EKKEN♂

このブログは http://ekken.blog1.fc2.com/ に移転しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログにはリンク論がない?+

2005-03-12 | WEBにまつわる話
 リンク元を辿っていたら、こんな記述を見つけました。
トラックバックばかりに議論が集中しているけれども、なぜかリンクについてはほとんど触れられていない。不思議なものだな。リンクフリーという言葉はもう死語なのか(苦笑)

血統の森/うらがわ3月10日の項

 確かに「トラックバックってなんじゃい?」「トラックバックは、こうあるべき」みたいなトラックバック論の記事はよく見かけるし(というか、このブログ、そんな記事ばっかりだし)、トラックバックに関して、意見を異にする者が議論を繰り広げているのは珍しいことじゃないけれど、リンクという行為についての記述ってのは、ブログではあまり見かけないような気がします。
 「リンクに対する議論」というのは、ブログツールが普及してしまう以前に終わってしまっているのでしょうか?
 古くからサイトを運営している人からすれば、「何を今更」なことかもしれませんが、ブログツールを通して、初めてサイト主となった人の中には、勝手にリンクすること・されることに戸惑いがある人も多いようです。
 
 僕は、WEBにおいては、その仕組み上「非リンクフリーはありえない」と考えているし(嫌ならパスワードをかけておくか、ディレクトリを頻繁に変えればよいと思う)、たとえサイト主が「無断リンク禁止」としていようが、リンクすることに必然性を感じれば無断でリンクします。サイト主が設定するローカルルールにおいて「無断リンク禁止」あるいは「リンクする際はトップページにお願いします」は、それを守らなければならない理由が全くないものです。強いて「守らなければならない理由」を挙げるとすれば、「無断リンクをして欲しくない人と、あえてトラブルを起こさない為」くらいでしょうか。
 それでも僕が無断リンク・ディープリンクをするのは、それらを禁止するローカルルールに、何ら正当性を感じないからです。
 無断転載は許されない行為ですが、引用は法律が誰にでも認めた正当な行為です。そして引用の際は、その出典を明らかにしなければならないという決まりがあります。誰かのサイトに書かれていたことについて言及する際は、リンクすることは、むしろ「義務に近い行為」と言って差し支えないのではないでしょうか。

 ブログにおいて「リンクすること」についてあまり触れられないのは、ブログというツールが、トラックバックという「相手の記事に自分のブログへのリンクを勝手に貼る」機能を有しているからでしょう。トラックバックを送る際は、「相手への言及を行った時=リンクがある時」が多いものだし、トラックバックを送ることによって、相手の記事の下方へ、自分のブログへのリンクを貼り付ける者が、「オレは自分のブログへのリンクを貼るけど、お前は勝手に貼るなよ」は、成立しませんよね。リンクしたことを知らせることが、トラックバックの大きな役割の一つなのだから、わざわざ断ってからトラックバックを送る物でもないし、ブログツールを利用して、トラックバックの受け入れを認めている時点で、「無断リンク禁止」「ディープリンク禁止」という、排他的なオレルールを持ち出すのがおかしなことだと、ユーザーのほうが理解しているから、ブログ上では「リンクに関する議論」があまり行われないのかもしれません。各記事へのリンクが容易である、ということもブログツールの大きな特徴の一つでしょうから。

 ……と思いながら、「リンクフリー」でブログの検索をかけてみると……
 無断リンクを気にする人が、思いのほか存在するようですね。どうやら僕の認識不足だったようです。
 
 ネットウォッチ的な「バカ晒し」リンク(リンクしないURLの記述も含む)でもない限りは、好きにやって良いんじゃないの、と思うんですけどね。


 こちらもどうぞ。





 追記:2005/03/14
 個人ニュースサイトが、アクセス数に及ぼす影響力というのは凄い物ですね。
 この記事を最初に取り上げていただいたのは、、僕が知る限り、きをふしさんの黒板ぽのネタ帖的コンテンツ[MM]くろぽメモだと思うのですが(この記事を書いて数十分以内にはリンクがあったのを確認しています。いや、くろぽメモはRSSリーダーに登録してあるものですから)、そこから波及したのか、結構いろいろな所にリンクされていたようで、記事内容自体はさして新しい情報が得られる物でもないのですが、こうした定番的なWEB論というのは、それなりに需要があるものなのか、と思った次第です。
 
リンク論は「終わっている」とは思うけど、小さないざこざは絶えなそう。

小生にうず略式

うーん…リンクフリーってもうほとんど死語になってると思ってたんですがね…。
1年半ほど前まではそういう話(無断リンク禁止はナンセンスなど)を見かけたのですが、
最近はそういう話すら聞かなくなった記憶があるので…。

