EKKEN♂

このブログは http://ekken.blog1.fc2.com/ に移転しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

続・無断リンク禁止ですよ!

2005-06-29 | WEBにまつわる話
 コメントやトラックバックの数とは裏腹に、結構な反響があったようで、やっぱり共通認識としての「マナー」などという物はありえないのだと、再認識しました。
 こういうブログがブログのマナーを論じることに、僕はいやらしさを感じる。VANILLACHIPS)というような、「むだづかいにっき♂=マナーを論じるブログ」、という認識もあるようですが、マナーというのは、「自分が守ってもらいたい事」であって、「マナーの本質とは周囲に迷惑をかけないこと、不快感を与えないこと」 (VANILLACHIPS)ではありません。何故ならA氏が「相手に不快感はないだろう」と考えて行った事でも、B氏には「A氏ウゼぇ、激しく不快!」なんてことは、ままあることだからです。何が不快かだなんて事は、十人十色ですよ。僕は自分の価値観に基づいて行動するのみ。
 そのことで明らかに自分に非があると認めた場合は、もちろん謝罪しますが、「オレ、おまえが不快だ、だから謝れ」などというのは、こう切り返します。「そんなあんたの言葉が不快です」
 
 前回の記事、無断リンク禁止ですよ!において、書かれた事は、fudaさん(VANILLACHIPSのブログ主)他、複数の方が不快感を顕わにしたことで、見直しをかけたところ、なるほど、確かにネットウォッチ的要素が強く、僕が好んで用いる軽薄な文章により「バカ晒し」と思われても仕方なし、と判断したので、先日一部改変させていただきました。しかし、あの記事の主旨は「無断リンク禁止はナンセンスであり、必要があって行われるリンクを妨げられる謂れはない」「RSSを生成するブログツールを使い、Pingを飛ばしている上で、個別の記事にブックマークするな」と言う主張はまかり通らない」であり、特定ブログに対する誡めではありません。その事が伝わりにくい記事であったことは、確かな事実であるので、お詫び申し上げます。
 なお、改変後の記事についても、交流のある方から「僕はとても良いことをした気分で満々です」というくだりが「まだ不快に感じる人も多いのでは?」との指摘を受けていますが、他人からブラウザのお気に入りにいれるコンテンツを指定し、それを守らせようとする人は、PASS制導入する方が、その本人の為と考えていますので、改変はしません。あしからず。


 前置きが長いな。
 今回の記事は、「無断リンク禁止ですよ!」の反応集ではありません。反応に対するコメント等は、機会を見て改めて書きます。書かないかもしれないけど。
 
 今回は、無断リンク禁止にしたがる人について、ちょっとだけ考えてみました。
 ブログにおいては、個別記事へのリンクがしやすいことが大きなメリットの一つなのに、これをローカルルールとして禁じる人の真意はなんなのでしょう?
 今回は前回のような実例を紹介するのは止めておきますが、意外に良く見かけます、「リンクする時は、ブログではなくホームページの方へお願いします」「ブログの各記事ではなく、トップページへリンクして下さい」という表記。
 こういう方が「リンクはこの場所へ」と指定するのは、次のパターンが考えられます。
  • フレームを利用したホームページのコンテンツの一部がブログ
  • 指定したリンク先出なければ、カウンターがまわらない
  • 指定したリンク先でなければ、アクセス解析がされない
  • 指定したリンク先が表示されないと、スポンサーからもらえる広告料が減る

 こんなものかな?
 
 これらは全て自己都合です。
 他人のためにサイトを運営しているわけではないでしょうから、そうしたいお気持ちもわからないわけではありません。
 しかし問題は、そんなローカルルールなぞ、誰もが守るものではないということです。
 仮に守る気持ちがある人のほうが多かったとしても、検索で辿り付いた人や、RSSリーダーで購読している人が、ブログではない他に用意されたサイトや、自分が読みたい記事ではない「ブログのトップページ」へブックマークしますか?
 興味のある記事を読むために、興味のないトップページを読みますか?
 否。
 そんな事をする奇特な人は、ちょっとはいるかもしれないが、ほとんどいない。
 そもそも、ブラウザの「お気に入り」という、本で言えば「しおり」みたいなものに対して、その登録先を指定するのは馬鹿げている。(この例えはさんざん使い古されたものなので、他の言い回しがそろそろ欲しい所)
 
 「リンクはブログではなく、ホームページのインデックスへ」と指定する人は、その論理上、トラックバック機能が使えないことをお分かりでしょうか?
 自分が送ることもできないし、言及される事もできなくなります。
 言及する人に対して、引用元を示すことに対し、ホームページのアドレスを書かされても、読む人にとっては不便極まりない。
 別にブログツールを使うに当たって、トラックバックを絶対に使え、というわけではないですが、相手に正当な引用することも阻害するのは、いかがなものでしょう?
 
