四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

世界陸上4百リレー銅メダル。ボルト途中棄権。諸行無常=盛者必衰。一陽来復(座右の銘)

2017-08-13 11:22:07 | 日記

●今日はお盆様。新盆の方は今日は心静かな一日でしょう。今朝は、545分に起床。早速テレビで世界陸上400メートルのリレー決勝を見ました。結果は銅メダルでした。3852でした。リオに続きメダルを取りました。意外だったのが、引退証明したボルトのラストランでしたが、途中足にけいれんが起きたのか棄権しました。いいことばかりが続くわけでない代わりに、悪いことも続かない。今あるものは必ず変わる、諸行無常は私の座右の言葉です。

  

●諸行無常にまつわるものに平家物語の一節があります。「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。」と。今権勢を誇っても、必ず衰退するときが来る。成功と失敗。勝者と敗者。七転び八起。七回起きて七回転んでも、最後の一回で起きれば上等です。私は、時に不埒者と言われることがあるでしょうが、自分の信じるところは大事にしたいと考えています。

●「一陽来復」も好きなんです。借金抱えて再起のために当時の損保会社、大東京火災の代理店研修生を受験したときの作文の題名です。そのころは、親子3人夜逃げしたいと思ったこともあったぐらい苦しかった。しかし生涯学習に惚れて、その調査研究でした借金。必ずこの体で返してやる。生涯学習は学歴から学習へ、リターンマッチのある社会と言っていたりしたもんで、いつか必ず認められる。それがこの言葉に出会ってからです。お先にどうぞと言ったら、こんなことになるとは…一陽来復、諸行無常。近いうちに結果が出るだろう。

 

●今日もメールをいただきました。ブログのメッセージで、ご意見ください。決してお名前は公表しません。駐車場廃止に反対。ホテル建設に賛成と、考えはいろいろあっていいと思います。私は公有地にホテルを建てるのは反対です。しかも駅前の一等地を。何より現実に駐車場を利用している市民に説明もしない。代替えの計画も不十分、これから説いての移設や駐車場の代替えに5千万円も6千万円も税金使うんです。北本市にこんな余裕はないでしょう。

●民間のホテルは民間の土地に、民間の資金で建設すればいいんです。商売になるというならそれでできるでしょう。なぜ、安い地代で、公有地でなければならないのか。現王園市長は完全に「憑りつかれている」いるとしか言えません。これほどの横暴を許してなりません。否決された議案を、再度議決に付すなんて、ワンマンと言われた石津前市長もしなかった蛮行です。竹村さんの「市長と議会が間違った決定したら、それを直すのは住民の権利」は、憲法の「地方自治の本旨」そのものです。市民の頑張りを激烈に支援します。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駅東口駐車場廃止に、いよい... | トップ | 駅東口駐車場に「10月で廃止... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。