女流会計士バンビの☆☆☆監査現場観察日記

おとぼけ女性会計士の綴る監査現場赤裸々事件簿の数々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第37話 会計士版「プラダを着た悪魔」

2008-07-24 21:51:22 | Weblog

人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆








こんにちは


真夏のスーツほどつらいものはありませんね・・・

今年も37度とかバシバシ越えちゃうんでしょうか・・・・・

水分補給をしっかりしましょう




さて続きです







「森野さんには
現預金 借入金 その他流動、固定資産負債
販売管理費 営業外あと製造原価の中身をみてもらいます」




会社につくと野田氏はつらつらとあたしに指示出しをした


「は、はい…」




ちゃんとした理由はないんだけど
なんとなく目をあわせるのが嫌で
下をむきながら返事をした



六畳程度の、さほどひろくもない窓のない会議室に通され
あたしたちは向かいあって座った




先週までのミランダの会社の会議室は、
さすが株式公開をめざしている最中とあって
無駄に広く天井のたかいシャンデリアのついた会議室で、
イケイケなかんじだったけど今回は違う



白を基調とした、真面目な会社の真面目な会議室だった






…だからこそ
ごくごく普通の蛍光灯の下で輝く
野田氏の髪の薄い頭頂部は笑いをさそうものがあった






人って気になるものに無意識にめがいくものでしょう…?





あたしは心に誓った




絶対野田氏の頭は見ない、


見たら危険だと







・・・先週とは別の意味で苦痛な現場の始まりだ




人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第36話 会計士版「プラダを着た悪魔」

2008-07-22 23:13:26 | Weblog
人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆






こんにちは


梅雨があけました

また暑い夏の始まりです

受験生のみなさん、身体にきをつけて
ラストスパートがんばってください




あたしも四半期やらソックスやらがんばりたいと思います



さてプラダです


野田氏とのエピソードは
周囲の人間にとっては熱いネタのようで
反響が大きいです







会社までの道のりを野田氏と歩く


野田氏は身長165センチ程度のまるぽちゃ体型

… なのに 予想を上回るほどに歩くスピードがはやかった


「今日の会社は~ ●●の子会社で~
証取法監査じゃないし~
さくっといけるとおもいます…」





早い、歩くの早いってば!





「会社までちょっとあるくんだけど明日からは一応会社集合で…」




…おい ちょっとはこっちきにかけろよ
十メートルくらい間あいただろうが!


「それからあ・・・・」




はなれすぎてあんたの声も聞こえないっつーの!



横断歩道の信号待ちで
やっと彼はあたしがえらく後ろから
ゼイゼイしながらやってくるのに気付いた




「…あ、すみません」


薄い髪ののっかった頭をポリポリかきながら野田氏は言った。


「…いえ、こちらこそ… 」



季節は枯葉まいちる秋
まもなく冬



なのにあたしはたかが通勤で軽く汗をかいていた





人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆


【おまけ】バンビ今日の格言~その53
君の心の庭に忍耐を植えよ、その草は苦くともその実は甘い。
byオースティン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第35話 会計士版「プラダを着た悪魔」

2008-07-07 22:16:18 | Weblog
人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆







…どうして上司と駅で待ち合わせする時は
いつもいつも波乱含みなんだろう…



目の前の幸薄げなおっちゃんの携帯の着信音は
LOVE2000



2000年が過ぎ早数ヶ月



でもこのおっちゃんの着信音は
まだ2000年問題とシドニー五輪をひきずっていた



「……」




あたしはこの目のまえのおっちゃんが
例の野田氏であるとの確信をいだいていた




「あっああっ」




なりひびく携帯に不器用に反応し
あわてて電話に出る野田氏









「も…もしもし…野田です…」


その声がステレオになってあたしの耳に響いた


左耳から生声
右耳からあたしの携帯受話器越しの声





「…森野です よろしくお願いします…」




声を絞りだして言ったあたしは
しずかに電話を切った




しばらく二人みつめあった…


「男性上司と二人きりの現場こそ恋のチャンス」


あたまに響いた同期の裕子のセリフが
あたまの中で最後に一回虚しく響いて
そのまま耳鳴りに変化した…




「みのがさないで」


という桃子先輩の言葉を思い出した




みのがすだろう、普通…



これじゃコントじゃん…







また新しい現場がはじまる…




人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第34話 会計士版「プラダを着た悪魔」

2008-06-28 14:47:10 | Weblog
人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆




