替えていいかなっていう代物なのですが
夫はなかなか買い替えません。

ついでなので
コロコロしました。


ズボン1本くらいじゃコロコロがもったいなかったので
ホコリとかが気になっていたソファもコロコロしました。


そしたら
1回分じゃ足らなくなり
結局2枚使いました・・・。


やっぱり結構汚れてた。

ソファはいまいち掃きそびれてしまうのです。
色が色だけにホコリとかが目立たず・・・。

ソファカバー
毛玉取りして
洗いたいな・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手作り部屋着の修繕4

2015-08-19 23:48:36 | 裁縫
前回は紐を編んだところまでやったので
今回はその続きです。

編んだ紐をこんな感じでつけます。


一応またチャコペンで印つけてみました。

でもあんまり意味なかったかも・・・。

指で押さえつつ縫いました。


縫えました!!

余計な糸は切りました。

の上からコートについてた布の一部を縫います。


こんな感じ。


待ち針留めて縫います。


回しながら縫います。

ぎゅうぎゅう。

縫っては回し


縫っては回しで


縫えました!!

余計な糸は切りました。

ちょっと斜めっちゃいましたがいいです。

これでこのボタン部分は完成です。

他にあと2つボタンをつけます。

でも場所が狭いので
襟の内側と内側を留めたかったので
パチンと留めるスナップボタンにすることにしました。

さすがに家になかったので
初めて買ってみました。


また
例の雑誌の通りにやってみます。

待ち針留めて


今回は上からぐっと押し込めば針穴に通るこの針を使いました。

ほんとにぐってやったら下の穴に糸がおりました!!
いいわこれ。

また玉結びはボタンつける方の布から出るようにして縫います。


裏の生地まで縫わないようにします。


ただ
雑誌はもっと丈夫に縫うためになんかもうちょっと凝った?縫い方をしてたのですが
よくわからないので結局普通にぐるぐると縫いました。


反対側の布には糸は出てません!

出てるのは待ち針の針です。

この調子で縫っていきます。


全部の穴をぐるぐる縫ったら
最後に反対側に針を通して


こっちで玉結びをします。


でけたっ!!


うん、反対側には糸は出てません!!


対になる方のボタンも同じように縫い付けます。


雑誌はもっとこうなんかね
凝ってたんですが


やっぱりよくわかりませんでした。

ので普通に縫いました!

できました!!


いいんじゃないでしょうか。(くっついるので)


真ん中と一番上のボタンを留めて試着してみました。


でもちゃんと合わせてみるとちょっと上下にずれてました・・・。


でももういいです!!

一番下のボタンの片側もつけました。


でもここで時間切れでした。

あと1個つければおわりなのにー!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手作り部屋着の修繕3

2015-08-17 20:43:24 | 裁縫
前回
やっと首が本体についたので
今回はボタンをつけたいと思います!

ボタンは
今まで買った服についてる小さいビニールに入ってるボタンを全部取ってあったので
その中から大きくて色が濃いのがいいかなと思って選びました。
使うあてもなく取ってあったボタンですが
日の目を見ることができました・・・!

完成予想図でボタンを置いてみる。


穴をあけてボタンを留めようとすると
首が締まりすぎるので
ダッフルコートみたいに紐で引っかけたいなと思ったのですが
紙袋とかの紐を取ってあったのでそれを利用しようと思ってたら
紙類のゴミ捨ての時に紙袋自体を縛るために使っていたら
いつの間にか使い切ってしまったらしく
派手な赤と金の紐しか残っていませんでした。

確か黒が残ってたはず・・・と思ってたのは
だいぶ前の記憶だったらしいです。

どうしよう・・・
と今更ちょっと途方に暮れていたら
昔編み物をした毛糸が残っていたのを発見しました。

これしかない!!
と思ってこれを編んで使うことに。

長さの完成予想図。


そしてちょっと関係ないですがこの針!


この間偶然知ったのですが
この針って穴に糸を通さずに
上のへこんでるところから下にぐっと糸を押し込むと糸が下の穴?に入るっていう
優れものの針なんですね!!

なんでこんな形してるんだろう??と思いながら
知らなくて今まで普通に穴に通してましたよ!!

そんな便利なものがあるなんて
全然知りませんした!!

これからは極力この針を使いたいと思います!


ボタン付けは
今までも何度かやったことがあったのですが
くっつきゃいいんでしょ?
と思って適当につけてました。

でも今回はちょっとちゃんとつけてみようと思って
そういえば前に残してあったはず・・・
と思ったらありました。


昔々の雑誌からはがし取ったボタン付けのページ。


確か1人暮らしを夢見てた頃
1人暮らしする女性用に作られたCittaっていう雑誌だったと思います。

残念ながら割とすぐ廃刊になってしまいましたが・・・。

そして裏のページを見て驚愕。


郵便番号が3桁!!!!

