路地裏シルベットのアンオフィシャルblog

革ジャン職人の仕事と生態

職人の1日

2017-05-14 08:19:45 | お仕事
オーダーメイドが完成するまで。

仕様デザイン打ち合わせ

採寸

材料発注

型紙製作

裁断

革すき(各部を適切な厚みに削る)

芯張り(伸ばしたくない所、経年で自然に伸びて欲しい所、張りをもたせたい所など用途にあった芯材を張ります

縫製

掃除、検品

眺めてニヤニヤする

納品

の流れで1着に向き合っているのですが、
コレを素材選び(開発)から1人で担うのが私が思うところ真の「1人1着縫い」

効率は悪いですが、
ブレない品質を維持できます。

それぞれ性質の異なる作業なので
型紙製作は夜型
その後の行程は漁師さんなみの超朝方で仕事をしています。



そんな午前4時に
馬革に包丁を入れる。

至福の時間でございます!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俺のGW その2 | トップ | カスタムマシン »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。