新米パピーウォーカー奮闘記

パピーウォーカー初体験の奮闘記!育てたパピーが盲導犬になるまでとその後。一時預かりボランティアのことなど。

北陸旅行②

2017年05月02日 | 旅行
北陸も新幹線が通った影響か分かりませんが、道路もあちこち開通し、移動がとても
便利になっていてびっくりしました。
昔は行くのにも大変だった山の中へも、高速で行かれるように・・・。
(それが良いことかどうなのかは分かりませんが)

五箇山へ。五箇山は2つの集落に分かれています。
まずは菅沼集落。

 

とってもこじんまりしていて絵本のように可愛い。
のどか~で、こちらもカエルの声しか聞こえませんでした。







続いて相倉集落。



白川郷に比べると観光地化されてないので、どっちものどかで静か~。
こちらの合掌造りの民宿に大昔ですが泊まったことがあります。
展望台ができてたけど、あとは何も変わってないような?。
ずっと変わらずにいることってすごいです。



 後ろの山もキレイ~。



雪もまだ残ってました。
生活している方は大変なんだろうなぁ。





 おにぎりと天ぷら

ちなみに白川郷にも泊まりましたが、あちらは昼間は人が多いのですが、朝晩は静かで
夏も涼しく夜は蛍が飛んでいて、温泉施設もあるので、泊まってこそ
良さが分かるかも。


夕方近くになって、こちらも見てみたかった風景「散居村」を見に。
これは行く直前に知りました。
こちらも絶景!



地名じゃないんですね。
田んぼの中に大きなお家。隣とはこんなに離れていて、なんて豊かな!
家の向きは風を避けるために全部東向きだそう。

この感じが前に出雲に行った時の家並みに似てるなぁと思っていたら
日本に3か所の1つ、出雲平野にも散居村と呼ばれる所があるそうです。



すごい山の中だったのに、夕日待ちのカメラがいっぱいいてビックリ!





良い景色を見れて癒された旅でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北陸旅行① | トップ | 北陸旅行・番外編 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (テンママ)
2017-05-06 18:58:53
五箇山は初めて知りました。
こういう風景は白川郷だけだと思ってました。
勉強になります。

北陸は20年以上前に母と行きました。
千里浜は観光バスで体験しましたよ。
なつかしいです。

そういえば…ひたち海浜公園テン家方面なんです。ネモフィラと海きれいですよね。
テンママさま (silk)
2017-05-06 23:31:19
五箇山は白川郷みたいに観光地化されてないので
静かですよ♪
秋篠宮様が五箇山大好きで、何度か民宿に泊まりに
来ているそうです。

私も千里浜と五箇山に約30年ぶり!に行ったのですが、道路が便利になった以外は全然変わってないような感じで、ある意味安心しました。

テンママさん、そちら方面なのですね!
ネモフィラは数年前に朝一で開園前に着いて、チャリを
借りて丘をほぼ一番乗りで感動しました!(*^_^*)
帰る頃にはすごい人で、、、また行きたいのですが
あの混雑を思うと・・・。
犬OKなのも良いですよね。
それから、大丸屋?だったか干し芋屋さんのジェラートがすごく美味しかったです!

Unknown (ソフィーママ)
2017-05-08 12:40:26
なんて素敵なところなんでしょ!!
まるで日本昔話に出てくる風景、まさに里山ですね(*^_^*)
この様なところにはまだ行ったことがなく是非とも行ってみたい場所です!!
癒されますね~(*^_^*)

お宿はもちろん犬NGですよね・・・(>_<)
ソフィーママさま (silk)
2017-05-08 15:56:59
そうそう、ほんとに日本昔話ですよ♪
里山という言葉がぴったりで。
聞こえてくるのは鶯の声かカエルの声ばっかりで
今回本当に癒されました。
前に泊まった合掌造りの民宿は、本当にお婆ちゃんのお家に泊まるみたいな感じです。
料理も素朴ですが、結構ご飯が進むものが多くて。
ワンコ宿はどうでしょうね~?
探せばどこかにありそうな。
能登、地味ですが良い所でしたよ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。