四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

一般質問終わりました。道徳教育の教科化と評価について、市長に「信義誠実の原則」を聞きました。

2017-06-19 20:01:42 | 日記

●自分の一般質問終わりました。教育長との議論は、一つは、「道徳教育の教科化と評価について」です。もう一つは「子どもの健康と生活実態の把握について」でした。道徳教育の教科化について、特に検定教科書を使い評価するが、「言葉で評価」するという国の方針委は、正直心配があります。評価する先生と評価される子どもの信頼関係は絶対的条件です。正式に教科となり評価されることは、これまでのものと違いますし、年数が経っていくに従い評価の在り方も変わっていくでしょう。人間の内面に宿る道徳観がより客観的に評価できるのでしょうか。

●「子どもの健康と生活実態の把握」は、心身の成長にとって不可欠の条件です。特に昨今の「格差・貧困」が叫ばれる世相の中で、子どもの格差・貧困は結果として教育機会の格差につながり、貧困連鎖になります。教育委員会や学校という限られたフィールドから、子ども生活圏広げるよう提案しました。東京都足立区の取り組みがいい事例です。足立区は区長を先頭に「全ての子どもたちが生まれ育った環境に左右されることなく、自分の将来に夢や希望が持てる」地域づくりに取り組んでいます。オール北本で子供の成長を願うまちづくりが、今必要と市長へ提案しました。

●市長に、政治姿勢の基本であろう「信義誠実の原則」について質問しました。市長が議員時代に発行した「まちづくりニュース」で、重要議案の判断基準になっていました。答弁で、まず「政策でないことの質問ですが…」と前置きして、自分の祖父が政治家で、鹿児島出身の明治時代の英傑である、大久保利道が「私心を捨て公約に尽くす」とか、「市民が主役」または、介護保険の改正に向かって等説明し、それが信義誠実の原則ということでした。わけわからん。信義誠実の原則は、民法の基本原則の一つであって、「約束は誠実に履行する」という倫理を超える、法の理念(法理)としたことでしょう。

●市長の答弁はいつも軸がなく、あたりかまわず、思いついたことを並べますから特に驚くことはありません。そしていつもそうですが、この人は本当に議員を12年務めたのかということです。議員の一般質問は、議案に対する質疑と違い、市政全般にわたって質問することが特色です。市長の政治姿勢については、基本中の基本です。それに対し、「政策でない質問云々(デンデンではない)…」という答弁は、この人本当に議員を経験したのかと不思議に思うわけです。とにかく自分に都合悪い質問だと、こういういい方します。かわす、逃げる、の一手です。今日は、攻めが甘かった。それでは次は、骨太の「政策論争」するか。

●財政のプロと言っていたので、「財政に」について議論したが、ほとんどが「工藤議員のおっしゃる通りで…」との答弁ですが、「わるいけど、市長と同じではありません」よ。自分の基軸のない人ですから、政策論争すると、質問している議員と「同じです…」という「抱き付き」答弁になります。過度のクリンチワークは減点の対象です。明日は滝瀬議員と諏訪議員です。じっくり聞いて居よっと。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日、午後一般質問です。準... | トップ | 今日で一般質問終了。会派を... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
迫力なし (さむらい)
2017-06-19 21:54:29
工藤さん、今日の一般質問迫力なしで、眠くなりました。いつもの切れはどこへ行ったのですか。
信義誠実が全くない現王園市長にせっかく聞いたのなら、どうして学歴詐称を聴かなかったのですか。現王園にとって、最もふれてほしくないこだろうから、是非聞いてほしかった。
傍聴席の人の大半が期待していたと思います。現王園を一日も早く追放してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。