ゆきなりKAGURA写真館

神楽の館にようこそ♪
当写真館に掲載している画像の無断使用、転載等は一切お断り致します。
。☆・:*:・ユッキ-。☆

石見神代神楽上府(かみこう)社中「黒塚」②

2006-07-31 | 神楽団名[か行]




上府社中さんちの玉藻前は、ホンマに可愛いって感じがしますねぇ
髪も茶髪。。。
こちらのケツネの面は相当古いらしいとのことですが
石見神楽のファンなら、一目で上府さんだと分かります
次回は分かり易い画像を掲載したいと思ってますので、ちょいお待ちを



ランキングに参加中でっす  ポッチと…☆ヽ(▽⌒*)よろしくぅ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美しい御方・・【15】

2006-07-30 | 美しい御方




6月に開催された“舞遊伝(ぶゆうでん)”から・・
安芸組(下河内神楽団、高猿神楽団、広森神楽団)合同の「紅葉狩」です
所在地が離ればなれなので、実際に合同で練習出来たのは数回だったようですが
さすが神楽大好きな若者たち…息の合わせ方もサスガでしたぁ




ランキングに参加中です  ポチッと…(=´ー`)ノ ヨロシク 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小枝神楽団「大江山」

2006-07-29 | 神楽団名[か行]





本日は、先日開催された“芸北神楽競演大会”の舞台からです
大朝町の小枝神楽団さんです

こちらの源頼光さん・・まず存在感あるオヒゲにビックリ
オヒゲの舞手さんは珍しいので、つい見入ってしまいました
でも武士(もののふ)らしい感じで、お似合いでしたよ~



ランキングに参加中です  ポチッと…☆ヽ(▽⌒*)よろしくぅ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

美しい御方・・【14】

2006-07-28 | 美しい御方




美しい御方です~~~お久しぶりざます
オマケにチョーひさしぶりの男役。。
横田神楽団さんの「滝夜叉姫」から『夜叉丸』のT本さんです

リクエストにお応え致しましたァ~~~~~~みっけたよォ



ランキングに参加中です  ポッチと…(@^-゜@)v ヨロシク 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

龍南神楽団「大江山」④

2006-07-27 | 神楽団名[ら行]




先日開催された“芸北神楽競演大会”からの画像です
結果は残念でしたが、久しぶりに墨染めの衣・・カッコイイ!
まだまだ暑さタップリ残る時間での出場は大変でしたね~
次回こそ頑張って下さい



ランキングに参加中でっす  ポチッと…☆ヽ(▽⌒*)よろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

業務連絡~(7/27)

2006-07-27 | いろいろ。。
 
7月24日掲載のあさひが丘神楽団さん・・
画像が交代&追加しましたので、☆ヽ(▽⌒*)よろしく~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中川戸神楽団「板蓋宮(いたぶきのみや)」

2006-07-26 | 神楽団名[な行]




久しぶりに中川戸神楽団さんです
そして初掲載の演目は「板蓋宮」…(いたぶきのみや)と読みまする
ちょいとリクエストって感じで掲載ィ~~~


某プログラムより。。

   7世紀に入ると、反乱や豪族同士の争いが多くなり、中でも蘇我氏が物部氏を滅ぼすと、
   その勢力は朝廷と並ぶほど強大なものとなった。 
   特に聖徳太子の在世中は朝廷に協力的だった蘇我氏も、太子が亡くなると
   政治の実権を握り、横暴さを増し、あたり一円を思うままにして民を苦しめていた。
   その中心人物が『蘇我入鹿』である。
   そして、蘇我一族の横暴を阻止するために立ち上がった『中大兄皇子』(後の天智天皇)
   『中臣鎌足』(後の藤原鎌足)は力を合わせて入鹿を討つ事に成功する。
   その舞台となったのが〔飛鳥・板蓋宮大極殿〕と言われている。





ランキングに参加中でっす  ポチャッと…(=´ー`)ノ ヨロシク 
   

   
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

高野神楽団「七代(ななよ)」

2006-07-25 | 神楽団名[た行]
 



昨日に引き続いて“芸北神楽競演大会”の舞台から…
今回、初見の演目「七代」です



   『伊邪那岐命』と『伊邪那美命』の舞






当日のプログラムから・・

     天と地、仰ぐ空も大地も無い時代、天土の境は無く、漂い渦巻く世界だった大和の国、
     日本の大地が生まれる時、神々の織り重ねられた物語である。
     国造りの元を造る神々の中に、天上七代にあたる『伊邪那岐命』、『伊邪那美命』は
     天の沼矛を持ち、天の浮船から矛をさし降ろし、かき回し、沼矛に付いた滴りは少しずつ固まり、
     島々が造られ日本誕生である。
     神々は喜び湧いたが、大原の底に棲む悪鬼たちは戦いを挑んでくる。