5桁でもなく3桁!!!!!

そんなに昔だった!??

でも調べたら5桁になったのは平成になってからだったんですね。
絶対昭和だと思ってました・・・。

えーっと
どうでもいい脱線をしてしまいましたが
その雑誌によるとコート類の大きいボタンとかは長めの針がいいということなので
今回は残念ながら頭がへこんでる針じゃなくて
長めの針を使ってみます。

では雑誌の通りにまずチャコペンで印をつけて


玉結びが上になるように


十字に縫います。

表の生地だけをすくうようにして縫います。

ボタンを合わせて待ち針で留めます。


裏地まで縫わないようにして(別に今回は裏に糸が出ちゃっても大丈夫ですけど)


ボタンの穴をぐるっと縫います。

たるんじゃったので


しっかり引っ張ってたるみをなくします。


同じように何度かボタンの穴と表地をぐるぐる縫ったら
もう一組の穴も同じようにぐるぐる縫います。

でも
ボタンと布の間(←糸足っていうらしいですね!)を少し長めにしないといけないことを忘れてて
気づいたらこのくらいになってました・・・。



ぎりぎり大丈夫かな・・・。

そしてぐるぐると・・・


本当は下から上に巻くみたいですが
どうがんばっても上から下にしか巻けず・・・

最後だけ下の方に巻きました。



玉結び・・・
と思ったら残った糸が短くてできない!!!


仕方がないので針から糸を切って
なんとか玉結びしました。


今までも何度もやってる失敗なのでこういう玉結びも慣れて
うまくできました!!


できました!!


アクセントにと
白い糸でやりましたが
思ったより目立ってないかも・・・。

でもできました~♪

次にひっかける紐を作ります。

余って毛糸を4本に切りました。


3本編みだとちょっと弱そうだったので4本で編みます。

クリップで留めて編もうとしたら


動いちゃってやりづらかったので

DIYの有名ブロガーさんがマクラメを編んでるところを思い出して

真似して動かないように固定してみました。


いい感じです!

(編み方は適当なので均一じゃないところがあるけどいいです)

ほんとはねじるだけでいいかなーと思ったのですが
ただ束ねてねじっただけじゃ紐全体がくりくりとねじれてしまってだめだったので
三つ編みっぽく編むことにしたのです。

できました!


やっぱりちょっとねじれ気味ですが
いいです。

シミュレーション。



ここで時間切れなので続きはまた次回・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手作り部屋着の修繕2

2015-08-10 10:19:35 | 裁縫
前回は本体の修繕をしたところで時間切れになりました。

今回はやっと首をつけられます!

まず待ち針でとめて


今回は初めて仮縫いをします!!
部屋着を作ったときは仮縫いすらしてませんでした!


色が違う方がわかりやすいと思って(ていうか思い浮かぶのがそんな感じだった)
黒で仮縫い。

でも
あることに相当縫ってから気づきました。


布地を合わせる面が逆だということに!!

・・・気を取り直して仮縫いの糸を外して


待ち針でとめるところからやり直し・・・。


クリップとかも使って


とりあえずこんな感じかな。


実はこの部屋着を作ったとき
袖口は裏地と表地縫い合わせていないんです。
結構もへもへの生地の裏が表地の裏のくっついてて大丈夫なんです。

でも首周りはやっぱり縫った方がいいかなーと思ったのですが
そのまま縫ったら縫い目が見えちゃうなと思って
裏地で表地を少しくるんで縫うことにしました。

表地を少し短くして


裏地でくるみます。


それでは縫います!!!


縫いましたが
裏地は2枚で構成されているので
ミシンで縫ってる間に隙間が空いてしまいました・・・。

仮縫いとかせずにやったからでしょう。

仕方ないので切れ端で


くるってして


縫いました!

ちょっともっこりなっちゃったけど
まいっか。

ここで左肩の裏地が見えてることを発見!!


前回完璧に縫ったと思いましたが

肩をこの辺までとりあえず縫って


あとは首をつける時に裏地が見えないように縫います。


実践!!


縫えました!!


ちょっと布が寄っちゃったところが・・・!!

でも裏地は見えてません!!

右肩の方も裏地は見えてません!!


仮縫いの糸を切らずに何度も試着したので糸がこんがらがってしまいましたが・・・。


首、つきました!!


これで首まであったか~♪♪


やっとついたよ~♪

あとは
ファスナーが上までないので
ボタンをつけたいと思います!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加