路地裏シルベットのアンオフィシャルblog

革ジャン職人の仕事と生態

カスタムマシン

2017-05-16 02:23:02 | 日常


ミシン屋さんがパーツを加工してくれています。

革ジャン専用というミシンは存在しないので、仕事内容や力量に応じてカスタムしていくのはバイクによく似ています。

現在は15年連れ添うミシン二台と、革すき機一台。
そして去年購入した一台と暮らしています。

工業用ミシンの造形は美しく、
いまだにそれだけで肴になるのです!
私にとってミシンとGSXに囲まれた空間はこの上なく幸せで、これからは一年に一台増やすのが目標です。

さぁ段取りも終わったし、
寝て起きたら縫製祭!
私が一番メシを食わなくても平気になるセクションです!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 職人の1日 | トップ | 路地裏の朝焼け »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。