こんにちは


久々のプラダです

ミランダの現場を離れて別の上司との仕事のエピソードを
少しおはなししたいと思います










「来週は表参道の地下鉄の改札をでたところで
十時にまちあわせましょう
出来れば目印に監査法人の紙袋をもっていていてください」




こちらから次週の現場の集合場所を問い合わせる前に
几帳面なメールが野田と名乗る男性からやってきたのは
あたしがミランダから兵糧攻めにあっていたあの日だった



普段のあたしだったら、
こんな親切にしてくれる上司は
きっといい人にちがいないと思うとこだけど
幾分精神がやられていたため、
この几帳面さ、逆に危険…と警戒指数を若干高めに設定しておく



桃子先輩に一応野田氏の基本情報を得ようと聞くと

「ミランダと同期だよ… うん、そうね、
やな人ではないけど…みのがさないで」


やな人ではない、の言葉にほっとしただけで
一番最後の意味深なセリフと
桃子先輩の含み笑いはうっかり見逃した



あたしは定刻より早めに表参道に着き
監査法人の紙袋をぶらさげて野田氏を待った



クライアントが小さいせいか
これから先3日間は野田氏と二人だけで現場を回すことになっていた




…それにしても何もできないあたしがいたって
ホント足手まといなだけだよな…
実質は野田さんが一人でやるんだ
すまぬ、野田さん…




しかし同時に同期の裕子の言葉を思い出す




「男性上司と二人きりで働く時こそ
恋が芽生えるチャンスなのだ」、と。






この業界は上にいけばいくほど忙しさが増し
仕事に邁進しているうちに婚期を逃す男性は多い
そんな大人で安定収入のある人こそ結婚相手にぴったりなのだ、と




いやいやあたしにはえーじが…


そんなバカなことを思ううちに十時を回った

ミランダ現場の教訓
「定刻になっても上司があらわれなかったら電話する」



すかさず野田氏の携帯に発信したときだった




「…あのぅ…ちょっとうかがいたいんですが…」



目の前に小柄で丸ぽちゃで毛のうす~い男性が気弱な感じで
こちらの様子をうかがっている

…きっとおじさんは表参道で迷子になったのだな
でもあたしもそこまで表参道に明るくはないんだけど…

道をきかれるんだろうとあたしは身構えたその瞬間
その男性のもっていた携帯が勢いよく鳴った


そう、あたしの携帯から発信した電波を受信したんだ


【おまけ】バンビ今日の格言~その52

よいニュースはつねに遅れてくる。悪いニュースはつねに早くきすぎる。
byボーデンシュテット

 



人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

おひさしぶりです・・・。

2008-05-30 21:30:32 | Weblog
人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆




いつも読んでくれてアリガトウございます


なんだかんだでまた決算でした…。
みなさん元気にのりきりましたか


あたしは旧試験制度の人間なので
試験の話となるとだんだんうとくなってきてしまっていますが
受験生のみなさんもタントウおわったとかで
エンジンフルにかけてがんばってくださいね


この冬にはいってきた新人さんも
12月決算3月決算を経験すれば
もうイッパシの会計士扱いされますからしっかりね


四月からいよいよ四半期とSOXが全面導入ですから
監査法人はほんとに猫の手も借りたい状態なんです

でこの前大幅に合格者が増えたわけですが…


でも辛い・・・・・・



あたしと新人三人とで現場に行っても幼稚園状態なんですね…

もってかえってきちゃいけない原本事務所にもってきちゃったり
せっかく作ったクライアントに渡す資料十部シュレッダーしちゃったり
でも森野は自分のダメダメだった時代を思い起こし次絶対気を付けて、
としか言えず裏でトイレの壁を蹴ることもしばしばなんです(暗い)



今まで監査に従事してる人口ってのは日本に一万人前後といわれていましたが
去年の試験で2000人超の新人がはいってきたことで
業界のピラミッドは完全に歪になりました

今後どうなるかわからないけど
特にあたしのような非力な女性会計士は
結婚出産後の身の上振り方が難しくなってくるかなと思います



結婚しても今のままだと思うけど…
子供が産まれたら…
周囲のお母さん会計士見てて
あたしにあのバイタリティがあるかどうかわかりません


最近は女性会計士が結婚出産を機に監査法人辞めちゃうのを阻止するため
手を変え品を変え色んな策を講じてるけど
そこまでしても人を留めておかないと組織が回らない時点で
管理職になっちゃったらいくら
時間短縮労働とか残業無し労働と言っても
子育てしながらじゃ楽はできないよなと思います…



うーん 森野もかんがえどきかしら…て
毎年思いつつ今年も繁忙期終了です


来年もテンションあげられるかな~(汗)