あれとかこれとか (Lefty):え?死語だとおもってたんですが…。

 上記引用文に限らず、「リンク論」というのは「既に終わっている」と考える人が多いようですが、どうなんでしょうねぇ。
 僕としては「散々語られてきた」ものの、リンクフリー派と無断リンク禁止派が歩み寄ったわけでもなく、特にブログ以前のいわゆる「ホームページ」の形態の、アニメ・マンガ等のファンサイトには依然として「無断リンク禁止」が根強く残っているようだし、今後も新たなサイト主が増えつづける以上、新たなサイト主同士の「無断リンクの是非」についての議論(大抵は議論のレベルに達していないのですが)が繰り広げられることだと思います。
 2ちゃんねるに無断リンクは是か非か?のスレッドが立ったのは、2000年の2月29日。このスレッドがたいした新しい意見がないものの、未だに新スレが立っている(現行で19)所を見ると、永遠に終わりのないテーマなのかもしれません。
 リンクフリー派も無断リンク禁止派も、お互い歩み寄ろうという気がないのでしょう。えぇ、お察しの通り、僕は歩み寄るつもりは毛頭ございません。
 前述の通り、バカ晒し以外のリンクを咎められる謂れはないものだと思います。
 但し、バカ晒しでなくとも、2ちゃんねるからの自動リンクのような、リファラのごまかし(どこからリンクが貼られているのか分かりにくくする)は、感心しません。
 h抜きのURL記述にしても、始めは「簡単にジャンプすることによって、アクセス過多になるのを防ぐ」という配慮があったのでしょうが、多くの2ちゃんねるユーザーが専用ブラウザを使っている現状では、h抜きにすることによるアクセス過多防止効果は望めないし、広告ページを通してのジャンプには、2ちゃんねるの維持運営の応援効果はあっても、リンクされた側には何らメリットがないものばかりか、自分知らない場所で嘲笑の対象にされているという不安感を煽るだけです。
 まぁ、これはリンクする側の問題ではなく、2ちゃんねるの運営側の問題なのですが。
 
 ちょっと論点がずれてしまうのですが、先程見つけた面白い意見追加。
世の中自分のサイトが閲覧された時に相手のブラウザに表示される文字のサイズですら、自分の想定どおりにならないと嫌な人もいるからね。
文字サイズの指定とか右クリックの禁止とかに比べたら、「無断リンク禁止」って表記するくらい可愛いもんですよ。

神コップBloG:俺寝すぎ

 「無断リンク禁止」と書こうが、それを強制できる物ではなく、僕みたいに「必要であればリンクする」ことを排除できるわけではないけれど、固定文字サイズの指定は、閲覧者側に不都合だし「見てもらうためのサイト」を作っているだろうに、見易い大きさに調整したいと考える人の自由を奪っている点で、ダメダメなサイトの典型ですね。(結構多いです、マメ文字サイトで、フォントサイズ指定のところ)
 右クリック禁止は、ウザイとは思う物の、間単に無効化できるので、それほど気になりません。「無意味なことやっているなぁ」という点でバカだなーとは思うのですが。
 まぁ、それを真に受けて「そうかぁ、右クリックダメなんだぁ」と考えるひとも皆無ではないのだとしたら、魔除け程度の効果はあるのかもしれませんね。
Comments (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブロガー検索で遊ぶ | TOP | お返しトラックバックは推奨... »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ボンバー犬)
2005-03-14 11:39:42
リンクフリーという言葉は死語どころかその言葉の存在自体が「なんか違う」と思ってしまいますね。和製英語だし(直訳すると「リンクの無い」って意味だし)。

俺も昔から「ネット上に置いたリソースは、置かれた瞬間から共有のものだ」と言う意識があるもので(自分の持ち物という訳ではなく、共有の知識、または共有の本棚位の意味で)。



まぁ、著作権とか絡んでくるとややこしいことになるんで、ネットの世界もまだまだ発展不足だなぁと。



個人でも無断リンクお断りと言うサイトが在るけど、そんなサイトはリンクする気になれない。根っこの部分が違うので。

それよりもマスメディア系のサイトの傍若無人振りが行きすぎていて笑えてしまう。
●ボンバー犬さん (えっけん)
2005-03-14 12:33:46
>リンクフリー

>和製英語だし



いや、そういう発言、絶対出ると思ってました。

「リンクフリー」は正しい言葉じゃない、ということですが、僕は「日本語として通じれば」構わないと思います。もちろん得意げに外国人相手に使うのは恥ずかしいことかもしれませんが。



>「ネット上に置いたリソースは、置かれた瞬間から共有のものだ」と言う意識



情報の送信者側は、自分のリソースが使われることに対して寛容であって欲しいし、受信者側は送信者に対してリスペクトを込めて使ってもらいたい、と思います。



>そんなサイトはリンクする気になれない



無断リンク禁止を超えたかだかに掲げるサイトってのは、その多くがそもそもリンクするに値しない、くだらない情報しか書いていないものですけどね。

あと、テメーが著作権侵害しながら、「無断転載禁止」と言い張るヤツとか。
Unknown (Cyd)
2005-03-27 01:48:12
リンクはどうあるべきかを考える前に、とりあえずHTMLの発明者の著書をあたってみるのはいかがでしょうか?