ランキングに参加中でっす  ポチポチッと…(=´ー`)ノ ヨロシク 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あさひが丘神楽団「源頼政鵺退治」③

2006-07-24 | 神楽団名[あ行]
昨日に引き続いて“芸北神楽競演大会”の舞台から…
準優勝された、あさひが丘神楽団さんです



こちら、舞の部でも個人賞も受賞されました
この画像で『鵺』を舞ってる(小田徹也さん)です
若い舞手さんの多い神楽団さん。。これからも頑張って下さいね




 7月27日、画像が交代&追加しました





ランキングに参加中でっす  ポチャッと...(=´ー`)ノ ヨロシク 



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

田尾組神楽団「塵倫」

2006-07-23 | 神楽団名[た行]




昨日、芸北オークガーデンふれあい広場で開催された・・
“第17回芸北神楽競演大会”からの画像です。
 

神楽ファンの願い叶って、前日までの雨も上がって絶好の大会日和になりました~
広い会場はほぼ満席状態。。蒸し暑い中、熱い舞を見せて頂きました
食バザーも種類豊富でお祭り気分もタップリ!楽しかったですよォ




審査結果です
   
   優勝    田尾組神楽団   「塵倫」
   準優勝   あさひが丘神楽団 「源頼政鵺退治」

   個人賞・舞の部   小田徹也さん(あさひが丘神楽団) 『鬼』
        奏楽の部  入澤敏貴さん(田尾組神楽団)  『大太鼓』


                               皆さま、おめでとうございました




ランキングに参加中でっす  ポチッと...(@^-゜@)v ヨロシク  





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

松原神楽社中「十羅刹女」⑦

2006-07-22 | 神楽団名[ま行]




梅雨明けが待ち遠しいですね~~~

石見神楽は早々と夜明け舞のシーズンに入ってます
広島では地域との関係で滅多に開催されませんね。。
でも浜田地方ではマダマダ・・・
東の空が明るくなるまで、ドドンチッチドンチッチ
完全に夜が明けてもドンチッチ
今夜もアチコチでやってますよ~~
元気のある方は(/*⌒-⌒)o レッツゴー♪
でも道中は十分に気を付けて下さいね (眠くなったら一休みですよ~)


この画像の松原神楽社中さんも三隅町の福浦神社で21時からドンチッチ
  詳しくはHPにどうぞ




 ランキングに参加しとります  ←ポンッと...★⌒(@^-゜@)v ヨロシク♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

横田神楽団「筑波山」②

2006-07-21 | 神楽団名[や行]




早くも週末がやってきましたね~~
東西南北・・競演大会に、奉納神楽に、夜神楽、定演......目白押しィ
ちょっとお天気が心配ですが。。。p(´∇`)q ファイトォ~♪


本日の画像は、明日の芸北神楽競演大会に特出される横田神楽団さんの「筑波山」です

ストーリーは5月5日のページをご覧下さ~い




ランキングに参加中なんです  ポチッと...☆ヽ(▽⌒*)よろしくぅ♪
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

亀山神楽社中「神迎」

2006-07-20 | 神楽団名[か行]





『四季や四季、四季の草木おもしろし、南は夏の色にして、
 前朱雀(ぜんしゅじゃく)とも申すなり、迦具土(かぐつち)の命とて、
 火徳(かとく)すでに現われて、澤辺(さわべ)涼しき菖蒲草(あやめぐさ)、
 御裳裾川(みもすそがわ)の流れとや、千早ふる』


梅雨明けは未だですかね~~~。。待ち遠しい今日この頃




ランキングに参加中です  ポチャッ と...(=´ー`)ノ ヨロシク 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

広森神楽団「伊吹山」②

2006-07-19 | 神楽団名[は行]






石見安芸交流神楽“舞遊伝(ぶゆうでん)”の舞台からです


    『西を討ち また東(ひんがし)出でませる

                       御心中(うち)は 如何にましけん』


日本武尊(やまとたける)最期の物語です
  ストーリーは6月29日のページをご覧くださいね





ランキングに参加中です  ペチッと…(=´ー`)ノ ヨロシク 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

後野神楽社中「黒塚」

2006-07-18 | 神楽団名[あ行]






どうやら後野さんちの「黒塚」の掲載は初めてみたいです
こちらの玉藻前は4回ほど面を変えられるんですが
それぞれに、玉藻前の心情的な流れが感じられて興味深いです
追々ご紹介していきたいと思いま~す




ランキングに参加中だす  ポチャッと…(=´ー`)ノ ヨロシク 
 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加