きょねブログ

申絹愛(しん・きょね)~司会・日韓バイリンガル司会、講師etc. 徒然なるままに

ご依頼/お問い合わせはコチラ♪

ブライダル司会/日韓バイリンガル司会、
まずはお気軽にご相談ください♪

■申絹愛ホームページ
■お問い合わせはこちらから

チンジュからソウルへ2017年夏 その③

2017年09月13日 | 徒然NOTE
(前回記事の続きです)

みなさんは普段、マンホールの蓋を見ることがありますか?
日本のマンホールの蓋は、地域ごとに地域の特色が現れたマンホールになっています。
何の柄もないノーマルなものも多いですけどね。

韓国 仁寺洞でたまたま目に入ったマンホールの蓋。

メドゥプ(韓国組紐)柄。
仁寺洞ぽい~
国が違えばマンホールの柄も違うのが面白い。



こんどはいつ来れるのかしら、仁寺洞。
子供たちが、というより夫が疲れてしまって仁寺洞近くのチョゲサ(曹渓寺)には寄れず。
せめて雲峴宮(ウニョングン)に寄ろうとしたら、なんとお休み!

月曜休み、多いですね。
博物館も月曜休みが多くて、子供向けの所に行けなかったんです…
雲峴宮(ウニョングン)は、大院君(テウォングン)の私邸で、宮中婚礼を再現するイベントなど様々なイベントも行われています。
仁寺洞入口から歩いて5分もかからないところにあるので、ついでに立ち寄ってみるのもお勧めです。

今回、雨続きで、思うとおりに観光ができなかったのですが、子供たちが一番喜んだのは他のどこでもない、ここでした。

Eマート。笑

今回は、初めて往十里(ワンシムニ)のEマートに行きました。
Eマート目的で行ったのですが、駅自体が大きなショッピングモールになっていて面白かったです。
詳しくはコネストさんから↓
往十里/ワンシムニ

ひろーいオモチャ売り場にたたずむテミン。

日本にもあるんだけどなぁー、オモチャ。家にも売るほどあるのに…
しかし、彼の「韓国の楽しみ」ですからね。
韓国では寛容になるオンマです。

ミンちゃん(娘)が買ったのはこれ。
もうおもちゃの年じゃないのね…何だか切ないというか、ませてるというか。
大好きみたいです。TWICEのCD。

彼女が人生で初めて自分で買った記念すべきCDです。
ちなみに私は槇原敬之の「北風」でした(←キイテナイヨ)

韓国での最後の晩餐は、宿泊するレジデンスから歩いて行けるお店へ。
日本のサイト、韓国のサイトを検索して探したお店なのですが、
場所も、店の外観もローカルすぎて、ネイティブの夫がどん引き。

狭い路地

店の入り口

「ここ大丈夫?やめたほうがいんじゃない?」と夫。
しかし、地元の人でにぎわう様子を見て少し安心したのか恐る恐る入りました。

もとは精肉店のこのお店。
プルコギ(野菜で包んで食べるすき焼きみたいな)とユッケが一押しのようで、
私たちが行った時、店内は地元のサラリーマンでにぎわっていました。



辛くない、そしてお肉!とあって子供たちはモリモリ食べてました。
そして私たち夫婦(大人)は、辛みネギやニンニクをどかどか入れて巻いて食べました。
そう、みんなで食べれば臭くない。(←何回いうんや!)

そうそう!
食べ物と言えば、今回泊まったレジデンスで、チキンデリバリーを利用しました。
子供たちも楽しみにしていた韓国のチキン。
ノーマルとヤンニョム(甘辛ダレ)のハーフ&ハーフ(韓国ではパンバンといいます)でオーダー。

多分、今回の韓国でなによりもテンションが上がった食べ物でした。
家でも作るんですが、韓国でデリバリーで食べるチキンはまた格別なんでしょうね。
地下鉄乗ったら、こんな幻覚まで見える始末…