 ……と、実のところ前回の記事に対して、本質的にはたいしたを変わらないことを長々と書いてまいりましたが、リテラシーの度合いが違う人をとっ捕まえて叩く姿がみっともない、という指摘について、前回の記事をクリッピングしていただいた方のコメントを持って回答に代えさせていただきます。

「登録されたエントリはhtmlやRSSによってその記述が全世界に広く公開されます」なんてことをレンタルblogサイトはちゃんと説明してるの? リテラシーうんぬん言うなら個人叩くよりそっちを叩くべきだ。
[MM]がメモ - MM/Memo


 このコメント、共感を覚えますねぇ。初心者にも簡単に始められることをウリにするのなら、初心者に対して「ブログでありえるこんな事」として「勝手にリンクされます」「貴方の意にそぐわないトラックバックが寄せられます」ということを、もっと強くアピールすべきだ、と思いました。
 「ブログでこんな不快な事があった」と思わせない為に、ユーザーの囲い込みよりも大切な事なんじゃないのかな?
Comments (13)   Trackbacks (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソーシャルブックマークに自... | TOP | ブログジャージマンのうた »
最近の画像もっと見る

13 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
きっと誰も読んでいないけど。 (Mappy)
2005-06-29 15:02:29
私のブログもHPのコンテンツのひとつで、フレーム内に読み込んでいます。HPから来た人はフレーム内のコンテンツとして見ているわけです。

しかし、そうでない人が結構いることも知ってブログだけをリンクしてもらっても構わない、というようなことを記事にしてサイドバーに記事へのリンクを載せています。

ついでにトラックバックに関するお願いも。

ま、誰も見ていないでしょうが。
Unknown (もひ)
2005-06-29 18:29:22
>マナーというのは、「自分が守ってもらいたい事」であって、「マナーの本質とは周囲に迷惑をかけないこと、不快感を与えないこと」ではありません。



それは「辞書的には」おかしな話ではないでしょうか?

「マナー」を引くと「行儀・作法」と出ます。「行儀」を引くと「作法」、「作法」を引くと「しきたり」、「しきたり」を引くと「以前からのならわし、慣例」と出ます。

つまり、これを伝統と言っていいのかわかりませんが、一定の時間の経過のなかで(複数の人々によって)形成された決まりごとを「マナー」と言うわけで、だから、特定の個人が1人でつくったものをマナーと呼ぶのはおかしいと思うのです。



で、マナーが複数の人々によって共同でつくられるものとして、とくにweb上の場合、諸々の紛争の経験をつうじてマナーが形成されるのはいかにもありうる話だと思うので、まぁ、「不快感を与えないこと」がすべてとは限らないにせよ、web上のマナーの重要なポイントを言っているように思います。



おそらく、正しくはこう言うべきなのではないでしょうか。

・・・たしかに「マナーの本質とは周囲に迷惑をかけないこと、不快感を与えないこと」である。しかし「マナーマナー」と言うヤツに限って、マナーの本質からはかけ離れた、たかが「自分が守ってもらいたい事」をマナーと呼ぼやがる。おまいらアフォですか?と。



こう言い直してしまうと、えっけんさんの議論と整合性がとれるかどうか保障の限りではありませんが。
●もひさん (えっけん)
2005-06-29 18:38:58
OK!



辞書的にはもひさんの仰るとおりでしょう。

実はこの記事を書くに当たって、当方もその流れを読んでいます。



ですからこの記事の場合、fudaさんの「不快感を与えないようにする」という事に焦点を当てて「不快に思う事なんて人それぞれでしょ」とのみ書いたほうが、良かったのかもしれません。



ネチケ啓蒙サイトに限って、おかしな論理を持ち出すつー話は、以前例の掲示板で遊んだ通り。←そのうちログ漁ってきます。



>しかし「マナーマナー」と言うヤツに限って、マナーの本質からはかけ離れた、たかが「自分が守ってもらいたい事」をマナーと呼ぼやがる。おまいらアフォですか?と。



もひさん、天才。

それで僕の言いたいことの全てかもしんまい。

マナーを守れというやつの大部分は、「ローカルルール守れ」ですね。それもワケの分からないバカルール。
Unknown (もひ)
2005-07-01 00:33:37
ここ1週間ほど、しつこくて申し訳ありません。ストレスが溜まっているのです。で、前回の補足になりますが・・・



