goo

藤澤ノリマサ 2016年10月16日 静岡、清水サウンドシャワーアーク メモメモ


パーカッションはかどしゅんたろうさん、ピアノは紺野紗衣さん、あれ?ギターは???あれ?鈴木豪さんだっけ?(茂さんとごっちゃになっちまった)、たしか「すぐる」、、、って言ったような、あれ?たけるだっけ?ど忘れーーーー!!!!鈴木豪さんって、たしか高野くんの曲でアレンジとかしてなかったっけ?うーん、最近高野くん全然フォローできてないな。あんなに聴いてたのに、もう全然だ。

私はベースとかパーカッション大好き人間なのですが(ピアノはまた別で)、やっぱさあ、ギターっていいなあと。
やったことのない楽器とかパートって、純粋に喜びに浸れるからいいですね。や、パーカッションもピアノももちろん素敵でした。うちの母は紺野さんにうっとりしていました。
かどしゅんさんって、今すごく勢いがある人じゃなかったでしたっけ?確か。(わたし、若い方のことははあまりよくわかってないからアレですが。)


いやまあ、とにかくですな、スリーピース編成のアコースティックアレンジ、こういうのもいいですね。オケやフルバンドももちろんいいですが。
今回はちっさい箱だったし、めちゃくちゃ近くて、うちの母なんて「何度も目が合った!」って、お目目ハートマークでしたよ。(←いや、みんなそう思ってるんだってば。)



新作のMessageからは
一輪の花束
何でもいいのさ~to tell the truth~
愛の挨拶~夜空に星を散りばめて~
You may cry~それがあふれる涙なら~
Brand New Day
伝えなくちゃ

Domani~明日をつかまえて~

弾き語り
Santa Lucia
見上げてごらん夜空の星を
'O sole mio!
HOME


ダッタン人の踊り
VINCERO
希望の歌

いやもっと歌ってくれたですけどね、、、、今日仕事のあと、店舗から引き揚げた後、事務作業してたとき、ずーーーっと、「ピーターと狼」が流れてて、頭ン中がプロコフィエフなんですよ、もう、、、。
ほんで帰りにうっかりウォークマンをシャッフルで聴いたら、Mr.Misterが流れてしまって、封印の意味がなくなってしまった。
シャッフル機能なんて誰が発明したんじゃい!


また思い出したら書き足します。


私はDomaniを生で聴けて嬉しかったです。素晴らしい。ほんとにいい曲。


ほんでやっぱし、イタリアの歌ってのは、いいですね。
シューベルトがモチーフの一輪の花束、本当に素敵で「やっぱ、シューベルトってすごいわー」ってなるんだけども、イタリアの歌を聴いちゃうと、すべてが無に帰すっていうかさ。
なぎ倒されちゃうんだよな。

あとはファンクラブの人は聴けたんでしょうが、初めて聴いたCD未収録のHOMEも良かったなあ。



客出しのカラオケは「何でもいいのさ~to tell the truth~」でした。
うーむ、ここで大合唱にならないのが静岡クオリティなのか、(ちょっと静岡はおとなしいんだよね。。。)ノリマサくんのファンが、みんな優しくておしとやかなのか。
うちの母は、「ファンのみなさん、上品だったね。」と。(そりゃ、プログレとかロックとは違うから)
きっと体調が万全ではないノリマサくんのことをおもんぱかって、とっととはけたんじゃないでしょうかね。


昨日も書いたけど、オペラ唱法のとこより、ポップスのほうが大変な感じでしたが、でもだからって、オペラのところガンガンに歌っててちょっとハラハラもしました。
本人が一番わかってやってるだろうから、大丈夫なんだろうけども、、、、。
それでも素敵なコンサートだったことには変わりなく。


昨夜は十五夜だったので、いいお月見をしながら帰りました。
すごいねえ、ほんとに静岡、(それも清水!)に来てくれたなんて、嬉しいですよ。あちこち行くの慣れてるけど、地元ってのはなかなか無いからね。

いいお月さまとともに記憶に残るコンサートでした。
また静岡に来てくださいませ。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 藤澤ノリマサ... 教えるって難... »
 
コメント
 
 
 
こんにちは (たにむらこうせつ)
2016-10-16 17:40:08
楽器が出来るっていいですね!
20代の頃フォークギターをちょっと・・・。
今はもう弾けません(T-T)
みんなのブログからきました。
詩を書いています。
 
 
 
Re:こんにちは (silkyearsmallout)
2016-10-16 23:18:56
たにむらこうせつさんこんにちは。コメントありがとうございます♪
ギターはじめ弦楽器はあこがれの楽器です。
音楽も詩も短歌も、素晴らしい表現ですよね。何かにつまづいたり、挫けそうになったりしても、これらの「心の栄養」で立ち上がることが出来ます。中でも「うた」(詩、歌、唄、謡、咏、他にもたくさんありますが、)は楽器に頼らず1人でも表現できる、全ての原点ですね。そしてその表現を通して、相手とつながれることができます。日本語の力が失われた、と言われている今だからこそ、日本語の美しさや可能性を見つめ直して生きていきたいなと思っています。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。