え?手すりがチキン?
チキンの広告でした。
写真撮るのちょっと恥ずかしかったけど、あまりにも面白かったので素知らぬ表情で写メりました。
素知らぬ表情、大事。

振り返ると1週間もいたのに、大して何もできていないというか。
でもメインは韓国の家族に会うことなのでこんなところでしょう。(と自分に言い聞かせる)
1分でも惜しいから、観光したり子供たちに一つでも多く体験させてあげたい―――という私の思いと、子供たちの体力、もとい、夫の体力(笑)とのバランスは難しいものです。
彼は、2時間ぶっ通しでテニスはできても、子供たちと過ごすのは体力を使うようです。
パパとママの違いかな。

また行こう!
また来れるし!
とつぶやきながら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晋州からソウルへ2017年夏 その②

2017年09月03日 | 徒然NOTE
レジデンスにて義母と私達で一泊し、翌日ソウル2日目。
歩いて東大門へ行き、少し散策してから明洞へ向かいました。
まずはお昼ご飯。
子供が食べられる辛くないものを探すのがいつもの課題です。
今回は、カルグクスと餃子でよく知られた「明洞餃子」へ行きました。
同じ名前の店舗が二軒あるらしいのですが、私達は二階へ上がる方の店に入りました。
といっても12時前にはすでに階下まで行列!

しかし、驚くべき回転率のこの店、みるみる内に店内に入れました。
注文して2分で出てきましたよ〜(ほんとに)

カルグクス(約800円)と蒸し餃子(10個約1000円)なり。

カルグクスというと貝類の出汁に麺が入ってるイメージですが、ここは肉ベースのスープで何となく中華風に感じました。
付出しのキムチが、噂通りニンニクの味しかしない…でも食べちゃう。
ニンニク臭が気にならないかって?
韓国ではね、
「みんなで食べれば臭くない」!
(↑いや、みんなくさいやろ!)

また、韓国では珍しい(最近は珍しくないか…)おひとり様のお客さんも多かったのが印象深かったです。
私もいつか1人で…!(まだまだ先かしら)

食後はやはりこれ。
6月の出張で私が食べたバラのアイス。
「オンマだけずるい!」といってた子供たちもやっと食べることができて大喜びでした。


そして、この日、私達の明洞でのメインはNANTAの公演でした。

私は10年ほど前に1度見たことがあるんですが、義母や夫、もちろん子供たちは初めて観覧しました。

ノンバーバル(言葉がわからなくても誰でもわかる)で、コミカルでいて、キッチン用具を使った打楽器演奏は見応えもあります。
他にもいろんな公演があって迷いましたが、口コミをチェックしながらやはり手堅いのはNANTA(乱打)と決断。
結果、子供たちには大うけ、夫も義母も楽しかったようで本当に良かったです。
何よりお天気が雨続きだったので、観光らしい観光ができなかった中助かりました。

ソウル滞在中は、いつものことながら私の用事で仁寺洞にも行きました。

夫に子供たちを任せて、短い時間だけど、友人とも会うことができたのは良かった!
待合わせはサムジキルで。


昔ながらのパッピンス♪美味しかった~^^


ミンちゃん(娘)は、今回いとこに習った「コンギノリ」をマスターするため、マイ「コンギ」を購入。

小さなお手玉のような形なんですが、韓国では小さいころ学校でよくする誰もが知っている遊びです。
マートにもプラスティック製のものが売っています。
私は…全然できません。(そこは日本育ち)

さて、仁寺洞には、オリジナルのハンコが作れるお店がいくつかあります。
ちょうど入ったお店は、ハンコの他にTシャツも売っていました。

「サランヘヨ」「アドゥル(息子)」「オンマ(ママ)」など、まず字体がカワイイ。
しかも、このデザインでTシャツに名前もプリントできると聞いて、友人の出産祝いに購入!
10分くらいでプリントしてくれます。
めっちゃかわいいんですよ~。
でも、まだ渡してないので秘密です♪
子供から大人のサイズまであるので、うちも家族全員のが欲しかったけど~…
ここで負けてはいけない!(何に?)
また冷静になって、次回決めることにしました。

自分の名前じゃなくても、好きな俳優さんとかアーティストさんとかの名前をハングルで入れてもらってもいいですよね!
日本で着たら怖くない!笑
日本のサイトでも紹介されていましたよ~
気になる方は要チェックです
【トドッ工房】

