EKKEN♂

このブログは http://ekken.blog1.fc2.com/ に移転しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Yahooブログの転載機能の問題

2005-02-06 | WEBにまつわる話
 後発ながら、無料ブログの大本命となるような勢いでユーザー数を獲得しているYahoo!ブログですが、どうもその「転載機能」がいろいろ言われているようです。
 絵文録ことのは:Yahoo!ブログは新たな「Y!転載厨」を生むかでは、このYAHOOブログの転載機能について、週刊!木村剛の転載問題を絡めて記事にされているが、YAHOOの転載機能とゴーログの転載問題は、正直全く無関係であり、絵文録ことのはの松永さんの木村さんに対するイチャモンと受け取られても仕方のないところだと思います。
 木村さんの転載問題については、週刊!木村剛[BLOG of the Week]堅い肉は小さく切っても堅い他で明示されている、以下の引用文から始まるお知らせで、何ら問題はないと思います。
(読者の皆さまへ)「BLOG of the Week」に掲載するブログは、事前に転載を承諾された方に限っております。このため、「BLOG of the Week」において、転載を事前に許可するブロガーは、トラックバックにおいて「投稿」であることを明示するようお願い申し上げます。 
週刊!木村剛: [BLOG of the Week]堅い肉は小さく切っても堅い

 もっとも絵文禄ことのはの松永さんは、こうした木村さんの「ブロガーの頂点に立とうとする図々しさ」を嫌っているのでしょうが。(ついでに言うと、僕も木村さんのブロガーとしての資質は低いと感じていますが)
 
 あぁ、しょっぱなから脱線しているよ。
 今回問題にしたいのは松永VS木村の行方ではなく、あくまでYAHOOブログの転載機能のこと。
 NAVERブログでも問題になったこの機能、確かに「記事を書く側」にとっては物凄く便利な機能ですし、YAHOOブログではこの機能をオフにすることも出来るそうで、オンにしているユーザー間で使うぶんには、一見問題ないと思うかもしれませんが・・・・・・
 僕はこの機能、使い方によっては他人に大迷惑をかけるものであり、正直、あまり望ましいものだとは思っていません。

 ちなみにこの転載機能、YAHOOブログのヘルプでは次のように書かれています。
Yahoo!ブログでは、ほかの記事の内容をコピーして、自分のブログ内に掲載できる機能があります。この機能を「転載」と呼びます。転載の手順は以下のとおりです。なお転載は、Yahoo!ブログ内の記事のみが可能です。

Yahoo! ヘルプ - Yahoo!ブログ

 ボタン一発で気に入ったYAHOOブログユーザーの他の記事を、自分のブログ記事に取り込むことが出来るらしいのですが、転載である旨と、その転載元が示され、その部分の改変ができないと言うものの、そもそも転載元の記事が第三者の著作権を侵して作成された記事であった場合、どういう対応がされるのでしょうか。
 コピーのコピーが非常に蔓延しやすいこの機能が、正しい引用法の下に使われるとは到底思えません。
 Yahooブログの転載機能をオンにしているユーザー間のみで、彼らのオリジナルの文章が転載されまくる(まぁ、そこまで使いまわされるほどの、優れた文章を書くユーザーはいないだろうが)分には全く問題ないでしょうが、ブログサービスの如何に関わらず、ニュースポータルからの転載だけで記事を成立させている違法ブログが、どういうわけかランキングの上位に存在していたりする事実からも、Yahooブログの転載機能が全て「正しく使われる」はずもなく、何らかの配慮があってしかるべきではないか、と思うのです。
 
 
Comments (10)   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宣伝トラバとの境界線 | TOP | クラシックビギナーにオススメ »
最近の画像もっと見る

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
転載機能使ったことないですが (じゃすみん)
2005-02-07 07:55:06
記事を書くときに転載不可、可を選ぶことが出来るみたいです。いまいち意味がわからなかったんだけど なるほど・・・。そういう意味なんだぁ・・・。

あまり必要のない機能のような気がしますわ。
謎です。 (しんざき)
2005-02-07 11:35:31
自分のとこでも書いたんですが、「yahooの意図」っていうものが全く見えませんね。一体どんな使い方を期待してるんでしょう。



