リユースショップ36 薔薇とレンガで潤いある庭作りをお手伝いします。

庭作りでお悩みではありませんか?古い家具や道具、流木等をリメークしながら、 今在るパーツを活かし愛される庭作りのお手伝い

バラのオープンガーデン 30・31組目(ほぼ最終日)

2017年06月13日 20時03分52秒 | オープンガーデン2017


今年のバラのオープンガーデンも無事最終日を迎える事が出来ました。
今年は(今年から)フリーのお客様の募集を中止し
招待制に変更したので精神的には楽でした(気遣いが少なかった)

午前中は
ハイセンスだけれどアットホームなセレクトショップのオーナー様
風邪を引かれて来たいけれど来れなかった(泣)のだとか
バラが残っていて多少お見せ出来たのでホッとしました。









午後からも御一組(美女4人様)
皆さん気心知れた友人だから、説明にも熱が入ります。
それを並んで熱心に(我慢して)聴いて下さって感謝!



気取らない日常の家庭料理のようなホッとする食事をいつも提供して下さる店
酒田市の『day by day 』のオーナーシェフ 〇ゆ〇さん
今日はたくさんバラの香りをまとって下さいました。







御二組目がお帰りになられてから バラの剪定を始めました。

今までに出産経験の無い私ですから(ぁははhh)
想像つかないのですが
植物にとって“花を咲かせる”というのは
出産と同じように痛みと苦しみを伴うものだそう。
いわゆる「生みの苦しみ」
根に大変な負担が掛かるのです。



当園はまだバラ園としては歴史が浅いため(6年目) 幼いバラ苗が多く
長期の開花には体力を使ってしまうため(バラも人間も・・・笑)
二番花が咲き終わる前に全て剪定してしまいます。



路上駐車やコンサート開催時に駐車場をお借りしたり
日頃大変お世話になっているご近所に真っ先にお届け



ついでにお爺ちゃんみたいな年齢の私に
会う度に元気に挨拶してくれる可愛い中学生〇〇ちゃんにプレゼント!
バラをお渡しするだけなに、
まるでチューリップのように「でれっ~と鼻の下を伸ばしながら」

良い一日でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バラのオープンガーデン 2... | トップ | バラのオープンガーデン 3... »

コメントを投稿