goo

杉山清貴 here & there ソロアルバム0004

さて、ソロアルバム4枚目。1989年5月17日発売の here & there です。
(前作のkona weatherのあと、DJスペシャルとライヴ盤が出ていますんで、通算では6枚目となりますか。)
ルークが参加しているので、これを聴いてしまうと封印を破ってしまうことになりますが、仕方ない。


こちら↓↓↓はソロデビュー30周年の今年、2016年にデジタルリマスタリングされ、ボーナストラックも1曲追加されたものです(持ってない)

here & there(デジタル・リマスター)
クリエーター情報なし
ワーナーミュージック・ジャパン


音が良くなっているリマスター盤も大絶賛されているのでそそられるのですが、、、、
杉山さん曰く、すべてが抑えられてお利口さんにはなっているけど聴きやすいらしい。
そんなこと言われると、聞き比べたくもなるけども、、、でも買ってないんだな、これが。すんません。





私が所持しているのはこっち、昔出たほうです
here&there
クリエーター情報なし
バップ

初回生産版だったので、箱入り、あとはブックレットも豪華でした。


here & there  杉山清貴 ソロアルバム4作目

ブックレットの中身は載せませんが、写真のページは2枚。(それぞれ表紙、裏表紙の裏っかわのところ)それから各楽曲ごとに1ページ、歌詞とレコーディングメンバー詳細が載っています。



その前の3枚が初期三部作としたら、これはまためっちゃ変わった、、気がします。

このhere and there と 次の sprinkle は音楽的な完成度が非常に高く、ソロデビュー初期の最高傑作だと思います。

確か杉山さんが30代になる前、、28,9歳くらいの頃、いや、もう29歳になってた頃かなー、ラジオなどで「30歳、30代ってのは変わらないと」とよく言っていました。



これを買った頃は、今のようなネットで情報を、というものはありませんでした。
(それに近いというと、キャプテンシステムかなあ。でもそれを使うために市役所に行くのもなあ、、、て感じだったなあ)

音楽情報を得るためには、雑誌、ファンクラブ情報、レコード・楽器屋さんのチラシとか情報誌、そんなもん。
だからですね、そのころ高3か、定期購読していたのは週間FMとGBだね。明星はもう買ってなかったな。あとはロック系とかの洋楽雑誌は好きなアーティストが載っているときは買ってたし、ロック系は友達のボン・ジョヴィ子が買ってたから借りてたんだっけ。

そんな中で。杉山さんはけっこうラジオに出ているものの、そしてシングルヒットも多かったからテレビにも出ているものの。
今みたいに「ツアー中です」「レコーディングしています」その合間に夜ヒットです、、、とか、リアルタイムにはわからんのですよ。

だから3枚目のあと、コンサートやってるのはわかっていても(現にそのコンサートにも行ってるし)、そして杉山さん情報がかなり満載だったGBを読んでいても。
here & there が出るまではけっこう待ったし、何をやっているのか、謎だった。
初期の3部作は割と「何をやってるのか」「何を目指しているのか」が明確だったほうだけども、here & there は全然わかんなかったのですね。
(とりあえず、このころの杉山さんは、ハワイにはまっていて、あとは波乗りに夢中になり、海っ子海ぞうになり始めたんだな、ということだけは伝わっておりました。本人がそれ、ことあるごとに言ってたから)


だから。
アルバムを手に入れて。(シングルも同時発売だったのですよ)
トム・キーンと一緒に仕事をしていたとは予測不可能でした。
「え??????あの、キーン兄弟の?????」ってびっくらこよ。さらに、、、参加ミュージシャンがとんでもないことになっていて。ぎゃひー!なんてことー!!!!

いや、ちゃんと知ってる人は知っていたんだろうけども、しょせんこちらは高校生。バイトと部活と受験と弟妹の世話、あとはやたらとラジオと眠るのが大好きで。小さな世界におりましたからね。
わかりませんよ、作っているアルバムがそんなことになってるなんて!!!!!


音楽を聴いている楽しみのひとつに、自分の好きなアーティストのアルバムやシングルに、これまた自分が好きな人が参加していると単純に「うれしい!!!」ってなることがあると思います。
杉山さんの場合、それは大津あきらさんだったり、小田さん、トミー・スナイダー、リンダ・ヘンリック、芳野さん、茂さん、などなどなんですけども。

そこに激LOVEのL.Aミュージシャンズが大勢かかわってくるなんてー、なんていうか、わたしにとっては盆と正月がいっぺんに来たような、、、、
当時のバイト先の店長から、お年玉を「1万円」もらった時のような、、、(いくらバブリーな時代だったからって、高校生バイトに1万円ってのはすごかったと思う。たぶん店長は酔っぱらっていたんだろう。)
信じがたい夢のような出来事でした。
とにかくウェストコースト系やAORが大好きな人間にとっては鼻血レベルの人ばかりが参加しているのです。



