シンプルライフ手帳

引越しの多い整理収納アドバイザーの、身軽な暮らしかた。自分にとって必要な物事を見極める力は、穏やかな幸せを運びます。

実は、家が乱れて酷いことになっています。

2016年12月13日 | 片付け
今、私の家はまたダンボールに囲まれています。

年末に引越しをするのです。


ある分野を極めたく、9月から修行に通っているのですが、

高いレベルの内容を求められるようになってきました。

体力的・時間的に家事との両立が難しく、

頭を悩ませています。

仕事として携わっている以上は、手を抜くことができず、

家の方で色々と目をつぶっている状況です。


引越し経験多数で、荷物も少なく、慣れているつもりだったのが、

なんと準備が早すぎて失敗しました。自分でも驚いています。


忙しい日常生活と並行して、余裕を持って引越し準備を進めたく、

1か月以上前より、ダンボールに荷物を詰め始めたのが、

裏目にでました。


これが、落ち着かないのです。

完全に封を出来ないまま半開きになっていたり、

しばらく出さずとも暮らせると判断したものが、

後から必要になって取り出す状況になるなど、

現場は混沌としています。

家族それぞれに、

「どうせ引越すから少々乱れても仕方がない」という気持ちが芽生え、

私もこれまで抑えていた本来の大雑把な性格が顔を出し、

「まぁ、いいか」

と、出したものを何日も放置してしまうまでに。

そうなると、日頃の片付けも、心を残念な方に解放し始め、

これまで積み重ねたルーティンが崩れていきます。

キッチンや、玄関。これまで守ってきたものまで・・・


整理収納アドバイザーとして、あちらこちらで説いていた、

「床とテーブルには何も置かないスッキリ生活」も、

このところは、どこへやらです。

開き直っていても、心は正直で、乱れた部屋で過ごしていると、

やはり自己嫌悪でいっぱいになっていきます。


これで身をもって片付けたくても片付けられないという事が、

どれほど苦しいものか、思い知ることが出来ました。

また、引越し後に荷解きを出来ずに長期間過ごしてしまうと、

家の中での気力が奪われるであろうことも、

想像の域を超え、疑似体験出来たように思っています。

手軽な食に頼り、食費が増えたのも事実です。


持ち物を少なくするだけで片付くのではなく、

シンプルライフは、

日頃の習慣や心掛けに、支えられているのだとも、

あらためて実感しました。

負のスパイラルに入り込む前に、

きちんと対処していくつもりです。

原因も方法もわかっているのですから、

時間を作り、やるだけです。


この経験を活かし、お客様の片付けにまつわる切実なお悩みに、

より真摯に向き合っていきたいと思っています。


お読み頂きありがとうございます。
「シンプルライフ」をテーマとしたブログの、ランキングサイトに参加中です。
以下のバナーをクリック頂けますと応援の一票となり、更新の励みになります。
是非、よろしくお願いします。


(安全なサイトに繋がります)
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 


整理収納オフィスシンプルビト
札幌の整理収納アドバイザーとして活動しています。
ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 洗剤は使い切ってから買う。 | トップ | 最後の引越しを終えました。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む