それこそえっけんさんのおっしゃる通り、コピーニュースサイト大量生産くらいにしかならない様な気が。yahooトピックスの引用も可能なんでしょうか。
●じゃすみんさん (えっけん)
2005-02-07 12:24:28
>あまり必要のない機能のような気がしますわ



結局「引用」と「転載」の区別がつかないままのブログ主を増やしてしまうだけなんですよね。



じゃすみんさんの下でコメントを頂いている「しんざき」さんのブログでも面白いことが書かれていますので、ご一読いただければ幸いです。



↓しんざきさんのブログ

不倒城: だらだらとした近況と、yahooブログの転載機能について。

http://mubou.seesaa.net/article/1817821.html
●しんざきさん (えっけん)
2005-02-07 12:25:43
>コピーニュースサイト大量生産



たのむ、もうカンベンしてくれ。



そろそろ、誰もが「カトゆー」になれるわけではないことに気付いてくれ。
ご指摘の通り ()
2005-09-07 22:03:28
はじめまして。

えっけんさんをはじめとする,先輩諸氏のご指摘の通り,

Yahoo!ブログの転載機能は大きな問題を引き起こしています。



簡単に人の記事が自分のところにコピーできるので,

著作権に配慮する意識が皆無のユーザーが増えています。



遅まきながらで失礼かとは思いますが,

警鐘を鳴らす記事で,リンクにて紹介させていただきました。

●麦 さん (えっけん)
2005-09-07 22:43:03
TB頂いた記事は拝読させていただきました。

また新たな転載関連記事を思いついたときに参考にさせていただきます。



アフォロエイトが主体のブログに多いのですが、ニュース記事をそのままコピペ、あるいは自分の文体に置き換えただけの、他人のフンドシブログが多くて閉口しています。
まさに他人のフンドシ (らぶ)
2005-09-08 17:06:42
えっけんさん、はじめまして。

現在、上の麦さんと転載機能の不使用を唱えていますが、

初心者の方は、ほとんどデフォルテの「転載可」のままの状態です。



えっけんさんのご指摘通り、ニュースポータルから

全文コピペやひどい場合は、写真を直リンクしたりした記事が

転載可のままになっています。



最近有名になったのは、こちらのgoo絵文字を貼り付けた記事を

「傑作押し」とセットで転載しまくるのが、ランクインの手法として広まり、

他社の絵文字が溢れかえっています。



こうした転載機能で感覚が麻痺して、転載不可にしても、

人の記事を全文コピーしたり、画像を勝手に使用することに

慣れてしまったユーザーが多すぎて困ってしまいます。
確かに (かつを)
2005-09-08 17:45:15
*.goo.ne.jp/img_emoji/

*.goo.ne.jp/thumbnail/

*.goo.ne.jp/user_image/

この3個をYahoo!から参照させないだけで、gooブログが256倍安定する気がする。

傑作押し (えっけん)
2005-09-08 19:39:50
アレも結局あしあと残しで、かたっぱしから「傑作」にすることで、アクセスを稼ぐ「アクセスバカ」にとっては便利のこの上ないツールだよねぇ。



はてブってやっぱ便利だなぁ。



つーか、そんなことでアクセス稼いだって「読まれている」訳ではないんですけどねぇ。



バカの考える事はよく分からないけど。
Unknown (えっけん)
2005-09-08 19:42:37
>*.goo.ne.jp/img_emoji/

>*.goo.ne.jp/thumbnail/

>*.goo.ne.jp/user_image/



マジで禁止して欲しいです。

技術的には簡単なことだと思うし。



2ちゃんねるのリダイレクト経由アクセス、mixiからのリンクといった、リファラを辿れないリンクももはじいて欲しいなぁ。

mixiはともかく、リダイレクトをはじけば、負荷も減るだろうし。

Recent Entries | WEBにまつわる話

Similar Entries

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
転載機能は危険! (■■ブログの種(たね)■■)
  Yahoo!ブログの転載機能については,当初から腑に落ちないところがありました。 転載することによるメリットもないわけではありません。 しかし,最近ぼくは「転載機能は危険だ」とはっきり感じるようになりました。 「不要」を通り越して「危険」です。 そう思