白骨の道「下野清徳の回顧録」

戦後復興に命を懸けた公務員の生涯を赤裸々に紹介します。メール:kanran@i-next.ne.jp

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

・・・・・一休和尚の遺言状・・・ 「なるようになる 心配するな」

2010年01月01日 | Weblog
一休さんは、藤原一族に生まれ、天皇の血筋を持つ人間でもあったが、諸国を放浪し、人々に愛を説き続けた。一休さんは87歳で死去するまで金や権力に媚びる事はなかった。一休さんは臨終の際「この遺言状は、将来、この寺に大きな問題が起こった時に開け。それまでは決して読むな」と言い残していた。僧侶たちは、その教えを守り、決して遺言状を開くことはなかった。一休さんの死後、さまざまな問題が持ち上がる度に「いざとなれば一休和尚の遺言状 が解決してくれる」という安心感もあっただろう。一休和尚の遺言状が、開かれたのは、その死後から100年が経過していた。すがる思いで開いた遺言状には、こう書かれていた・・・「なるようになる 心配するな」。「日刊セイケイより」
ジャンル:
社会
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« ・・・・・  無   常  ・... | トップ | ・・・・・・・あなたの 命を戴... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む