さてプラダですが、そろそろ繁忙期も終ったし再開です


またよろしくお願いします
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

第33話 会計士版「プラダを着た悪魔」

2008-03-14 01:02:16 | Weblog



人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆



こんにちは


時間あいちゃいましたが、、、
予告通り長かった現場、終了










「…?? 」



あたしはきょとん顔で鬼上司を見つめていた




会議室には西日がまっすぐ差し込み
あたしは自分のタイムリミットが近いことを感覚で理解した





「最近新人の数が増えてきて
上が下の面倒をみきれないからなのか、
社会性のない若者がふえているのかしりませんが
勝手な判断でこれはあってる、これはあってないと
クライアントに伝えてしまう新人がふえてきているように思います



でも監査は長年の経験とそのクライアントに対する知識が
ものをいう部分が大きいので本来新人が判断できる部分なんて
仮に一円単位のはなしでもないはずなんです



そのために先輩が近くにいるのです


だから監査はチームでやるのです」




・・・・・・




この上司はそんなヘビーな哲学を凡人のあたしに伝えるために
2週間あばれまくったというのか…




「・・・・・・」




「ちゃんと監査できたじゃない」

淡々とミランダが言った






いつもならなんとなく腹がたつところだけど
それどころじゃないくらいあたしは憔悴しきっていた




あたしは鬼上司を見つめた
この人の顔をこんなにまともに見たのははじめてだ

だまってれば結構美人風なのにな…
だからなんだってわけでもないんだけど…
つかれた…
早く帰りたい…



だんだんあたしは自分の意識がとおのくような感覚におそわれた




「…おい、会社の人にも一応わかってもらえたんだし、
フォローは俺らに任せて早く調書だけ作って補習所いきなよ」


トニー先輩に諭されこっくりうなずくあたし

終わる、この悪魔のような2週間が終るんだ

最後のノウミソを振り絞って調書を書きあげ荷物をまとめた



五時半 ちょうどいい時間になっていた





「…では、補習所なので今日はお先にしつれいします






…2週間ありがとうございました」





鬼上司に向かい深々とお辞儀した



有終の美をかざれたじゃないか


さらば鬼上司




くるり振り返りドアに向かうあたしに鬼上司が言った



「森田さん、この前のお昼のマクドナルド、立替経費請求しなさい」




「…??」



あたしの名前は森野だけど…
自腹を切ったマックはたったの500円で自腹も仕方ないと思ってたけど…





でも、これがもしミランダなりの労いの言葉なら…






「ありがとうございます!!」



この2週間であたしは初めて彼女に笑顔を見せた
…彼女は相変わらず顔の筋肉をピクリともさせなかったけど…







外に出ると風が心地よかった まるであたしを祝福してるような…





会社を後にし、地下鉄の階段を足早に下りる




手荷物は
監査小六法
ノートパソコン
筆記用具
飲みかけのペットボトル
もってるだけの税務ハンドブック


五キロ超の肩に食い込む鞄の重さも今日は気にならない






あたしは軽快に地下鉄に飛び乗り地獄のような2週間に別れを告げた





人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆




コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

第32話 会計士版「プラダを着た悪魔」

2008-01-16 23:05:07 | Weblog
人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆





こんにちは

急にここんとこ寒いですが。。。。
風邪にきをつけて!!!




桃子先輩が言う
「…森野さん、大丈夫?」



あたしはこの2週間で何回目かの「泣きたいウェーブ」に
やられていた





「わかっていますよ、
自分がわけわかってないってことくらいよくわかってます



でもあたしの考えはこうです

コミットメント関連の条文があります

これを類推すればアレンジャーフィーは
シンジケートローン開始の会計期間に一括費用でおとして
もういっこはシンジケートローン借入期間全体にわたって
期間配分するのが正解なんだと思います


でも会社の方は今全額費用計上しちゃってます


あたしはそれはまちがってると思うけど
あたしは新人ですから強い口調で会社に直してなんて言えません

自分の考えがあってるかもわからないのに
そんなこと言えません


…どうしたらいいんですか?」



うかつにもサムライおじさんがいることはすっかりわすれていた


何かにせかされるように息継ぎなしで一気にまくしたてた


耳まで真っ赤だった


もうプレッシャーにおしつぶされそうだった






こんな怖い思いするために会計士になったんじゃない
こんな情けない思いするために会計士になったんじゃない







ミランダが静かに口をひらいた

「言いたいことはそれだけかしら」


「………」



沈黙が続く


この人は取り乱す新人を見てあざわらってるんだ

どSだよ、どS!!!!




