1日の終わりに ~森真理マンドリン教室~

マンドリンと共に暮らす日常のあれこれを、ほぼ毎日綴っています。

息子、旅立つ

2017年03月20日 | Weblog
旅行に行ったわけではありません。
やっとのこと(?)大学を卒業しまして、就職のために1人暮らしを始めました。
引っ越したのは先月25日。
まだ1ヶ月経ってないんですね。

新居で別れたときから数日、自分でも驚くほどの喪失感でした。
空の巣症候群とかまったく他人事と思っていたのに、まさかこれほどまでさみしいとは。
すっかりきれいに片づけられた息子の部屋を見たり、買い物で息子の好物を手にしてしまったとき、

「あ、もういないんだった」

と思う。
このときがせつないです。

経験者である友人たちから、「最初は確かにさみしいけど1ヶ月で慣れる」「いや1週間で慣れる」などなど励まされ、そんなものかしらと疑心暗鬼でいました。

が、しかし。

そんなものでした。ははは。

幸い仕事がありますし、楽器を弾いているときは忘れられる。
人間には適応能力があるものですね。
確かに1週間ほどでなんとかなりました。

高校を卒業して親元を離れる人に比べたら、息子の場合は大卒で就職です。
家事一般もできますし、心配なことは何一つない。
心配なのはむしろ残された家族のほうです。
股関節手術を控えた主人、元気に働いているけれど清掃には無頓着な娘、ぼんやりしている私。
今までしっかり者の息子頼りにしていたことが多いので、みんなで助け合ってやっていくしかありません。

生徒さんから言われた、

「だって、生きてるんですから。どこに住んでいたっていいじゃないですか~」

に、だいぶ救われました。

アメリカ人の生徒には、

「僕はアメリカから来てるんですよ。宇都宮は近い。アメリカだと子供が家を出ると、部屋が空いた、とお母さんは喜ぶものです」

と言われました。確かに外国に行ってしまったわけではない。
しあわせであるように、遠くて祈ってる。
そうやっていつの時代も親は子を送ってきたんだな。
大相撲やスポーツ選手も早いうちから合宿生活ですね。

新生活の準備をして、人が1人暮らし始めるというのはお金がかかるんだなぁ、と実感しました。
会社が用意してくれたのが家具付きの部屋なので、一般的なスタートよりは買うものは少ないです。
それにしても、細かいものがあれこれといるんですねぇ。
自炊をするので、鍋釜類、調理器具類。
小さいものだと、洗剤類いろいろ。
実際に暮らし始めると、足りないもの、不要だったものが出てきているんでしょう。
あとは自分で働いたお金でうまいことやっておくれ。

この話題を投稿するまでこれだけの日数が掛かった、ということは、自分の気持ちの整理がつくまで時間が必要だったということですね。

今週が卒業式なので、一度帰って来るらしいです。
2泊3日の予定。
今日はお墓参りだったので、義兄夫婦と義母とシルベス夫婦(息子は不在)で卒業&就職祝いをやりました。
ビストロタッキー
こんなところ(って自宅の近所なんですが)にこんな店が?
というくらい素敵なおいしいお店です。
ランチは満席でにぎわっていました。

家に帰ってきたらお店から電話が。
忘れものでもしたかと思ったら、追加のワイン(ボトル)を会計に入れ忘れたとのこと。
住所を伝えて、取りに来てもらいました。
お詫びの品として、オリーブの缶詰めとクッキーをいただきました。
予約したから先方はこちらの連絡先がわかったわけですが、予約なしだったら請求しようがないですねえ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プレソ月例会&こんなことあ... | トップ | 弦界 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わかりますよ~ (non)
2017-03-21 17:31:14
私も長男が 関東で1人暮らしを始めたときは
本当に寂しかったです。
その後帰省して また彼が帰って行く時も
しばらくは まだ寂しかったものです。

が 今では。。。

明日長男がやってくるのですが
真っ先に思うのは。。。
夕食の用意が増えて面倒だなあ(笑)
それでも 
食卓を囲むと 楽しくなれますけどね。
Re:わかりますよ~ (シルベス)
2017-03-21 21:53:30
nonさん、
ありがとうございます、経験されていたんですね。
一時帰ってきてまたいなくなるとき、さみしいでょうね…。
でも、これもきっと慣れますね。
息子が独立して、健康保険が安くなったのがうれしいことでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。