>「不快に思う事なんて人それぞれでしょ」



これ、そうだと思うんだけど、この言い方だけを強調すると、誤解を受ける可能性がやや高い気がするんですよね。つまり「他人の不快感を一々気にしてもしゃーない」(それはそーだと思うけど)、そこに「俺って不快な人間だしぃ」が加わって、結果的に「どしどし他人を不快にさせちゃうぞ」みたいな、ある種の居直りにとられかねない、と。



えっけんさんにそれなりに理解のあるひとの場合なら、

>明らかに自分に非があると認めた場合は、もちろん謝罪します

・・・という部分を信頼していて、必ずしも「どしどし不快にさせちゃうぞ」ではないのだな、と受け取るわけだけど。

でも、この点は、えっけんさんが謝罪なり意見の修正をした場面を見たことがあれば信頼もできようものですが、なかなか伝わらない難しさがあると思います。



つまり「不快に思う事なんて人それぞれでしょ」という言い方は、一見さんや考えの違うひとを、いたずらにヒートアップさせがちな面があるだろう、と思うのが1つ。



で、直リン禁止バナーだっけ?の話でも、個人というか私人を強調する言い方が得策なのかなぁ?と感じたのは、このへんにも関わっておりました。

というのも、個人を言い過ぎると、どうしても「俺って不快な人間(そういう個人)だしぃ」→「どしどし他人を不快にさせちゃうぞ」という連想を引き出しちゃうと思うんだよね。



えっけんさんとしては論争的でありたいわけですよね。そのことと「不快感を誘発するのもやむなし」はかなりイコールでしょうが、それが「不快感の誘発バンザイ」と受け取られてしまうのは勿体ないような。



「不快感やむなし」ではあるが「不快感ばんざい」ではない。「不確かなマナーに目くじら立てるのはアホらしい」しかし「一切のマナーを無視するつもりはない」というあたりを、もっとうまく言えないものか?などと、余計なお世話ながら思うのですが、如何でしょうか。





それとも「不快感ばんざい」&「マナー破りこそ男の人生」ですか???(←ここは爆マークをつけたいところ)



RSSリーダーなんかサッパリなモヒカン野郎より
質問 (fuda)
2005-07-01 02:36:30
>「むだづかいにっき♂=マナーを論じるブログ」、という認識もあるようですが



じゃ、今まで論じてたことって何だったんですか?
参考 (fuda)
2005-07-01 02:44:52
http://www.google.co.jp/search?hs=tH2&hl=ja&c2coff=1&client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aja-JP%3Aofficial&biw=868&q=site%3Ablog.goo.ne.jp%2Fsimauma_dx%2F+%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja
Unknown (もひ)
2005-07-01 09:57:15
ああ”~!! 恐山のイタコが降りてきた!!



「うむ。たしかに俺はマナーをtreat(論じる、扱う)してるが、どちらかといえばマナーそのものより、マナーを語るヤツのほうを扱っています。

 また、discuss(意見を出し合う)をしたいのであって、argue(議論する、ただし相手の言う事に耳を傾けず、一方的に自説を主張する含みがある)をするつもりはないです。

 そのマナーはおかしい、とまでは言ってますが、これがマナーだ、というのを強要したことはありません。そもそも強要不能でしょう」



「そうは言っても、あなたのようなオメガブロガーがそれをやると、強要に近い効果があるだろう。そういう自覚があるのか?」



「私は、自分がオメガブロガーとは思ってません」

「自分が思わなくても、周囲がそう認知したらそういう効果がありうるだろう?」



「しかし、他人をオメガブロガーに祭り上げることで口封じするような、そのやり方は如何なものか? 大事なのは銘々が対等なことです」

「対等々々って、いつもそう言い抜けて、けっきょく弱い者イジメして楽しんでるように見えますが?」



「僭越ながら言うと、自分は機械的に無差別TBを大量に送りつけることも批判しています。この場合、個人も批判対象ですが、企業の宣伝活動なども大いに念頭にありまして、あれがブログ界での健全なTBの応酬を台無しにすること憂えている次第です。そのいみでは、初心者などの弱い者だけをターゲットにしたつもりはありません。ここは公平に見て頂きたい。



 また、たしかに初心者を傷つけることもあったかも知れません。しかし、それこそ私がオメガブロガーだとしたら、私は緊張感のあるTBの応酬こそがブログの生命線だと考えていますので、啓蒙活動の意味もこめて、TBを嫌がる人々、風潮にはあえて異を唱えたいと思います」



