四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

2016年の日が沈みました。百条委の新年へのカウントダウンです。今年のご支援に感謝。みなさまよいお年をお迎えください

2016-12-31 16:58:53 | 日記

●大みそかの太陽も西の山に沈み、残す時間は7時間余りとなりました。我が家のベランダから夕陽に輝く大みそかの秩父連山です。霊峰富士山も赤く染まっています。今沈んだ太陽は、明日の朝、東の空に初日の出として昇ります。私は、早朝に生まれたことから「日が出るおとこ)」で日出夫と名前を付けたと、名づけ親の祖父からよく聞かされました。また祖父は、戦時中であり、誕生した527日が海軍記念日で「軍艦旗(旭日)」にあやかったらしい。太陽の子です。子どものころから「明るく」「積極的」に物事に挑戦する…とは行かず。それでもよく、周囲の大人から「チャンス」と言われたと記憶しています。

 

●午前中あいさつ回りし、家のことはほとんど貢献していなく、それでも女房が仕込んだ正月料理で、一杯やりながら除夜の鐘を聴きます。皆さん、今年一年工藤日出夫の議会活動・政治活動をご支援いただき感謝申し上げます。2017年は百条委員会で始まります。北本市政の大改造に向けて一直線に進みます。大護市長から新井馨市長と続いた北本市の草創期の輝きと市民に信頼される市政への再生に向けて、「腐ったミカン」を取り除き、みずみずしいミカンに大改造するため、百条委員会は徹底的に調査します。市民に北本市は大きく変わる。変わった北本市は住民福祉が充実し、誇りを次の世代につなぐそんな街になるよう、ご支援くださいますよう懇願して年末のあいさつとします。よいお年をお迎えください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 工藤日出夫が選んだ議会5大... | トップ | 2017年あけましておめで... »
最近の画像もっと見る