女流会計士バンビの☆☆☆監査現場観察日記

おとぼけ女性会計士の綴る監査現場赤裸々事件簿の数々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第19話 会計士版「プラダを着た悪魔」

2007-03-05 13:31:51 | Weblog
日記@BlogRanking
↑バンビと同世代ブロガーの動向はこちらから!




こんにちは


今日は朝から突風が吹いてます!
東京の最高気温は20度越えるとかで・・・



もう春ですね


でも雪一度くらい都内でみたかった・・・・






さて、つづきです↓




「ヤブられた・・・・・・!!!??」





桃子先輩は苦虫を噛み潰したような表情で
小さくうなずいた




「・・・・なんでまた・・・・

そりゃひどすぎですよ


・・・・あたしは調書完成させる前に
いっつもパソコンの画面ミランダにチェックされているため、
破られるまでにはいたらない、
その前にゲームオーバーなのだ







「・・・・・借入金利息のオーバーオールを
間違えたんだよね


ほら、12月決算クライアントだから、入所して初めての
本決算だったのよ


中間監査では何回かオーバーオールやったけどさ、
中間の時は利息額を倍にするか平均借入残出すときに
13じゃなくて7でわらなきゃだめじゃない?


他のクライアントの中間監査のときつかったエクセルファイル、
そのままつかってね・・・・数式まちがってたわけ


しかも、そのクライアント、借入金残高が結構激しく動くから、
間違った数式でも、たまたま概算と実績が似通っちゃって、
そしたら、ほら、新人なんて、やったー、合ってた!
でおわりじゃん???」



あたしはこっくりうなずいた


きっと同じ立場だったらおなじことしたと思うから




「でさ、その調書プリンターで打ち出して
ミランダにレビューしてもらったの


そしたらいきなり怒鳴られた



何もわかってないじゃない


って


確かにそうだよ

確かにそうだったけど、あんまりじゃない??」







「・・・・・・それからどうなったんです?」




「・・・・で、その紙をやぶられたの


びっくりした


だって、先輩もクライアントの経理の人もいる前でやられたのよ」





「・・・・・・」






「気にしないって思ったけど、やっぱ我慢できなくなって


トイレいって泣いた


泣いて戻ったら、ミランダ、なんていったと思う?」






「・・・・・さあ。。。。きっと残酷なことでしょうね・・・」






「もう帰っていいって


あしたも来なくていいって」








「・・・・・・・・・



・・・帰ったんですか・・・・・??」










たぶんあたしだったら帰らない


帰れないだろう・・・・・・



でも桃子先輩はやっぱちがった








「もちろん帰ったわよ、

翌日も行かなかった


事務所の図書室で

一日ぼーっとしてね  


その日で現場おわりだったから、

もうそれっきり   


一年ぶりよ、あいつと一緒になるの」









今回ミランダと桃子先輩が一緒になったのは、
単なる偶然だ


ミランダは多分トニーさんを使いたかったのに、
たまたまその申請がとおらなくて
玉突き事故のように桃子先輩がここに入ったのだ





お互いその日程を見てどうおもったんだろう・・・・






「・・・・・ミランダ、桃子先輩と今日一緒になって
どう思ったんでしょうかね・・・・」



「・・・・なんとも思ってないよ


だってあの人、
下の人間育てる気なんてないもの






・・・・・たぶんそうなんだろう、っておもっていたことを
改めて人の口から聞くと、
なぜだろう、ショックが倍になる

あたしはただミランダのストレスのはけ口になるためだけに
この二週間耐えなきゃならないの・・・・??

体中の力が抜けそうだ・・・・・




そのときだ






さ、帰るわよ





「・・・・・・へ・・・・・?????