「そうやって泣き寝入りする初心者を見て笑うのか?」

「いいえ、イエス・キリストは他人のまえで神に祈るなと言っています。偽善を戒めているわけですね。私はこの教えを守りすぎて、少し偽悪的になっているようですね」



「それにしても、良いことをした気まんまんって言ってるじゃないか。泣き寝入りさせて喜んでるようにしか見えない」



「誠にもって不徳の致すところです。不快感はやむなしと思っていますが、最初から不快感を煽ることが目的ではなく、結果あぁなってしまったことに関してはジクジたる思いがないではありません。

 ただ、パス制を導入されたことで、相手の方は今後、わたくしのような無法者に出会わなくて済むはずなので、不幸中の幸いながら、それはあれでよかったと思うことにしております。



 繰り返しになりますが、強い者だろうが弱い者だろうが、私はブログの生命線を有名無実にしかねないことを嫌っている次第で、そうは見えないとしたら私の不徳でした。申し訳ありません」





↑えっけんさんの思考回路を自分なりになぞってみました。

 俺の結論:えっけんさんは不徳
Unknown (えっけん)
2005-07-02 08:15:59
無断リンク禁止ですよ と 無断TB禁止バナーの反応集書こうと思っていたけど、fuda氏の直前の2つのコメントでやる気が半減したなぁ。

「むだづかいにっき=マナーを論じるブログ」だと思っていたのは、fudaさんの勝手な思い込みに過ぎないですよ。あるいは、僕を買いかぶりすぎです。

せっかく「これはどうだ、グゥの根も出まい!」と嬉々として検索結果表示のURL書いていますけど、fudaさん、その検索結果の上位ページ、ホントに全部読みました?

読まずに載せているのなら、それは何の参考にもなっていない事をお知らせ致します。単にむだづかいにっきというブログの中に「マナー」という単語が多く出てくるだけにすぎません。

もしちゃんと読んで、「マナーを論じている」と受け取ったのなら、失礼ながらあまり読解力を持ち合わせているとは思えませんね。

そこで表示される検索結果の上位は、ほとんどが「既存のネットマナー(というか明らかなるオレルールを「マナー」と勘違いしている例)を揶揄するもの」であり、僕自身が考える統一されるべきネットマナーは「他人の個人情報を漏洩しない」「身体的特徴を揶揄しない」「法と規約には従う」くらいしか述べていないでしょ。

検索結果の一番上のものとそこから派生するリンクを読めば、その事が分かるはずなのに、それを敢えて取り上げたfudaさんは、一体何を考えているのか?

また、あなたと徒党を組もうと必死こいているPブロガー・はむはむ氏も、fudaさんが記述したURLを見て大喜びしているが、とりあえずちゃんと読め。

そもそもはむはむ氏は「無断リンク禁止を主張する所に無断リンクをするのは、郷に入って郷に従わず」という意の文章を書いているけれど、ネットを利用するに当たって、自らそうされない手段を講じずに、無断リンクを禁ずることは、それこそが「郷に入って郷に従わす」でしょうが。

それともはむはむ氏は、各ユーザーが打ち立てたわけのわからんオレルールの全てに従うのですか?

だったら、僕は今、ここのローカルルールとして、新たに一つ設けましょう。

「Pブロガー・はむはむは、ウザいので今後このブログへのトラックバック・コメントを行う事はもとより、閲覧も禁じます」

は~い、ちゃんと守ってね。



もひさんの「イタコ」はなかなかうまい事を述べていると思います。

イタコの発言の全てを認めようとは思わないものの、全体的に間違ってはいないし、細かな部分を指摘していちいち訂正する気にもなりません。その上で「えっけんは不徳」と仰るのなら、ソレはもう価値観の違いなので、敢えて反論する気もありません。
Unknown (Unknown)
2005-07-02 12:46:09
マナーについてばかり取り上げすぎなので、

ちょっとかわいそうだから僕は双子の妹カナーについて今後取り上げていきたいと思います
うわ! (えっけん)
2005-07-02 12:56:14
その時は是非お知らせください! (嘘
Unknown (もひ)
2005-07-03 19:48:56
イタコは降るものじゃありませんね。失敗



>その上で「えっけんは不徳」と仰るのなら・・・敢えて反論する気もありません。



そこは文意をご了解頂きたいところです。

1つには、一番大事な部分を優先するには「不徳」とか何とか言っておけば宜しいのでは?ということです。徳ある人物が宜しいなどと、とりたてて思ってるわけじゃありません。瑣末な話は流せばよかろう。という程度の話ですが、ここは趣味でしょう。



