goo

杉山清貴 Listen to my Heart (クリスマスアルバム)

Listen to my Heart(デジタル・リマスター)
1. Crying in the chapel
2. イヴのオルゴール
3. Please come home for Christmas
4. 南半球12月
5. FOREVER
6. 最後のHoly Night
ワーナーミュージック・ジャパン


こちらも2016年のリマスター盤のリンクになっていますが、私が所持しているのは昔のVAPから出た箱入りのものです。(2016年の旧作リマスターはすべてワーナーから出ていますが、最初の発売はVAP)

つまり、このアルバムが出た時はVAPで、そのあとワーナーに移籍、のちにVAPへ再移籍し、2013年からははキングレコードなのですが、このリマスター盤はワーナーから、、、ちうこと。

初回特典盤は外箱ケース、ブックレット付で撮影は岩岡吾郎さん。写真のコンセプトは「撮ってほしい?」という感じで杉山さんがカメラを構えているショットが多いです。
わたしはブックレット裏表紙の、バスタブの中でワインボトルの中をまるでファインダーをのぞくように見ているモノクロの写真がお気に入りです。
(写真はまた付け足します)
→付け足しました

杉山清貴 Listen to my heart


1989年11月8日、4枚目のhere&there と5枚目のsprinkleの間にリリースされました。
これを純粋にオリジナルアルバムととらえるのか、クリスマスアルバムとして別ものととらえるのか、微妙なのでノーナンバー。

このアルバムには今年2月に亡くなった村田和人さんもコーラスで参加しています。
杉山さんは村田さんと河内淳一さんと3人で組んだライヴ活動をしていたのですが、「ライヴが主体」という感じであまりレコーディングはしていませんでした。残っている音源は今後少しずつCD化したいようなことは言ってますが、村田さんの声が残るちょっと貴重な音源かと思います。
故人ということではブルースギターマスターと慕われた塩次伸二さんもか。。。

参加ミュージシャンはドラムス:鈴木リカ徹さん  ベース:六川正彦さん  ギター:塩次伸二さん 芳野藤丸さん  サックス:包国充さん  コーラス:芳野藤丸さん、渡辺直樹さん、村田和人さん、そしてピアノが小島さんと、何ちゅー豪華な布陣。

共同プロデューサーにKUWATA BANDでも活躍していたピアニストの小島良喜さんを迎え、6曲のアレンジも小島さんです。
クリスマスは毎年ステージに立っている杉山さんですが、「最後のHoly Night」のヒット依頼、毎年のように企画されながらもなかなか実現できなかったというクリスマスアルバムを1989年末にようやくミニアルバムという形でリリース。
杉山さんのオリジナルが3曲でそのうち1曲は「最後のHoly Night」の小島さんアレンジバージョン
洋楽カバーが2曲、山内馨さんの曲が1曲の、合計6曲入りのミニアルバムです。



Listen to my Heart
rec. July.24.'89~Sep.17.'89
produced by KIYOTAKA SUGIYAMA and YOSHINOBU KOJIMA
derector:Shigeru Matsuhashi

All songs arranged by Yoshio Kojima

1. Crying in the chapel
written by Artie Glenn

Drums:Tohru Suzuki
Bass: Masahiko Rokukawa
Guitar: Shinji Shiotsugu
Piano and Synth: Yoshinobu Kojima
Saxophone: Mitsuru Kanekuni
Synth Programming: Takashi Furukawa
Background Vocals: Fujimaru Yoshino and Naoki Watanabe

1953年にアーティ・グレンが、カントリーシンガーを目指した息子ダーレル・グレンのために書いたスタンダードナンバーで、「涙のチャペル」として知られています。
我が家では断然エルビス・プレスリー、あとはリトル・リチャードのレコードがよくかかっておりました。あと、エラ・フィッツジェラルドのも良く聴きました。
本当の幸せを得た喜びを神に感謝する気持ちが歌われています。
この曲では芳野さんはコーラスのみの参加です。


2. イヴのオルゴール
written by Kiyotaka Sugiyama lyric by Shun Taguchi

Drums:Tohru Suzuki
Bass: Masahiko Rokukawa
Guitar: Fujimaru Yoshino
Piano and Synth: Yoshinobu Kojima
Synth Programming: Takashi Furukawa
Background Vocals: Fujimaru Yoshino and Naoki Watanabe


これは杉山さんのオリジナルで歌詞は田口俊さん。
(ってかこのアルバムは何気にベーシスト祭りになってるような。。。)
この曲の歌詞にある listen to my heart がアルバムタイトルになっております

3. Please come home for Christmas
written by Gene Redd and Charles Brown

Drums:Tohru Suzuki
Bass: Masahiko Rokukawa
Guitar: Shinji Shiotsugu
Piano and Synth: Yoshinobu Kojima
Synth Programming: Takashi Furukawa

1960年、ブルースピアニストチャールズ・ブラウンによるミリオンセラーで、1978年にはイーグルスが取り上げてこちらも大ヒット。
依頼数多くのアーティストがカバーしています。
杉山さんも冬によくステージで歌っていますね。

4. 南半球12月 デュエット;桑名晴子
written by Kaoru Yamauchi Lyric by Kumiko Aoki

Drums:Tohru Suzuki
Bass: Masahiko Rokukawa
Guitar: Fujimaru Yoshino
Piano and Synth: Yoshinobu Kojima
Synth Programming: Takashi Furukawa
Background Vocals: Fujimaru Yoshino and Kazuhito Murata

ホームズの劇場盤のテーマソング「冒険のアリバイ」をかっこよく歌っていた桑名晴子さんとのデュエット。
作ったのはこれまた素敵ベーシストの山内馨さんです。(このころは髪は染めてなかった気がする)


5. FOREVER
written by KIyotaka Sugiyama Lyric by Linda Hennrick

Drums:Tohru Suzuki
Bass: Masahiko Rokukawa
Guitar: Fujimaru Yoshino
Piano and Synth: Yoshinobu Kojima
Synth Programming: Takashi Furukawa
Background Vocals: Fujimaru Yoshino and Kazuhito Murata

このアルバムで一番好きな曲。
とても美しい曲でうっとりします。

6. 最後のHoly Night
written by Kiyotaka Sugiyama Lyric by Masao Urino

Drums:Tohru Suzuki
Bass: Masahiko Rokukawa
Guitar: Shinji Shiotsugu and Fujimaru Yoshino
Piano and Synth: Yoshinobu Kojima
Synth Programming: Takashi Furukawa
Background Vocals: Fujimaru Yoshino and Naoki Watanabe

笹路さんのアレンジとはまた全然違った魅力があります。笹路さんのほうでは、心地よくビートを刻むような歌い方だったのですが、小島さんのこのバージョンではなんだろう、すごーく流れるような感じです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 教えるって難... 番外編 大島さん »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。