まだ5時・・・・・・・





「あいつの仕事なんてやる気になんない


やったふりしてりゃそれでいいのよ」





こういって桃子先輩はさっさとパソコンの電源を落とした





【おまけ】バンビ今日の格言~その42


平和は芸術の保母である。
byシェークスピア




人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆


























ジャンル:
職場
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みすず監査法人解体へ | トップ | 第20話 会計士版「プラダ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頑張って下さい!! (動画の村 RAITO)
2007-03-12 02:37:16
ふと、立ち寄りました。興味深い記事が多かったので、いろいろ参考にして読ませてもらいました。これからも時間があるときに伺えればと思います。応援しています。頑張って下さい!!。今回は、足跡だけつけさせて頂きました。良かったら、折り返しコメント頂けたら、嬉しいですね。それでは、また・・・
Unknown (CPA-AUDIT.com)
2007-03-13 02:26:07
大分ご無沙汰しております。11月位に一度お邪魔しましたが。

監査法人は相変わらずの体育会系体質のようですね。
もう10年は前の話ですが自分の合格同期もやはり目前でWP破られたらしくブチ切れ状態でした。

つい先日の会長通牒は若手ないし受験生のモチベーション維持を意識していたみたいですね。
http://www.jicpa.or.jp/about_the_jicpa/jicpa-topics/20070308-1-joint.html

規制強化で現場もより一層殺伐とした様相になる予感もなきにしもですが,頑張ってくださいませ。
Unknown (いぷしろん でるた)
2007-03-17 10:49:39
バンビさん、お久しぶりです。
ミランダ上司と桃子先輩のお話楽しみにしています。
短答まであと2ヶ月、当方も願書の提出が終わり、
受験票の到着を待つのみとなりました。勉強時間の
ほとんどを短答の科目に費やしております。ちなみに
租税法はぼちぼち、選択科目(統計)はほとんど手付かず。それもそのはず、大学では会計とは何の縁もない学科・専攻だった(入学直後から「いぷしろん でるた」論法にどっぷり浸かる所)のですべてが1からのスタート。
一昨年は全科目ほとんど歯が立たず、去年は簿記全般・管理会計の後半・監査の前半の問題で足を引っ張る状態でした。ここにきて、ようやく過去問に落ち着いて取り組めるようになった(受験予備校が「必ず正解すべき」といった問題について確実に正解が出せるようになった)ところです。今年こそ、めでたく「3度目の正直」になるように。
でも、不思議なことに、受験予備校の短答答練の問題には確信を持って正解が出せる問題が少ないのです。こんなことって、よくあることなのでしょうか。
Unknown (バンビ)
2007-03-18 14:57:34
動画の村RAITOさん

はじめまして!RAITOさんのページにもお邪魔しました・・・。コメントもつけさせていただこうかと思います。これからもちょくちょく遊びにきてくださいね!

CPA-AUDIT.comさん


こんにちは!バンビは一方的にCPA-AUDITさんのページにブックマークさせていただいてます・・・。上のおじさんと下のスタッフの意識があまりに違いすぎて、監査離れが進む今日この頃ですが・・・。もう少しバンビはがんばってみようかと思います・・・。



いぷしろんさん


もう願書提出の季節なのですか!!??はやいなあ・・・あれ???あたしのころは4月とかだったような気が・・・・・・????バンビも短答はあまり得意ではなかったので、かなりナーバスになっていた記憶があります。専門学校ごとに独特ないいまわしがあったりするので、自分の通っている専門学校以外の問題だと急に解けなくなったりもするし、それと同様に専門学校のいいまわしと本試験の言い回しが違ったりもするので(そもそも難易度が予備校の問題のが難しいことも多い)、解いていてあれ?と思うことは多いと思いますが、バンビはとにかく多くの問題にあたって慣れるようにしましたし(そうすると開眼することも多い)自信のなかった問題については解説をよく読みました。短答は結局日本語のトリックで失敗することが多いので、どこが引っ掛けポイントなのか(深読みは厳禁!!)落ち着いて取り組むことが重要だと思います。自習のときも時間をきちんと計って解く練習も必要かなあと思います。・・・ってちょっとえらそうですが。。。体に気をつけてがんばってください!!



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。