「お…俺はあってると思うぞ
金額がちっちゃかったり他になんか特殊な事情があれば
他の処理もあるかと思うけどお前の考えでいいと思うぞ」

「…わたしも…」


先輩方二名がおずおずと言う

「…じ…じゃ直しますよ…
つまり当期の費用が少なくなるんですよね、
うちとしても今期の利益が増えるならそれにこしたことはないし…」

嫌な場所にいあわせたといわんばかりの顔のサムライおじさんは
そのまま部屋から去っていった


ちょっと正気に戻ったあたしは
ちょこんと席につきゴホンとせきばらいをした


はずかしさが更にこみあがってくる



そのつぎにミランダの口からなぞな発言が飛び出した






「どう?これが監査よ」



次号いよいよ2週間の戦いに幕
人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆



【おまけ】バンビ今日の格言~その51

人間は、考えることが少ないほど余計に喋る。
byモンテスキュー(フランス)

 





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

あけました…!

2008-01-03 17:11:17 | Weblog
今年もよろしくオネガイイタシマス。
更新スピードの遅い森野バンビをお許しくださいませ…。
今年一年がミナサマにとり素晴らしいものとなりますように☆
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第31話 会計士版「プラダを着た悪魔」

2007-11-23 15:49:22 | Weblog
人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆






こんにちは


お久しぶりです


森野、繁忙期をかけぬけました


さてさて続きです・・・。



「…結論だけ先にくれないかなあ 具体的な数字はあとでいいからさ」


「森野さん急いで」

サムライおじさんとミランダの言葉が頭にガンガン突き刺さる

止めて止めてくれ~ は…吐きそう…(x_x;)

グラグラきた視界にはいってきたコミットメントの条文…





「ツマリ…ツマリデスネ…


これは二つの手数料の性質の違いで…


アレンジャーフィーは
その名の通りシンジケート団を組成するのにかかったある意味初期費用で


もういっこはシンジケート借入期間全体にかかる運営コストです…」





だめ…だめ~自分でなにいってるかわけわかんね~吐く~



桃子先輩の眉がつりあがった
トニー先輩が小声で叫ぶ「がんばれ」





「で、会社の処理は○なの、×なの」



ミランダが突然声をあらだてた

わかってる



この人は結論を先に伝えた上で詳細をつたえないと議論にならない人だ





でも突然の大声にとうとうあたしの限界値を超えたんだと思う




すっと立ち上がってあたしはシロハタをふったんだ




「…わかりませんよ、正解なんて」
震える声で言った



現場がこおりついた



人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第30話 会計士版「プラダを着た悪魔」

2007-10-04 13:25:02 | Weblog
人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆










こんにちは

今日はやっと薄日が差しています

普通十月ってこんなもんですよね~??

先週末は寒すぎて、暖房いれてしまった・・・

先々週は冷房いれてたのに


季節の変わり目、身体には気をつけてがんばりましょう








この日あたしは入所して初めて監査小六法を広げた・・・




…しんじられね~


って声もきこえてきそうですが…


よほど知識欲が旺盛だったり
よほどうっかりたいそうハイレベルな仕事ふられたり
いきなり表示チェックさせられたりしない限り
最初の一ヶ月、六法使うような機会はないでしょ?
(え??やっぱだめ・・・??)



おめあては金融商品関連

シンジケートなんちゃらかの規程があると信じて…



しかし…ない…(?д?)




シンジケートなんちゃらに関する条文は、



ない





こいつは困った…


時計をみる


三時をすぎていた


これはまずい

補習所行くには五時すぎにはかたづけはじめなきゃ…



そこに侍おじさんがブゼンとして登場した




「…なんか…シンジケートまちがってるかもしれないってきいたんですけど…

まちがってるんですかね?」


ミランダにむかっていう




げっ…… まちがってるなんていってないじゃない
水野さん 余計な伝言ゲームしないでよ…




ミランダが冷ややかにいった

「…森野さん まちがってるの?」



「…ひっっ」

沈黙が流れる

「ちょっと時間ください」
「とはいえあなた、あと少しで補習所でしょう」



わかってるよ、そんなこと



困った

あたしはあわてて六法をめくりまくった

シンジケート シンジケート
カタカナだから目につくはずなのに…!


ない ない ない!


…ん… あった!



いや、ちがう あたしがさがしてるのは
コミットメントじゃなくて…


ん?コミットメント?







・・・まさに神降臨の瞬間だった





たまたまこころに引っかかったコミットメントラインの条項が

あたしを救う





【おまけ】バンビ今日の格言~その50


奇跡を期待しなさい。しかしそれだけに頼らないこと
by『タムルード』


人気blogランキングへ


↑続きが気になる方、応援クリックお願いします!!☆



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加