(続きはこちら)















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晋州からソウルへ2017年夏 その①

2017年08月24日 | 徒然NOTE
1週間、「里帰り」してきました!
夫の実家である慶尚南道晋州市へ。
その後、お義母さんと一緒にソウルへ行き、遅れてくる夫と合流して姉兄家族と会う――という行程でした。

ということで、行きは母子3人で。
「行ってきまーす」

旅慣れた二人。
娘が自分のキャリーバッグを持つようになったので、色々と楽になりました。

晋州(チンジュ)までの道のりは、三重県の自宅からの移動を含めおよそ7時間~8時間。
空港には2時間前に入りますからね。
ほぼ1日を費やして到着。
着くなり、早速くつろぐ息子


翌日は、ハルモニ/おばあちゃん(私にとっては義母)といっしょに、チニャン湖へ出かけました。
動物園と、ちょっとした乗り物が楽しめます。
乗り物エリアは、、、
誰もいない遊園地

貸切状態。

「私服」のおじさんが、乗り物を動かしてくれます。
でも、お義母さんとのおしゃべりに夢中。


そして、ここには恐怖の「バイキング」があります。
バイキングって、小さいほど怖いんですね…

なんと8人乗りで、角度が!ガタガタ(老朽化)が!なんとも怖かったです。

空中自転車もセルフで発進(い…いいの?)

おじさんは階下でお話し中。
不安げにペダルを漕ぐ子供たちに、追いかけながら必死で励ます私…

遊園地というより、訓練所?
あまりのありえなさに、笑えて来て仕方がない私…←笑うんじゃないよアンタ

どの遊園地よりスリリングでした。笑えないけど。
怖いので3つだけ乗って終わりにしました。
夜、まだ日本にいる夫に電話でそのことを伝えると叱られました。
どうやら行ってはいけない場所だったようです。←早く気づけよ

その後、小さな動物園を楽しみ、



楽しい一日を過ごしました。

晋州で数日を過ごしたのち、高速バスを乗ってソウルへ。
義母と私たち、4人で出発です。
子供たちの一番の楽しみは、サービスエリア。
日本と同じように、ホットドックやアイスクリーム、地域のフードなどが買えます。


書道による家訓無料イベントもしていましたよ。


さて、サービスエリアで子供たちが買った食べ物は…

タコヤキ。
(わざわざ韓国で食べなくても…)

昼ごろにはソウルに到着し、そのままレジデンスへチェックイン。
そう、今回は初めてホテルではなくレジデンスを利用することにしたんです。
滞在したレジデンスからの眺め


シングルベッド2台、ダブルベッド1台のファミリールームを利用しました。

*写真はイメージ
ホテルとの大きな違いは、小さなキッチンや洗濯機がついていることです。
冷蔵庫も家庭用並みに大きく、便利でした。
食器や調理器具も1日200円くらいで借りることができます。
建物自体はちょっと古かったけど、宿泊価格がリーズナブルだったので、韓国に行き慣れた人には良いかもしれません。

夕方は、夫の兄夫婦/姉家族と久しぶりの再会をし、美味しい食事を頂きながら、子供たちもいとこたちと楽しく遊んで過ごしました。
テミンは従兄弟からおもちゃをもらいました。
ハンドスピナーは韓国でも流行っているんですね~


(②に続く)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうでもいい服選手権

2017年08月14日 | 徒然NOTE
あっという間に夏休みが過ぎていく…
相変わらず暑いですが、昨日あたりからなんとなく「秋の風」を感じます。

先日は、テミンの通う幼稚園の看板リニューアル作業に行ってきました!
古くなった看板の塗り直し作業です。
まだ途中ですが、こういうのを


新しくこんな風に。


下絵は私の担当。
普段あまり絵を描く機会がないけど、そう言えば好きなことだったことを思い出した夏----

♪わたしのわたしの彼は〜
♪左利ぃき〜
(↑あんたどの世代なのさ)

