「詩客」エッセー 第2週 

毎月第2土曜日に、遠野真さんの連載エッセー全13回、藤原龍一郎さん、北大路翼のエッセーを各1回掲載いたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いちばん美味しい星の食べかた 第10回 悲しいってなんだよ 遠野 真

2016-09-28 16:13:15 | 日記
 別に恥ずかしいことではないと思うのだけれど、つい最近まで悲しいという気分がどんなものか知らなかった。
 ああ、これがそうなのねって体験をしたことがなかった。
 いまは二十六歳の秋だ。

 悲しみには実体がない。感情に実体があるってのも変だけど、怒りや喜びのようにそれ単体で生じる気持ちに比べると、悲しみは相対的にしか現れてこない気がするのだ。

  かなしみは明るさゆゑにきたりけり一本の樹の翳らひにけり 前登志夫

 この名歌に、首をぶんぶん振って同意したい。
 見方を変えれば、悲しいと言うことは、それだけの明るさがあるわけで。
 しかもわざわざそれを文字や音声にしようだなんて。
 様々なところで使われる「かなしい」に出会うたび、僕は「かなしみ」そのものの位置からかけ離れた所でポージングする誰かの存在を感じてしまう。
 もちろんそれは興ざめなことなのだ。
 興ざめは悲しくないけれど虚しい。
 「かなしい」は日本語話者のおもちゃなのかもしれない。
 
 そんなこって、僕はこの言葉を連発する人や作品に出会うと、斜に構えてしまう。
 それはポーズなんじゃないか? 
 ポーズなんだよね?
 じゃあなんでポーズだって言わないんだよ。
 でも、ポーズだとしてなにが不満なんだろうか。
 騙されそうでムカつくからか。
 かなしいをおもちゃにして自閉する他人が怖いのか。
 悲しみ初心者の自分には判別がつかない。

 とりあえず僕は未だに葬式が嫌いだ。

 さいきん悲しかったことは秘密にしなければならない。
 秘密にしないとこの文章が嘘になることに今気づいた。

  祈るとは立ち止まること明日われがなくても回る地球の上に 武田穂佳

 嘘かもしれない。
 嘘でもいい、ということを彼らはポーズで体現しているのかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いちばん美味しい星の食べか... | トップ | いちばん美味しい星の食べか... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。