銀色徒然草

つれづれなるまゝに ただつれづれと

傷心の旅 やけ酒

2016-10-18 01:04:59 | お散歩
達郎さんの新宿ロフトのチケットが取れなかったので
傷心の旅に出てきました

高山です



高山祭りが日曜祭日と重なったので
ものすごく人が多い

2月に訪れた時に時間が無くて
列に並ぶのを諦めた飛騨牛のあぶりにぎりを食す



次は食べないでしょう

古い街並みをぷらぷらとしながら
相変わらずお酒の試飲をしたり
マジ呑みしたり



その後朝市をぶらぶら



海外からのお客様も多い
どうぞ日本でいい旅をしてください

飛騨牛の串焼きを買ってビール
あぶり焼きより串焼きの方が断然美味しかった

そろそろ屋台が出てくる頃だなと
参道に向かう途中で

なんとなく浜焼きのサザエを見ていたら
大阪弁のオッチャンに捕まって
気がついたら注文してたよ
すごいな大阪商人



そして高い

次々と観光客捕まえてくるオッチャン
恐るべし大阪商人
職業病で一日のあがりを計算してしまう

八幡宮の参道は引き出されてくる屋台と人で大混雑



もちろん人力で路地から出てくる

路地は電線とかあるからか
参道に出てからニョッキリと屋台が伸びる

私が写真を撮ろうとすると
必ずNHKのモコモコの音声マイクが邪魔するし
ポイント決めて撮ろうとしたら
後ろには各新聞社のカメラマン達が脚立に登っているので
私のポジショニングは間違っていないと
ちょっと嬉しくなるw



11基の屋台が参道に揃い踏み
新聞社と同じアングルだけど
あちらはプロだし脚立に乗っている



豪華絢爛匠の技を間近で鑑賞
どの屋台も誇らしげに堂々としている



ぽっかりと帰りを待つ屋台蔵


本当は夜の祭りも楽しみたかったけれど
それはまた今度ね




そして白川郷



2月に来た時は感じなかったけれど
横から見るとこの橋結構怖いかも



稲刈りも終わった白川郷
紅葉はまだだけど
少し色付いて秋の気配
冬が駆け足でやってくるよ

同じところから写真を撮ってみた

秋の白川郷


冬の白川郷



傷心の旅の〆にどぶろくを飲む



これ、ものすごく強烈だった
舌がビリビリしびれた
味よりもインパクトの強さに購入

朝から飲み続けの傷心の旅終了
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サロン | トップ | 時計 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL