Forth!

移転しました(2014/1/1)

山本五十六・児玉源太郎@特別展

2011-12-08 | ヒストリ:近代MTS

ブログの方が急激にアクセスが伸びてます。
何かあったかなーと思いきや週末~昨日は長岡外史。これは坂の上の雲かな。
それに合わせて2・3日前からは急に山本五十六の映画できてますね。
 
12月23日が封切りという事で、11月にそろそろだなーと思い公式ブログを見たらその頃から本格始動し始めたようで、頻繁に更新されています。
で、見ていておお!と思った情報が…
大分県立歴史博物館で現在特別展が開催されています。
 
「堀悌吉に託した思い-山本五十六と日米開戦-」
 会場:大分県立歴史博物館(公式HP)
 会期:平成23年12月6日(火)~平成24年2月12日(日)
     ※休館日(年末年始・毎週月曜)
 時間:9時~17時(入館は16時半まで)
 料金:300円

公式HPを見たら、展示資料として上がっているのが山本五十六「述志」、堀悌吉「五峯録」…
うっそー!MAJIDEKA!それは見たい!見たい、けど!大分遠い!!(涙)
心情的には熊本の方が近い!大分は関西からの交通が不便すぎる!(><
と、とりあえず大分市に居る友人に図録買って送ってもらおうかと…というか図録出てるのかこれ…

堀悌吉は山本56の大親友。
「神さまの傑作のひとつ堀の頭脳」と同期からは言われていたそうです。
海軍兵学校創立以来の秀才じゃないかと言われていた。
大分の杵築の人でね、麻田剛立(江戸時代の天文暦学者)と同郷の人物になります。
なので大分の先哲のひとりになっている(広瀬武夫はなってない…)。
日露戦争の時は少尉候補生で三笠に乗ってまして、三笠で教育されてるんですよ。
日本海海戦の2・3日前までふっつーに候補生としての教育を受けていて、へーと思いました。意外だった。
ちなみに山本(当時は高野姓)は日進に乗っていましたが、その際重傷を負い、左手の指2本を失っている。
確か海軍では指3本を失えば退官か予備役入りだった筈ですが、危ない所でした。
 
特別展絡みではもう1個。こちらも始まったばかり。
 
『児玉源太郎と近代国家への歩み展 -日本の進路を託された男-』
 会場:周南市美術博物館(公式HP)
 会期:平成23年12月2日(金)~平成24年1月15日(日)
     ※休館日(年末年始12/29-1/3・毎週月曜)
 時間:9時半~17時(入館は16時半まで)
 料金:700円

以前書いたように、日露戦争後のイメージが悪すぎて私は特に児玉のファンって訳ではないんだけど(※別に嫌いでもない)、これはちょっと行っておきたい。
児玉をテーマにした展示会なんてそうそうない。 
公式HPを見ればやはりというか当然というか、あの人やこの人のあれやこれやが出ているようですので、というか桂太郎や伊藤博文関係であれこれ見られそうというのが…
来週あたりに行こうかと思っていたのですが、こんな状態ですので流石にやめときます^^
来年にでも行こうかなーと。

メディアで取り上げられているゆえの、どちらも結構レアな展覧会だと思うので興味ある方は行ってみたらいいと思うよ! 
 
***

金曜日に髪の毛切りました。
ズバーンと40cm位?美容院のお兄ちゃんには「いいんですか?」「いいんですか?」と何度も確認取られまくった。
いいよ。切ってよ。笑。
旅行から帰って来た日だったので、疲れていて座ったまま爆睡でした。
でもこんなに切ったのに家族で全然気付いていない人がいます…もうそろそろ1週間経つんだけどな…
きっともう気付かないよねお父さん!(笑)

いやー腰の辺りまで長さがあったんでね、切る前にあれやろうと思ってたんです。あれ。

美豆良結い!

読める?みづらだよ!こんな髪型!(←グーグル先生)
超分かりやすく言えばビックリマンのヤマト王子みたいな髪型。
………。
ビックリマン(アニメの方ね)とか若い子には分からないかも…orz 
好きでしたビックリマン。新ビックリマンも好きだった。ヘッドロココ様(笑)
その昔『愛の戦士ヘッドロココ』っちゅう漫画があってだなー めっちゃ好きだったんよーあのサタンマリアがかわいくてだなー
ってそんな話はどうでもいいですかそうですかすいません。

えー…みづらっすね^^;
結構前にレッツトライしてみたんですが、笑ってしまって結局写真撮れなかった。
ゴムとピンで四苦八苦しながら中心を留めたんですが、そんなもの無かった古代はどうやってたのかな、というのが疑問でした。
ネットでは基本的な結い方が分からなかったもので。
というか、不思議な髪型だよね!(笑)
月代を剃る髷も大概だわと思うけど、これは甲冑を被った時のムレ防止なので(※ホントです)、分かるっと言っちゃ分かる。
美豆良はあんな髪型にする必然性があったのかと思っちゃう。
ちなみにうなゐ髪(子供の髪型)は今でも余裕でできるので興味なし。
  
 にほんブログ村 歴史ブログへ 
2つのブログランキングに歴史ジャンルで参加しています。押して頂ければ更新の励みになります。
いつも拍手ありがとうございます

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その後 | TOP | #10 旅順総攻撃 »
最近の画像もっと見る

Related Topics