アンジェラおばさんのお気軽フォトギャラリー

テーマにこだわらずに気ままに写したものを投稿します。 

ロンドン ナショナル・ギャラリー 6

2016年12月28日 | Weblog

もう一枚のダ・ヴィンチの作品「岩窟の聖母」です。宗教観とは別にして聖母のお顔のやさしさが好きな作品です。ルーブルにも同じ構図の作品があり、こちらは贋作と疑われていましたが、真作と認められ英国民が胸をなでおろしたそうです。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロンドン ナショナル・ギャ... | トップ | ロンドン ナショナル・ギャ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ほな)
2016-12-28 16:11:22
宗教画はその宗教を理解しないと難しいですね
ほなさんおはようございます (アンジェラおばさん)
2016-12-29 09:21:57
ダヴィンチの作品は宗教を度外視しても
彼の時代には彼以外にはありえなかった
天才的な技法が駆使されているといわれているので
その面でも興味があります。
それ以上に単に美しい作品としても観ています。

Unknown (ほな)
2016-12-29 19:06:56
ポーランドでダヴィンチの「ハクテンを抱く貴婦人」を観てきました。
 たった1点だけの展示でしたが、彼の夫人像は4点だけ
 その1点を観るだけでも価値があったと思っています

 「モナリザ」よりも魅力的でした

 来年もよろしく
ほなさんおはようございます (アンジェラおばさん)
2016-12-30 07:32:46
ダヴィンチの絵は特別なのですね。
半世紀以上過ぎてなお人の心を
揺さぶる芸術のを残したのですから。
機会があればまた本物に接したいと思います。
来年もよろしくお願いします。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。