短歌散文企画 砕氷船

短歌にまつわる散文を掲載いたします。短歌の週は毎週第1土曜日です。

第2回 はいとこたえる 柳本々々

2017-04-28 14:44:57 | 日記
これはいい? ときくと、
まあそれはいい、というので
ひろって、かごにいれる。

かご、どうしたの、ときみがいうので、
ひろったんだ、とこたえる。
星のふる丘で。

「星のふる丘で」はうそをついている。
うそをつかないでねおねがいだから、
ときみからいわれる。

これもひろっちゃっていいかな? ときくと、
まあいいかなそれも、というので
ひろってコートのポケットにいれる。

まさかそのトレンチもひろったんじゃないでしょう?
ときかれたので、
ある日森のなかで、
とわたしはこたえる。

「ある日森のなかで」がうそで、
おねがいだからうそはつかないでねはやくかえってきてね、というきみのことばをおもいだす。

こんなんはどうだろう、ふやふやしているひかるもの
とわたしはきみにきく。

どうかな、ときみがいう。

わたしは、またうそをつきそうになる。

うそはつきたくなかったから、わたしは、

  星ひろう。なんでもひろわないでねときみにいわれる。「はい」とこたえる。  柳本々々
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1回 煮込まれてゆく言葉... | トップ | 第3回 「石は建てないがい... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。