ところでこのアルバムでは11曲中10曲という、ほとんどすべてのアレンジを新川博さんが手がけています。当時は「1986オメガの音作りにかかわった新川さんが杉山さんのソロも!」みたいな感じで言われておりました。
(ちなみに私が好きな新川さんの作品は、なんといっても小林麻美の「雨音はショパンのしらべ」中原めいこ「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね」薬師丸ひろ子「天に星、地に花」あ、女の人ばっかだな。早見優のも好きだったなー。あ、あとは高中さんの渚モデラートとかも大好きです)

produced and ALL songs written by KIYOTAKA SUGIYAMA
All songs arranged by HIROSHI SHINKAWA except "HOME TOWN"
"HOME TOWN" arranged by JEREMY LUBBOCK

#01. ROCK ISLANDS ロック・アイランズ
作詞:田口俊

Drums John Robinson
Keyboards Tom Keane
Bass John Pierce
Guitar Michael Landau
Guitar solo Steve Lukather
Synth Hiroshi Shinkawa
Tp Jerry Hey, Gary Grant
Tb Bill Reichenbach
Sax Larry Williams
Background Vocals Peter Beckett, Steve Kipner


ダイドースポエネのCM曲でした。
この曲もkona Windのように、みなさんのおしゃべりの声が冒頭に入っています。
これはねえ、ギターもコーラスもいいんですけども、やっぱし、ホーンズがいるって、スバラシー
ほんで素敵ベースさんにもうっとり。

#02. リトル・トーキョー
作詞:田口俊

Drums John Robinson
Keyboards Tom Keane
Bass John Pierce
Guitar Paul Jackson Jr.
Harmonica Tommy Morgan
Tp1 Gary Grant
Tp2 Jerry Hey
Tb Bill Reichenbach
T.sax Dan Higgins
Synth Hiroshi Shinkawa
Background Vocals Tom Keane, Timothy B. Schmit, Tommy Funderburk

これはちっとブルージーで大好きです。
いいなあ、ベースがなあ、、たまんないよなあ。


#03. MY GIRL マイ・ガール
作詞:杉山清貴

Drums John Robinson
Keyboards Tom Keane
Bass John Pierce
Guitar Michael Landau
Harmonica Tommy Morgan
Synth Hiroshi Shinkawa
Background Vocals Yasuhiro Kido, Kiyoshi Hiyama

杉山さんが「詞も書きたくなった」という曲
これはシングルプリズムレインに包まれてのカップリングでした。
ハーモニカソロが素敵ですよ。



#04. 君に逢いたい
作詞:青木久美子

Drums John Robinson
Keyboards Tom Keane
Bass John Pierce
Guitar Paul Jackson Jr.
Sax David Boruff
Tp1 Gary Grant
Tp2 Jerry Hey
Tb Bill Reichenbach
T.sax Dan Higgins
Background Vocals Peter Beckett, Steve Kipner

私はこの曲の音階の上下が大好きですねー。
気持ちいいですねー。
ほんでもって、青木さん節。
過去と書いてあと、未来と書いてさき、瞳とかいてめ、と読む。そしてアイランドは孤島でございます。杉山メロハーにはやはり青木さんの言語センスがよくはまります。




#05. STOMY NIGHTの向こう側
作詞:田口俊

Drums John Robinson
Keyboards Tom Keane
Bass John Pierce
Guitar Steve Lukather
Tp Jerry Hey, Gary Grant
Tb Bill Reichenbach
Sax Larry Williams
Background Vocals Tom Keane, Timothy B. Schmit, Tommy Funderburk

メロハー一歩手前の、ワタクシが一番メロメロになってしまうタイプの杉山さんの曲のパターンです。
あと、このテッテケテケテケの淡々としたギターのリズムがこれまたあおるんですよ、あ、ソロもカッチョイイんですが。そんなんより、目立ってないときのギターがあかん、くすぐるのよね、こう、ハートを。


#06. 空から降りてくるLONELINESS
作詞:青木久美子

Drums John Robinson
Keyboards Tom Keane
Bass John Pierce
Guitar Michael Landau
Guitar solo Steve Lukather
Synth Hiroshi Shinkawa
Background Vocals Yasuhiro Kido, Kiyoshi Hiyama

