四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

仕事始め。育てて頂いた人に感謝をし、四輪クドウ「幸喜高齢者一揆」を巻き起こすぜ!

2017-01-04 17:51:01 | 日記

●今日は仕事はじめ。正月三が日も終わりましたが、正直正月気分は抜けきれません。朝のテレビでは、正月U-タンの混雑を伝えています。自分も若いころ、夏は北海道からの帰りで東北自動車道那須高原から館林インターまでノロノロ運転しました。もう体力はありませんし、そういう気もなりませんが、四輪クドウ!今年も頑張ります。

 

●今年はついに後期高齢者の仲間入りです。自分は「幸喜高齢者」といっています。人生これからよ。若いもんにも負けやしねえ。知らないことは調べる、忘れたことは思い出す。自分は「ブログ」を書いたり、「議会レポート」を作るのも「頭の体操」です。議会報告会をしなければと思うと、議案についても、政策についても、おろそかにしないようにしています。

●自分は大した学歴(北海道の片田舎の高校卒)もないし、学校時代も勉強の出来は悪かった。小学校の時の通信簿は、良いので「アヒル」といわれ、普通以下でした。アヒルとは、「乙」のことです。自分のころは、「大変よい」、「よい」、「ふつう」、「わるい」、「大変わるい」の五段階だったと記憶していますが・・・。図工と音楽はよかった。あとは「・・・」就職してから、企画部に配属され、函館出身の部長に鍛えられました。

●毎週月曜日の朝に部長室に呼ばれ、1冊の本を渡されます。その本を次の月曜日までに読み、部長から感想を聞かれ、意見交換をします。1時間ぐらいでした。2年間ぐらいでしたら100冊ぐらい読んだと思います。いろいろなジャンルでしたが、自分が今あるのは、「佐藤羊昭部長」のおかげです。私のこれまでの人生は、このように節目節目で人に巡り合いました。営業では「山崎兄弟」と言って、この二人の後にはぺんぺん草もはえないと言われた「営業の達人」伝説の人です。

●出版社時代には、文部省の高官や大学教授、その中で俵谷正樹さん、岡本包治さん、朝比奈博さんには社会教育や生涯教育を教えていただいた。北本市に来て、社会教育委員になり、岡本松治さん、平田正昭さん、新井馨さんと巡り合い観光協会や青少年育成に。出版社で借金作り、苦労したとき、大東京火災の鴻巣支店長だった佐藤茂さんには助けられた。日高市の涌井さんや当時の町長の駒野さん。思い出したらきりがない。この人たちはすべて自分の師です。そして議員になり、今私の「師」は市民です。

●年賀状に書きました。「私は今年、いよいよ晴れの幸喜高齢者になります。人生90年時代の中では、青年部の一員と思い、『アクティブシニア』として、老骨を『鬼骨』に変えて頑張ります。『願えば叶う』と、今は亡き恩師朝比奈博の教えを思い起こし、幸喜高齢者一揆を巻き起こしてやるぞと、気を引き締めた新年です。」と。四輪クドウ、やってやる!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年頭所感。議会レポート第1... | トップ | 今年の駅立ち、議員生活14... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
四輪クドウぶっ飛ばせー (酉年)
2017-01-04 19:18:05
今年は幸喜高齢者ですか。頼りならん若者議員では北本の再生はおぼつかない。
四輪クドウ、前輪も、後輪もフル回転させ、大暴れしてください。
酉年生まれの善輝高齢者より
ナナハンでぶっ飛ばす! (四輪クドウ)
2017-01-04 22:56:44
酉年善輝高齢者さん、激励ありがとうござんす。
若いもんには負けません。だてに正月の餅を75回食ったわけではありませんから。
こっちは75、ナナハンでぶっ飛ばします。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。