シンプルライフ手帳

引越しの多い整理収納アドバイザーの、身軽な暮らしかた。自分にとって必要な物事を見極める力は、穏やかな幸せを運びます。

部屋の現状から、先を読む。

2016年07月02日 | 片付け
部屋の片付き具合で、その先を予測することができます。

ある程度満足できる状態であれば、

外出から帰った時も、気分良く過ごせます。


散らかったままだと、

次にすべき行動に移る気力が奪われて、

ついダラダラと過ごしてしまって後悔したり、

片付けが元で揉め事が起きることも。


キッチンがきれいなら、調理に取り掛かる元気も湧きますが、

その逆であれば、何もかも面倒になり、

外食に頼りたくなることもあるでしょう。

息抜きに、たまには良いことです。

しかし、調理するつもりで買う内容も、

楽な方ばかりに流されていると気づいたら、

片付けを強化して、気力を取り戻さなければ、

食費の無駄遣いになってしまいます。


部屋の現状から少し先の未来を予測して、

必ず良くなる方へ向かって片付けをすると、

運気も上がるというのが、私の実感です。


最後までお読み頂きましてありがとうございます。
「シンプルライフ」をテーマとしたブログの、ランキングサイトに参加中です。
以下のバナーをクリックして頂けますと応援の一票となり、更新の励みになります。
是非、よろしくお願いします。


(安全なランキングサイトに繋がります)
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 


整理収納オフィスシンプルビト (6月更新)
札幌の整理収納アドバイザーとして活動しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保留を無くして、時間を作る。

2016年07月01日 | 整理収納
持ち物の要・不要を分ける際に、

判断がつかず、ひとまず「保留」にして、

取っておくこともあるでしょう。

無理に決断しようと焦らなくても、良いのです。

但し、残すと決めたものとは、区別しておかなければ、

次回の整理の時にも、同じような時間を費やすことになります。


「保留」は、言い換えると「判断の先延ばし」ではないでしょうか。


いつまで保留にするのか、決めるとよいのですが、

そのうち忘れて、

何となく時間が経過してしまいがちです。

そもそも保留にした持ち物であっても、

見えない場所に保管すると、

存在を忘れてしまうことの方が多く、

「迷うなら手放しても困らない」との方向性で決断する方が楽です。


どうしても判断がつかない時には、

保留期間を決め、見直しの時期をカレンダーやスケジュール帳にメモすると、

忘れないので、有効です。

しかし、書き込みなどしなくとも、

整理の回数を増やせば良い訳で、

料理や掃除と同等に、整理も習慣にしてしまうのです。


整理を続けていると、保留にするものすら減ります。

判断力が身についてくるからです。

自分の趣向が明確になれば、

決断にも時間が掛からなくなります。

それは、買い物をする時にも役立ち、

「安物買いの銭失いになりそうだ」

「価格は高いが、もっと安くても品質が同等のものがあるはず」

「お店の雰囲気に惑わされているだけで、本当に必要なものでない」

など、過去の失敗パターンを思い出して、冷静になれます。


判断する時点での迷いが減ると、

先延ばし事項は減り、

よって、日頃の片付けや家事に掛ける時間を、

本来したいことにシフト出来ます。


整理は、居心地のよい空間にする為だけでなく、

時間を有意義に使う為に行う、大切な仕事だと思います。


最後までお読み頂きましてありがとうございます。
「シンプルライフ」をテーマとしたブログの、ランキングサイトに参加中です。
以下のバナーをクリックして頂けますと応援の一票となり、更新の励みになります。
是非、よろしくお願いします。


(安全なランキングサイトに繋がります)
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 


整理収納オフィスシンプルビト (6月更新)
札幌の整理収納アドバイザーとして活動しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

収納は小さく、ゴミ袋は大きく。

2016年06月30日 | 片付け
持ち物を収納する時、

用意したハコの中を、めいいっぱい埋めようという気持ちが

働くものです。

ですから、シンプルに暮らしたいと思えば、

思い描くよりも一回り小さなサイズのスペースに、

持ち物を収納するのが有効です。

必要なものを少しだけ。

はみ出さないように、収めるレッスンです。

後から入ってくるもののための隙間作りは有効ですが、

油断して、一つのハコに関連性の無いものを入れないよう、

注意が必要です。

とりあえずのつもりで何でも入れていると、

何を目的とした場所なのか、わからなくなり、

目が行かなくなりがちです。


思い切った整理をしたいなら、

ゴミ袋は出来るだけ大きいサイズを用意します。

無ければ、枚数を増やして、

用意した袋には全てゴミを入れるつもりで。

そこに詰められるだけ詰めようと考えると、

要らないものはまだ無いか、と、

日頃無駄になっているものを探すようになります。


そんなことを繰り返していく内に、

後から買い足した収納用品や、

間に合わせのリーズナブルな家具などが不要となり、

元々の空間が見えてきます。


最後までお読み頂きましてありがとうございます。
「シンプルライフ」をテーマとしたブログの、ランキングサイトに参加中です。
以下のバナーをクリックして頂けますと応援の一票となり、更新の励みになります。
是非、よろしくお願いします。