青木さんだって、当て字ばかりじゃなくて、本当にシンプルな素直なストレートな歌詞を書くのですが、これはその典型。



#07. HERE AND THERE
作詞:杉山清貴、Lyzz Yamazaki

Drums John Robinson
Keyboards Tom Keane
Bass John Pierce
Guitar Michael Landau
Guitar solo Steve Lukather
Synth Hiroshi Shinkawa
Tp Jerry Hey, Gary Grant
Tb Bill Reichenbach
Sax Larry Williams
Background Vocals Tom Keane, Timothy B. Schmit, Tommy Funderburk, Kiyotaka Sugiyama

お兄やん全開で、こちらを説教してますが、力強くてでも押しつけがましくなく、ごく自然に兄貴していて、まーなんちゅーか、私はこの曲のぶっ飛んだ明るさが愛おしい。
あまりにも楽しそうで、驚きます。しゃーわせ度、マックスです。




#08. OKINAWA IN MAY
作詞:田口俊

Drums John Robinson
Keyboards Tom Keane
Bass John Pierce
Guitar Michael Landau
Sax David Boruff
Background Vocals Yasuhiro Kido, Kiyoshi Hiyama

here and there と同じくらい、このアルバムの中では1、2を争うくらい大好きな曲です。

杉山さんのソロ作品の中で何か一つ選べと言われたら、間違いなく真っ先に頭に浮かぶ曲のひとつだし、田口&杉山コンビの中では最高傑作でしょう。
まあ私が5月生まれだからってのもな、ちょっと影響しているかもしれませんが。

この歌にはカタカナは「フェンス」という単語ひとことだけなんですよね。
日本語の歌詞の力強さとやさしさが同居していて素晴らしい歌だと思います。 



#09. プリズム・レインに包まれて
作詞:田口俊

Drums John Robinson
Keyboards Tom Keane
Bass John Pierce
Guitar Michael Landau
Guitar solo Steve Lukather
Synth Hiroshi Shinkawa
Background Vocals Peter Beckett, Steve Kipner

第一生命のイメージソングでした。

私、これはあんまりシングルとしては聴き込んでいなかったし、当時も特にお気に入りではなかったのですが、今聴くといいメロディーというか、きれいなメロディーですね。
これって、もしかしたら、もっともっと音を削っても面白い作品かもしれません。


#10. NOAH(虹の大陸)
作詞:田口俊

Drums John Robinson
Keyboards Tom Keane
Bass John Pierce
Guitar Michael Landau
Sax David Boruff
Background Vocals Yasuhiro Kido, Kiyoshi Hiyama

とても気持ちのいい曲。ベースも心地よい。最高。




#11. HOME TOWN
作詞:田口俊

Arranged by Jeremy Lubbock
Acoustic Piano and Synth Hiroshi Shinkawa
Harp Gayle R.Levant
Frenchhorn 1 Richard Todd
Frenchhorn 2 Calvin Smith
Strings Assa Drori

このアルバムはバラードが少ないんですが、鉄板バラード&ロマンチック担当は#06の空から降りてくるロンリネスで、こちらのアルバムラスト曲は穏やかなスローバラードです。
ピアノとストリングスとハープの綺麗な音の上に、杉山さんの透明な声がとても美しいです。
それから、そこに「入ってもいいよ。。。」みたいな感じで重なるフレンチホルンの音が優しくて温かいです。











とりあえずオマケとしてピーター・ベケット、スティーヴ・キプナー、トム・キーン
ほかの人まで行くと、封印バリンバリンに破っちゃうから。

ピーター・ベケットと言ったら、やっぱし、プレイヤーの大ヒット曲なのかな。
Player - Baby Come Back

ぱやんぱやんとした最初のほうはともかく、サビの Baby Come Back は聴いたことある方多いのでは



スティーヴ・キプナーも売れっ子セッション・ヴォーカリストで、かつ名ライターでもありますが。
これは確かヴォーカル部分はすべてスティーヴの重ね録りでした
Steve Kipner - Knock The Walls Down (1979)



The Keane Brothers sing Amy (1977)

キーン兄弟
ドラマーのジョンが一つ下の弟です。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 杉山清貴 kon... 杉山清貴 spr... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (通りすがり)
2016-10-15 00:17:36
>80年代でアルバイトにお年玉1万円、申し訳ないが、妙なところで感慨深い記述だと感じました。自分は山本達彦さんがとても好きでした。
 
 
 
Unknown (おロシア人to通りすがりさま)
2016-10-15 21:01:27
通りすがりさま、コメントありがとうございます。
一万円のお年玉、バイトさきは、サガミという外食チェーン店で、それなりにバイトもたくさんいたので、まさか皆一万円ってことはないと思うんだけども、本当にびっくりしました。大事に、でもしっかり使いました。
山本達彦さんは、私は「密会のハイヌーン」が好きです。素敵な声ですね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。