完成が楽しみです。
子供達、喜んでくれるといいなぁ。

さて、明後日からは1週間韓国です!
今年の旧盆は10月の初めなのですが、色んな事情により夏休みに行くことになりました。
私と子供達が先に行き、週末に合わせて夫が後から来る、という流れです。

しかし…
嗚呼!荷造り。
何を着まわして、子供には何を着せて。
悩むほどオシャレじゃないのに、です。
でも、色々考えて、結局自分の下着を入れ忘れる----ということが(過去にあった←あったんかい!)ないようにしないとね。
とにかく、今日明日、我が家は「どうでもいい服選手権」です。
つまり、韓国で着る服以外の「どうでもいい服」を着て過ごすんです。
親子でチグハグなコーディネートでも大目にみて下さい…

そして…
「冷蔵庫の中大処分市」も同時開催中です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

K-POPブライダルソング2017年8月

2017年08月11日 | 結婚式おすすめ曲
おすすめK-POPブライダルソング♪
「きょねブログ」では、コリアンブライダルに合う音楽をご紹介しています。
これから結婚式を控えている方、ほかイベントなど、ぜひ参考にしてみてください^^

今日は、韓国で先月まで放送されていたドラマ「怪しいパートナー」からブライダルにも合いそうなオススメ曲を選んでみました。


まずは、さわやかな感じのこの曲。
入場退場はもちろん、プロフィール映像のBGMにもよさそうです。
サビ部分を、ケーキカットなどに使うのもいいでしょう。
♪O.WHEN/どう伝えようか


続いては、しっとり女性ボーカルの曲。キャンドルサービスなど入場退場曲におすすめ。
♪CHEEZE/あなたはどう?

こちらはカワイイ系、ガーデン入場などにも合うと思います。
♪KIM EZ/Eye contact

もちろん、ドラマもなかなか面白かったです。
1話から主人公の女の子が殺人犯の疑いで逮捕されるという…
そしてチ・チャンウクの魅力もたっぷりです♪
気になる方は要チェック。

さて、夏が終われば秋。
ブライダルシーズンが近づいてますね^^
これまでにも、様々なおすすめブライダルK-POPをご紹介していますので、よかったら過去の投稿も見て聴いてみてくださいね!
【おすすめブライダルソング】

司会&バイリンガル司会 申絹愛
お問合せはこちらから♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月はいつも

2017年08月07日 | 徒然NOTE
8月の君の誕生日♪
半袖と長袖のシャツをプレゼントしたのは
今年の冬もこれからもずっと
僕らが一緒に過ごせるためのおまじない♪

槇原敬之「♪冬がはじまるよ」


冬の歌なのに勝手に「私のテーマソング」。
8月はいつも、私の誕生日から始まる――と思う、めでたい私です。

講座の受講生さんからプレゼントを頂いたり


久しぶりの東洋軒でのランチに舌鼓



何を食べても必ずオプションでブラックカレー付けます。食いしん坊万歳。

夫はお花、イモ(伯母)からはケーキ




子供たちもルンルンです。

テミン手作り紙吹雪。
ええ、まいた後はみんなで地を這いながら片付けましたよ。
何気にテープの残りカスも混じってる。
さすがエコなテミンです。

それにしても…
夫も子供たちも、演技力はいまいちで、サプライズがバレバレ。
知らないふりをする私の演技力の方が、年々上がっているという…。

他にもSNSなど、沢山のメッセージありがとうございました!
30代ラスト、満喫します!
しかし、韓国ではすでに40=数えなのが切ない…
歳を重ねるのは嫌ではない。
もうね、年齢はただの数字なんです。
(↑じゃあなんで「切ない」んや!矛盾してる!)