(安全なランキングサイトに繋がります)
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 


整理収納オフィスシンプルビト (6月更新)
札幌の整理収納アドバイザーとして活動しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狭い玄関をメリットに変える。

2016年06月29日 | 収納・インテリア画像
今回の引越しでは、前回の家よりも、

玄関スペースがコンパクトになりました。

それまでの四分の一ほどです。








在宅中の人数分の靴のみ置くこととし、

他はシューズボックスへ。


今シーズン履くものだけを、メインの扉に。

登山靴やブーツは吊戸棚。

入りきらない冬の靴が三足だけありますので、

部屋のクローゼット内に収納しています。


賃貸住宅の限られたこの扉の中に、

室内用のトレーニングシューズや、外出用スリッパ、

防水スプレー、お手入れ用品、折り畳み傘、懐中電灯、

遠足用の敷物、ちょっとした工具も入っています。

スペースとして、不足を感じることは特に無いのです。

むしろ、すぐ手を伸ばせることが楽でもあります。


一足買ったら、くたびれた靴を手放すことで、

定数管理も意識しています。

防水スプレーは使い切って捨てられるように、

よく取り出せる位置に。

お手入れ用品は使い続けないと、

劣化して使いたくない状態になりがちなので。


寒い北国は、何かと持ち物が増えます。

履物はシーズンによって異なりますし、

防寒着の種類も多いのです。

学校では冬のスポーツが必修で、

その身の回り用品も必要なために、

家族四人ともなれば、なかなかミニマリストにはなれませんが、

シンプルに暮らすことは充分可能です。


玄関だけでなく、家の至るところにおいて、

収納が広ければ広い程、つい無駄なものの仮置き場になりがちです。

必要最小限のみを、限られたスペースに収納すると考えると、

入れるものは厳選され、探し物や買い物の無駄も減ります。

家族皆が収納場所を認識できるため、

外出準備も個々に任せることができ、

母親にありがちなストレスはぐんと減るのです。


最後までお読み頂きましてありがとうございます。
「シンプルライフ」をテーマとしたブログの、ランキングサイトに参加中です。
以下のバナーをクリックして頂けますと応援の一票となり、更新の励みになります。
是非、よろしくお願いします。


(安全なランキングサイトに繋がります)
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 


整理収納オフィスシンプルビト (6月更新)
札幌の整理収納アドバイザーとして活動しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日手放す習慣を。

2016年06月28日 | シンプルライフ
購入するしないに関わらず、

毎日のように、

外から絶えず色々なものが持ち込まれます。


一時的に入り込むものを意識して、

間を置かずに処理して手放すようにすると、

溜め込まずに済みます。


レシートや家族が持ち込む配布プリント、

新聞紙、提出物といった書類。

必要な時に探さなくてよいように、

受け取った瞬間に出来るだけ目を通し、

捨てるなり、次の行き先へ回します。


おすそ分けなどの頂き物も、

その日か翌日には開封し、お相手のあたたかい気持ちが冷めないうちに、

美味しく頂いてしまいます。


家に持ち込まれるものの数よりも、

手放すものの数を多くするぐらいの気持ちで取り組むと、

スッキリを保てます。


何かを処分するついでに、別の場所もちょっと見るのです。

先延ばしにしている、気になるところを。


溜めて溜めて、一気に手放すよりも、

時間や手間がかからず楽です。

捨てるタイミングは、一日に何度も訪れています。


とはいっても、

忙しい日々が続くと、こまめに捨てることが出来なくなったり、

家の中が乱雑になってくると感じることもあります。

そんな時は無理に予定を詰め込まず、

片付けするための日を作ります。


半日でよいので、とにかく不要なものをとことん手放します。

こまめに手放しているつもりでも、

必ず不要なものが出てくることに驚きます。

すっきり暮らすには、

買い物をする時間よりも、捨てる時間を増やすことが肝心だと思います。


最後までお読み頂きましてありがとうございます。
「シンプルライフ」をテーマとしたブログの、ランキングサイトに参加中です。
以下のバナーをクリックして頂けますと応援の一票となり、更新の励みになります。
是非、よろしくお願いします。


(安全なランキングサイトに繋がります)
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 


整理収納オフィスシンプルビト (6月更新)
札幌の整理収納アドバイザーとして活動しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加