ただ、もう1つに、ぼくはえっけんさんの言い方があんまり上手じゃないなぁ、と時々思います。いや、もしかすると上手なのかも知れないけど、俺は好きじゃない。

たとえばこれ↓



>「Pブロガー・はむはむは、ウザいので今後このブログへのトラックバック・コメントを行う事はもとより、閲覧も禁じます」は~い、ちゃんと守ってね。



これって、まったく守る必要がない「俺ルール」ですよね。ぼくは、はむはむさんというひとがどういうひとか知らないけど、俺なら平気でつぎの日からも書き込むな。



で、えっけんさんご本人は軽い嫌味のつもりなのかも知れないけど、自分が年来否定してきたものを自分でやってみせるというのは、少なくとも趣味がいいとは思えません。

自分が否定してきたものを自分で実演してみせたら、それまでの批判はどこ行っちゃうのよ。結局、気に食わない俺ルールは批判して、自分では都合よく俺ルールを使う人物。そう見られちゃっていいのかな?





それから、まぁ、「俺ルールには俺ルールを」というのは、たしかに復讐法の基本だよね。

ただ、「不快というヤツが不快」とか「批判云々いうヤツがすでに批判している」とか、要所々々で出てくる理屈にオウム返しが多くありませんか?



ふつう循環論法(≒オウム返し)は何かを論証したことにはならない、というのが1つ。

あと、ガキがよくやる「だってアイツが」みたいな言い訳に聞こえることがある、というのが1つ。

ま、オウム返しじゃ足りないと思うからこそ、批判や不快に関しては別立ての記事があるんでしょうけどね。





とくに不快感については、やっぱりウ○コや戦争のように、人類あるところ無くならないものとは思いますよ。しかし、積極的にやるものではないでしょうよ。で、本人にその意図がないのに一々「ウ○コだろ」って言われたらそりゃウザいだろうけど、そこで「何がウ○コかは相対的だから俺は関知しない」宣言をしたら、下手すると「わざわざ人前でウ○コするのが目的です」宣言と紙一重に聞こえたりしませんか。



わざわざウ○コを煽るのが目的なら、反論の余地なく「不徳」と思います。(ネット上で許容されないかといえばそんなことはないと思いますが) しかし、ぼくとしてはそんなことどーでもよくて、ただ、その言い方はあんまり上手くないんじゃないの?と建設的な意見を述べているつもりです。あんまり不徳云々に反応してもらってもなぁ、という気分もありますが、まぁ、それ以外の部分についても「へぇ」くらいですかね。



以上、長々と失礼しました。
Unknown (えっけん)
2005-07-06 17:53:08
>結局、気に食わない俺ルールは批判して、自分では都合よく俺ルールを使う人物。そう見られちゃっていいのかな?



うーん、うまく伝わっていないのか。

その越後屋オレルールは、「ワケのわからないオレルールほどみっともないものはない」と言う意味で書いたんだけどなぁ。



あー、ところで「がメモ」の人の引用文は、彼に言わせれば「正しく解釈されていない」とのことらしいですが、そうなのかなぁ?

モヒカン行為に反対なのは分かるけれど、引用部分の解釈は間違っていないと思うけど。

ま、「だからと言って個人叩きは良くないぞ」というのが「がメモ」の人の意見なんでしょうけど。



ちなみに僕も特定個人を執拗に叩くのは好きじゃないです。
Unknown (えっけん)
2005-07-08 14:23:02
Q30.「リンクされるのが嫌ならアクセス制限するべきだなんて、自己中心的だ」

http://park5.wakwak.com/~tanaka02b/column/faq2.htm#a30

Related Topics

3 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マナーって何ですか? (中島かつをの『子供、いらない』)
ネット上の「マナー」って、よくわかりません。これでも、そこそこネットとかかわってきた思ってはいるんですけどね。 これは、「マナー」について熱い議論?が交わされている のを見かけてちょっと記事にしちゃっただけなので、興味のない方はスキップしてくださいな。 で
マナーってなあに? (はむはむの煩悩)
えっけん氏が、また新しいエントリー記事をお書きになられたのだが、ここで氏の主張される「マナー」について、おれは少々異論があるので、これについてちょっと述べてみたい。 えっけん氏は、fuda氏の、「マナーの本質とは周囲に迷惑をかけないこと、不快感を与えないこ
ま、一応総括 (はむはむの煩悩)
えっけん氏は、常々ご自身に対する異論・反論を歓迎されており、私にもそうするように勧められている。 お言葉にあまえて、先日、氏のこのエントリーに、氏のマナーに対する考え方についてご批判を申し上げるエントリーをトラバ送信させていただいたところ、そこのコメン