誕生日の翌日からは、母と妹家族とともに鳥羽へ。

同じ三重県内の観光地に、2泊3日の旅という変な家族です。
LOVE MIE♪
プールサイドのアイドルは、可愛い甥っ子。


水着はテミンのお下がりとは思えない似合いっぷりです。

そして、食事は海の幸を、和、洋ともに楽しみました。

「華月」で海鮮蒸し料理を頂きました。
蒸す前の生アワビ。


水槽の○は全てアワビ〜

他にも、刺身はもちろん、アラの酒蒸しや穴子唐揚げ、魚燻製入のサラダなど、海鮮だけでお腹いっぱいになるという贅沢さ。

翌日はホテル内のイタリアンでランチ。




夕方からは、志摩スペイン村へ。


子供たちはミニオンTシャツ~
お揃いっていいなぁ。探しやすいし。


日曜日の夕方(ムーンライトチケット)は、空いていて狙い目です。
4時~8時半まで、
フラメンコショー、乗り物、パレードと花火をギュギュっと凝縮して楽しみました。




子供が小さいうちだけなのかなぁ
いつまでも楽しみたい、8月です。


余談ですが…

旅行から帰ったあとの…


インスタントラーメンの美味しさよ。
チキンラーメンは「おやつ」です。
(↑食べ過ぎ!)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おはなしの森にて

2017年07月30日 | 企画イベント・講座
蒸し暑い日が続きますね!
暑いけど、冷える…
私には、室内で首元を温めるストールは必須です。
最近は紅参(ホンサム)濃縮液をまた飲み始めています。

紅参は、身体を温め、美容にもいいといわれているんですよね。
我が家に常備してあるのは韓国の義母から頂いた紅参濃縮液。
20代の頃は、もらっても苦いだけで必要性もそんなに感じていなかったんですが、今は頂けるだけで思わずクンジョル(床にひれ伏す礼)したくなるくらいありがたい必需品に。私の身体にはとても合う気がしています。

さて、この暑い夏にも、身体の癒しはもちろん、心の癒しも大事。
先日は津市にある「おはなしの森」にて韓紙工芸講座を開催しました。
誰でも簡単に作れる韓紙ペン立てを制作。
参加されたみなさんは思い思いのアレンジで素敵に仕上げていらっしゃいました。


「おはなしの森」は児童書専門の本屋さんです。



(店内の写真はおはなしの森さんのサイトからお借りしました)

懐かしい絵本や、絵本関連の可愛いグッズもあって時間を忘れて長居してしまいます。

他にも、楽しい手作りイベントや、パンや飲物を頂けるカフェもあります。
私も手作りパンのランチを頂きましたよ〜
優しくて美味しかった♪


今回の韓紙工芸講座中も、絵本の話で盛り上がりました。
韓紙工芸ということで、「ソリのチュソク」や「赤手ぬぐいの奥さんと7人のなかま」など韓国の絵本の話にもなり私も嬉しかったです。




私も持っているこれらの絵本、当然ですが、日本語版もあるんですね〜。
韓国でも日本の有名どころの絵本は韓国語版で売られています。
有名な「100階だてのいえ」は、日本人作家と知らずに韓国で買って、あとで気づいて驚いたことがあったのを思い出しました(^^)


夏休み、大人も子供も癒される「おはなしの森」でゆったり本の世界に浸ってみるのもいいですね♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓紙工芸講座 2017年7月

2017年07月13日 | 企画イベント・講座
1か月に3~4回ほど定期開催している韓紙工芸講座「HANJI CAFE」。
先日も素敵な作品たちが仕上がりました。

韓紙と布を組み合わせた小箱。

模様の部分が布なんです。
刺繍みたいで綺麗ですよね。

ペン立てもずらりと並ぶと一層華やか♪


組み立てて貼るだけのキット作品も人気です。

こちらはお菓子入れに使うんだそうです。
蓋付きの作品は人気です。

こちらは8角膳。

キットになっているとはいえ、模様の裏にあてる色紙はすべてご自身でカッティングされたもの。
色合いもなんとも素敵です。
このお膳に、お茶とお茶菓子とを乗せて、韓国歴史ドラマ鑑賞ーというのもいいですね!

