Forth!

移転しました(2014/1/1)

「南蛮美術の光と影」展@神戸市立博物館

2012-05-19 | ヒストリ:オール


 
以前書いた神戸市立博物館で開催中の「南蛮美術の光と影」を見に行ってきました。
「平清盛展」は2回見に行きレビュー書かんまま終わったっちゅうに……^^;
でもね、どっちもすっごく楽しみにしてたの!
そしてどっちもとっても見応えがありました!

目的は「泰西王侯騎馬図屏風」です。
左から神聖ローマ皇帝ルドルフ2世、トルコ王、モスクワ大公、タタール汗。



左からイギリスギーズ大公(若しくはカール5世)、フランスアンリ4世、アビシニア王、ペルシャ王。


 
上の屏風の所蔵は神戸市博です。下の屏風は東京のサントリー美術館が所蔵している。
神戸にある方は何度か見たことがあるのですが、サントリー美の方は見たことがなかったんです。
これをぜひとも見てみたくて。
私は神戸の方が好きだ。躍動感があってダイナミックで。マントひらひらだし(笑)
 
好きなんですけど、絵が好きというだけで特に調べた事なんかはないんです。
絵柄がちょっと日本絵とはかけ離れた感じですので、ヨーロッパから輸入されたのかと思っていた。
違 う ん で す ね ^^;
会場にエックス線写真等の科学分野からのアプローチも出ていて、それを見ていたら下の方は屏風の下張に手習いと思しき文字がびっしり!
また上下の絵とも絵具が日本古来の胡粉が使われていた。
日本で描かれたものという事で、それがまず驚きました。
そして更に、そうなの!?と思った事があって。この絵、戊辰戦争の時まで会津若松城にあったんだって!
そ、そうか。松平容保、この絵を見て過ごしていたのか…
あ、じゃあ桐野も見たかもしれません。

会場にあった解説には、この絵は会津に入った蒲生氏郷(キリシタンだった)に所縁あるものだと思われていたようですが、実際は保科正之が所蔵していたものではないかと考えられているとのこと。
戊辰戦争までお城にあったものが何故別々に所蔵されているのかという話ですが、サントリー美(下)の方は松平家から個人の所有に移り、そこからサントリー美に来たそうです。
松平家が売却したのかな?明治後は大変そうだったから…

上の神戸市博の方は、前原一誠の手に渡り、そこから昭和7年に池長孟に売却されたそうです。
池長は南蛮美術を精力的に収集した人物で、この人のコレクションが元で神戸市立博ができています。
ここで前原の名前が出てきた事に驚いたのですが、…うーん…前原…ねえ…?
三百藩家臣人名事典を見ると北越征討総督府参謀として会津戦争に加わったようです。
この文字面だけを見ると強奪という言葉が点滅するのですが、私のものすっごい適当な印象からすると、前原はそういう事をしそうには思えないですが、戦争は普段とは違う非常時だからなあ。
調べたらまあ、どういった事情で前原の手に移ったかも出てくるんでしょう。
 
そして想像通り、

 ザビエルも出てたぜ!
 
ひっさびさやなー^^ これも上の屏風同様殆ど出てきません。
実物を見てみたい方は一度行ってみたらいいと思います。結構大きい絵です。
それに今回を逃したらまた出てくるのは何年か後です、きっと。

このザビエル像、発見されたのは大正9年、大阪茨木市の隠れキリシタンの家から。
高槻はキリシタン大名高山右近所縁の地ですから、それに関連しているんでしょう。

滅茶苦茶保存状態がよくて、本当に上の写真の通りの色…実物はもう少し鮮やかかな?
発見された当時は箱に納められていた。
驚くなかれこの絵、収められた時から発見された時まで一度もその箱は開けられる事はなかった。
その為保存状態超絶に良し。
「開かずの箱」と呼ばれた木箱に納められ、「開けたら目が潰れる」と言い伝えられてきた。
開けたら目が潰れるけど、
「この開かずの箱を持っている限りこの家には幸福が訪れる」
発見時は巻物だったそうですが、その後現在の形、額装に直された。
 
本当に弾圧の時代があったと思えないくらいとても保存状態のいいものが出てきています。
聖母像とか…
旧福井藩の藩医の家が持っていたというものがかなり出ていました。
土蔵の壁の中から竹筒に入った状態ででてきた、とか…だから綺麗に残ってるんでしょうね。
  
キリスト教関係では弾圧関係の資料として踏み絵なんかも出て来ていた。
長崎の大殉教(元和の大殉教)の絵とか。
見ていて島原城(島原の乱/天草四郎)を思い出しました…城内にキリシタン弾圧の史料がわんさとあったのですが……TT
こ、怖くて(涙
弾圧が云々というより、あの城内のあの一種異様な雰囲気がすごく怖くて本当に早々に退城した;;
 
ま、まあ結構色んな物が出ていました。
中々見る機会がないものが出ていますので、興味がある方は行ってみたらいいかも!
   

 
にほんブログ村 歴史ブログへ 
2つのブログランキングに歴史ジャンルで参加しています。押して頂ければ更新の励みになります。
  
朝窓を全開していたら、ぴゃーっと部屋に入ってきた大物が…
 
 クーラーの上

 ビーズさんとアラゴルンの側

 クーラーに掴まりーの
 


ぎゃあああああ!その本は汚さないで!お願い!
 
ほっといたら出て行くかと思いきや出口が分からなかったようで、私が見ても分かる程パニクってた。
ピーピー鳴きながら震えてる!^^A 
子供の雀だったみたいで、流石にかわいそうになった…
結局ビニールで逃げまどうところを捕まえて、窓の外に出してやりました。
向こうもびっくりしただろうけど、私もびっくりした。
こんなん初めてですわ…

ジャンル:
歴史
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こいごころ | TOP | 平清盛 #20前夜の決断 »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | ヒストリ:オール

Similar Entries