『Webの創成 ― World Wide Webはいかにして生まれどこに向かうのか』ティム・バーナーズ-リー著 ISBN:4839902879

著者は今も現役バリバリでWeb技術の標準化に奔走しています。

この本がリンク議論にピリオドを打ったと思うのですが。
●Cydさん (えっけん)
2005-03-28 20:58:42
>この本がリンク議論にピリオドを打ったと思うのですが



どんな素晴らしい、なおかつ的を射た「リンクの定義」であろうと、ピリオドを打つ、ということにはならないでしょう。



トラックバックマナーにおいても同じなのですが、その機能を考えた人の意図とはまったく別の使い方をされているわけでして、個々人によって「こうあるべき」というのはあると思いますが、たとえそれが「WEB標準化」をしている人の考え方と同じであろうと、絶対的多数を占めることはないわけでして。



なにはともあれ、興味深い書籍の紹介、ありがとうございます。



買うには高すぎる・・・
Unknown (Cyd)
2005-03-29 01:38:09
僕の経験から、リンク議論が最も盛んだったのは1997年頃のアメリカだと思います。

Weblogの誕生もこれに絡んできます。

で、前出の本がでるとこの議論は「リンクは無断でするもの」という風潮が支配的になって一気に沈静化しました。



たしかに、この本の出版後もいくつかの裁判は起こっています。

2002年にデンマーク下級審で新聞社へのディープリンクは認められないという判決が、

2003年にはドイツ最高裁でリンクの権利は著作者やデータベースの所有者には無いという、まったく正反対の判決が出ています。

もっとも裁判になった例は思想や主義主張が論点ではなく経済問題が本質ですが。



「その機能を考えた人の意図とはまったく別の使い方をされているわけでして…」

なぜ想定外の使われ方をしていると断言できるのかがわかりませんが、彼らの著書やコメントにあたってみた限りでは、僕はリンクにしてもトラックバックにしても開発者の意図するところで今も使われていると思います。
●Cydさん (えっけん)
2005-03-29 12:36:47
貴重な情報ありがとうございます。

裁判の実例も面白い物ですね。

僕自身は記事中で触れられているように、「リンクは無断でする物」なのですが、それでもアダルトサイトなどからのリンクは、意図に反するわけでして、あまり気分の良い物ではないことは事実です。

それでもそれをやめさせる強制力はないのですけどね。

少なくともこちらからはアダルトサイトへのリンクは貼らない、という方針をとっているのですが、ブログにはトラックバック機能があるものだから、強制的にリンクが貼られるわけでして、トラックバック=送るのも削除するのも自由だから何をやっても良い、という考えが一般化すると、トラックバックが有効活用されないのだろうな、と思うのです。



>なぜ想定外の使われ方をしていると断言できるのかがわかりません



これは断言しているわけじゃないのですが、そう読める書き方をした僕のミスです。すみません。

トラックバックの技術仕様書のみを読む限り、いろいろな使い方が考えられるのは事実ですし、具体的には書かれていないものの、宣伝目的のスパムもあの技術書の範疇であるかのようですが、スパムは予想はしていたかもしれないけれど、推奨はしていないだろう、ということです。

トラックバック技術仕様書

http://lowlife.jp/yasusii/stories/8.html

↑この例では技術的なことのみで終止し、「どんな使われ方」が考えられているのかまでは分かりませんが……



トラックバックを「機能の面のみで」説明すれば、「相手のサイトに相手の意思とは無関係に、こちらのサイトへのリンクを貼り付ける」もの、と言えると思いますが、それを利用した業者ブログからのトラックバックがスパムとされる以上、ユーザー間での考え方と開発サイドでの考え方が異なってしまうこともあるのじゃないかしら。

開発者の考えたこと=マナー的に受け入れられるか、というと、そんなことは無い物じゃないですか?





トラックバックに関する、ユーザー一般の考え方の説明記事の好例

Unforgettable Days: トラックバックから考えるインターネット文化の変化

http://mainasu.egoism.jp/ud/archives/2005/01/06/1659-183.html

Recent Entries | WEBにまつわる話

Similar Entries

2 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
え?死語だとおもってたんですが…。 (あれとかこれとか (Lefty))
まあ、この記事のうなずき記事なんですが…。 むだづかいにっき♂:ブログにはリンク論がない? ……と思いながら、「リンクフリー」でブログの検索をかけてみると……  無断リンクを気にする人が、思いのほか存在するようですね。どうやら僕の認識不足だったようです。 う
[おもしろ]2005.03.15 (横たわるのは犬と豚。)
●情報 ■高橋がなりは自分でブログを書いていないよ。 別にこの際書いていようが書いていまいがどっちでもいいんだけど、がなり特有の理屈っぽい言い訳がうざい。 この人、マネーの虎出てた頃がピークだな。完全に落ちた。 ■お寿司詐欺登場! 詐欺する方も色々考えるなあ。