リユースショップ36 薔薇とレンガで潤いある庭作りをお手伝いします。

庭作りでお悩みではありませんか?古い家具や道具、流木等をリメークしながら、 今在るパーツを活かし愛される庭作りのお手伝い

松尾正晃 氏

2016年10月16日 21時00分28秒 | ガーデニング 庭
帰った早々・・・新潟長岡市の国営越後丘陵公園に行ってきました。



目的はというと

バラをこよなく愛す多くのボランテアさんに支えられた
素晴らしいぐらいに手入れの行き届いたバラ園です。

偶然!無料入園日(通常オトナ400円)
午後一時から三時まで開催される松尾正晃氏のセミナーに参加しました。





「松尾正晃バラセミナー・バラと仲良く付き合う方法」

京都・洛西 松尾園芸 
バラの販売で日本の数%を占めておられるという明治時代から続く老舗の三代目社長の松尾正晃氏
実店舗では日本一バラ苗を販売するという1978年から現在の形で園芸店を開業され、
バラとクレマチスの名店に仕上げました。



物凄く具体的で解かりやすく
今まで概観でしか理解していなかったものを
細かく実践的に説明して戴きました。



歴訪した欧州のナーサリー事情や最新のバラの流行まで
今まで受けてきたセミナーで一番理解し易かったです。
松尾社長 ありがとうございました。











黒点病で葉が落ちるのはバラ自体が茎に病原菌が入るのを防御している為
流行しつつあるしかし「ベト病」はあっという間に茎に入り要注意!だそうです。





バラの花びらや枯れ落ちた葉っぱなのは殆ど摘み取られており
今日、開園後に落ちたと思われるものだけ



雑草も全くというほど無く 土はふかふかの状態
暗渠(あんきょ)排水も一株に何本も施されており





バラ園の教科書のような 素晴らしいバラ園です。



帰宅してフェースブックで松尾社長とお友達に嬉しい限りです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大人の遠足 2016年ー秋編 三... | トップ | Gさん邸・庭園・東側リメーク... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。