アンジェラおばさんのお気軽フォトギャラリー

テーマにこだわらずに気ままに写したものを投稿します。 

松本市 蔵のある街 中町 10

2017年07月12日 | Weblog

なまこ壁はまじかで見ると白い盛り上がりの連続が力強く、頼もしく見えます。白黒の単純なトーンの白壁となまこ壁の土蔵造り、古い伝統技術がなぜか新しいデザインのように感じられました。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松本市 蔵のある街 中町 9 | トップ | 朝ドラ 「ひよっこ」の母校訪問 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (雪だるま)
2017-07-14 05:27:23
長野県というのは
とても特殊な風景が多いですね
日本の田舎の風景もあれば
山岳地つながりでチロルなどヨーロッパのような風景もある
雪だるまさんおはようございます (アンジェラおばさん)
2017-07-14 06:47:16
長野を信州とわざわざ呼び変えるなど
「信州人」は長野県に特別な感情を持っています。
他県とは違う文化を持った県と
思っているのかもしれません。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。