1日の終わりに ~森真理マンドリン教室~

マンドリンと共に暮らす日常のあれこれを、ほぼ毎日綴っています。

ロミオとジュリエット1日目終了

2017年05月03日 | Weblog
今日はゲネプロのあと、15時開演でした。

マンドリンパートは今までとオケピ内の配置が変わりました。
チェロの後ろ、コントラバスの左側。
左となりはピッコロと、バスクラです。
指揮はとっても見やすく、弾きやすい場所です。
客席も正面によく見えます。

というわけで、ステージはまったく見えず。
本当に待ち時間が長いので、マンドリンの出番まではオケのみなさんの熱演を聴いています。
曲がいいですし、演奏も素晴らしい。
2時間半、ずっと演奏(しかも難しそう)をしているのは体力も必要ですね。
こちらは休んでばかりで申し訳ないような気持ちになります。
にぎわっている商店街で、自分の店だけヒマなような気分。
でも、ずっと何もしないでいて急にパートソロ、というのはスリリングなんですよ。
ゲネプロはテンポが少々不安でしたが、本番は安定して弾けました。よかった。

カーテンコールでやっとバレエ団の方々を拝見できました。
森下洋子さん、舞踏歴66年だそうです。
細くて細くて・・・。でもただ細いのではなくて、無駄をそぎ落として筋の通った細さといいますか。
バレリーナの方々とエレベーターで一緒になると、無駄だらけの自分の身体が情けなくなります。

と思いながらも、終演後は打ち上げに行ってしまうのでした。
明日は本番のみ、そして友人が観に来てくれるのでまた打ち上げに行くのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年も、ロミオとジュリエット | トップ | ロミオとジュリエット2日目終了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。