この日は、今回で作品を仕上げる方が多く、自分の作品が仕上がったこと、そして他の生徒さんの完成作品も楽しめて、ちょっとした盛り上がりを見せていました。
自分だけのアートの時間でありながら、仲間(生徒さん)の作品にまた刺激を受け、完成を共に喜ぶ―――
生徒さん同士、中には知り合いでない方ももちろん多いのですが、何度か教室で会うと一体感が生まれるから不思議。
「教室に来て習う」楽しみは、ここにあるのかもしれません。
そして講師である私にとっては、みなさんの楽しまれる姿が何よりの喜びになっています。
今日もありがとうございました♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校生のためのマナー講座

2017年07月13日 | 企画イベント・講座
暑い。
とにかく蒸し暑い…

そんな暑さに負けず、今年も津商業高等学校にて接遇マナー研修の講師をつとめてきました。


毎年7月に、インターンシップ(職場体験)の事前研修として行われています。
同じ事務所の中津友里ちゃんと行ってきました。


2時間という短い時間の中で、インターンシップで役立つ基本的なマナーをお伝えする…
知識だけではなく、体験(ワーク)も多く交えながら研修させて頂きました。

研修後の教室。

机とか黒板とか。
「教室」自体が懐かしい…
遥か昔過ぎるのが切ない。笑

さて、今年は、事務所のマネージャーも同行してくれたので、研修後には参考になるアドバイスをもらえたのが良かったです。
客観視して意見をもらえるのは貴重です。
年度ごとに研修内容も精査して、講師自身もよりよい研修になるよう努力していかないと!
総括しながら、来年の研修にむけてワクワクする私でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイク握って泣いて笑って

2017年06月20日 | 司会・バイリンガル司会
梅雨だけど晴れ!
お天気に感謝しながら迎えた、従妹の結婚式。

小さいころからずっと一緒。
私の妹と年が近いこともあり、もう一人の妹のような、そんな彼女が結婚式を挙げました。
そして、従姉の私が、司会を担当させて頂きました。
伝統婚礼衣装、とてもお似合いです。
笑顔がキラキラ〜!眩しいくらいに(^^)


二人の挙式は、伝統婚礼をシンプルに取り入れた形の婚礼式で行いました。


式では、1対のふくべ(=ひょうたん)の杯を使うのですが、本物の1つのひょうたんから作られた杯を使いたい!という思いで探しました。
韓国のもあるけど、ネット上ではぴったり合うのか確認できず不安…
しかし!
ありがたいことに、同じ東海エリアの岐阜県養老は、ひょうたんの名産地!
匠(たくみ)にご協力を頂き、手探りで作り上げました。
安田ひょうたん店さん、ありがとうございました!

実は、このふくべの杯は、婚礼式でとても大事な役割を果たすのです。
(この話はまたいつか^^)

そして、韓紙工芸のリングピロー。

新婦の姪御様がリングガールをつとめてくれました。
おごそかでありながら、とても温かな婚礼式でした。

新郎と新婦は幼馴染ということもあり、集まったゲストも(私にとっても)昔からよく知る方たちばかり。
司会をしている中で、私自身もたくさん温かいお声掛けをいただきました。

お父様との入場や、お兄様へのサプライズに、感動して涙して。


後半は、ご友人の皆さんの「プロ並みの余興」にアツくなりました。
歌や踊りが上手であること以上に、ご友人の皆さんのお二人への気持ちが伝わって感動したーというのが本当の所。

終盤は踊りの輪が広がります。
(新郎、どこかわかります?)

踊りの輪はお祝いの輪。
身内の立場としても、そのすべてがありがたかったです。

マイク握って、話してはこそっと泣き、話しては笑い。
まぁでも、一番困るのは、涙より鼻水なんですけどね。(←別にここで言わなくても…)

親族席には夫や子供たちが「出席」。
思えば、同じ会場に居てもしっかり司会に集中できたわ…子供たちの成長を感じました。

LOVE ❤️ 家族
結婚当時の思いを大切にしなきゃね。笑
(↑なぜ笑う)

もちろん、従妹とも写真を撮りましたよ〜
真ん中に入れてもらって恐縮(の様子が伺えないな私)


ちなみにこの素敵な会場は、オーシャンテラス鈴鹿です。
鈴鹿では、サニーパンケーキでも有名ですよね(^^)

とにもかくにも、お二人、本当におめでとうございました。
末永~く、お幸せに♪




コメント
この記事をはてなブックマークに追加