きょねブログ

申絹愛(しん・きょね)~司会・日韓バイリンガル司会、講師etc. 徒然なるままに

今年の祭りの楽しみ方

2016年10月17日 | 司会・バイリンガル司会
先日、津まつりに行ってきました!

津まつりは、寛永年間から続く伝統あるお祭り。
安濃津よさこいなど沢山の踊り子で賑わい、高虎太鼓などの郷土芸能からはじまり、様々な音楽、催しはもちろん、ディズニーパレードまで!
大パレードは国道23号線を規制して行われるほどで、子供から大人まで楽しめる、地域の大きなイベントです。

私は、2日間開催されたうち、初日はプライベートで家族で♪2日目は司会者として関わらせていただくという、なんとも贅沢な経験をさせて頂きました。
いつもは2日とも司会者として入ることが多く、プライベートで祭りに参加したのは今回が初めて!
祭り、雰囲気だけでもわくわくします。

初日は、屋台や各会場の催しを楽しみました。
会場に着くと、子供たちは早速りんご飴。


私と夫はケバブ♪

屋台の並ぶ商店街を通って津観音寺へ。
ここにも屋台が並んでいました。

懐かしい空気感が新鮮でした。

夢提灯にはこんなのも。

(石原さとみに、私もなりたい…)

2日目は、朝早くから会場へ。
11会場の内のひとつを担当させて頂きました。
私が担当した会場は、郷土芸能を中心に、ダンス、音楽、トークショー・ゆるきゃらショーなど様々な催しが行われる会場。
私も一緒に楽しみながら司会をすることができました。
パートナーは、大学生の谷君。

若い子と一緒で嬉しいわ〜と、内心ルンルンしていたのは言うまでもない。(⇦確実に歳だな)

念願の「唐人踊り」が見れたのも嬉しかった~。
「朝鮮通信使」から由来する唐人踊りは、私のルーツとも深い関わりがありますからね。
ずっと興味があったんです!
思わず記念撮影。


しゃご馬さんにも会い、


盆踊り(津のまち音頭)では、一緒に踊りの輪の中へ。


間近に見る津高虎太鼓に圧倒され


ゆるきゃらに癒され、


ジャズの生演奏を間近で聴き(なんて贅沢)
本当に盛りだくさんでした!

まつりならではのバタバタやハプニングや色んな大変なこともありましたが、それ以上の楽しみと感動があかりました。
祭りに遊びに来るのも、こうしてスタッフとして関わるのもとても楽しかったです^^

会場にいらしたあるおばあちゃんからは、こんなお話を伺いました。
「津まつりで、唐人踊りが一番たのしみ。『祭り』という感じがして懐かしい」と。
おばあちゃんが唐人踊りという郷土芸能を通してみているものは何なのだろう。
祭りで見る唐人踊りに紐づいた、幼い頃の家族との思い出なのかもしれない。
もしかしたら「お母さん」になって子供たちと訪れた思い出かもしれない。
つくづく、郷土芸能には、世代を越えて受け継がれる伝統と、人々の思い出をつなぐ力があることを感じました。

津まつりに関わったすべての皆さん、本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!

JC会場実行委員長の横山さんと。


(一部写真は他のスタッフ撮影のものをお借りしました)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変わらない想い | トップ | 伝統と美と新しさと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。