EKKEN♂

このブログは http://ekken.blog1.fc2.com/ に移転しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NGワード・詭弁です!

2005-06-06 | WEBにまつわる話
ここにあった記事は、移転しました。
ekken : NGワード・詭弁です!
ジャンル:
ウェブログ
Comments (8)   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月にSBMに入れたものの中か... | TOP | トラックバックに関する雑感2 »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
最近・・・。 (ママン)
2005-06-06 23:08:56
幼稚園の保護者会で「それってダブルスタンダードでおかしいでしょう?」を連発する方がいて、目を引きました。

勇気アルお母さまが「それは具体的にどういうことでしょう?」と聞き直したらその方は得意げに「ダブルスタンダード」の意味を説明してくださいました・・・。

なんていうか、どちらの方もお気の毒でした!







こんにちは。 (Ken)
2005-06-07 08:30:31
第三者であるCが、「それは詭弁です」と指摘した場合は、OKなのでしょうか?
Unknown (すしバー)
2005-06-07 08:57:48
「俺の言うことは詭弁だから聞き流してくれてもいいが・・・」

と言っていた社会的ステータスが高い紳士がいたのを思い出しました。
●ママン (えっけん)
2005-06-08 12:24:38
それは「最近知ったばかりの新しい言葉」を使いたくて使いたくてしょうがない、「よぉ~し、今がチャンスだ!」という人なんでしょうねぇ。

「どうせあなたこの言葉の意味知らないでしょ、おばちゃん教えてあげるわよ」という電波が飛んできています。



ある意味、ネット上で知ったばかりの、恐らくは同時にその事を知った人が10000人以上はいるようなニュースを得意がってコピペする「情報をなぞるブログ」運営者にも通じるのかもしれません。
●Kenさん (えっけん)
2005-06-08 12:29:06
「第三者であるC」が複数存在する場合、その人数が多ければ多いほど、Aの発言が本来の意味での詭弁である可能性が高くなるでしょうが、集団での嫌がらせと言うケースもあるし、Bが最初に問い掛けた文章の真意をAが読み取れなかっただけかもしれないので、必ずしも詭弁であるとは限らないと思います。



つーか、詭弁だ詭弁だ、と騒ぐやつは、単に難しい言葉使いたかっただけなんじゃないの、と思います。

詭弁と騒ぐやつに限って、論理破綻しているケース(そもそもブログの記事において無関係なコメントを持ち出す)が多いと思う。



それで相手を打ち負かした気分に浸っているのだから、おめでたいとしか言いようがないのです。
●すしバーさん (えっけん)
2005-06-08 12:30:05
その人は社会的ステータスは高いのかもしれないけれど、知的レベルは恐ろしく低いような気がする。
Unknown (LSTY)
2005-06-08 13:02:39
 「詭弁だ」ということで、自分が議論に勝った気になりたいんでしょうね。「つまんね」とか「いらね」とか「アフォ」とか「あぼーん」とか、捨て台詞を吐くことで勝った気になるお子様と同じ論理じゃないでしょうか?

 (以前も書いたと思いますが)勝ち負けの論理でしか議論できない時点でダメだと思うんですが。
●LSTYさん (えっけん)
2005-06-08 18:16:36
そもそも

「詭弁ですッ!」

「アフォ」

「キモイ」

が『議論』と思っている時点でバカ決定でしょう。



中でも「詭弁です」は、インテリジェンスな自分に陶酔しているナルシーなイメージを僕は持っています。



Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
議論のアンチ・パターン (ぽんすブログ)
これまで、議論に関する記事をいくつか書きました。 「ギロン議論」 「3つの議論」 今回は、議論におけ